2008年09月09日

帰ってきました。(東京編)

CIMG2165.JPG
 お久しぶりです。今日那覇に戻ってきました。楽しかった日々はあっというまに過ぎましたが収穫の多い旅行になりました。(ちなみに金曜日からプチット リュは通常営業の予定です。)
 東京、大阪、岡山、順にかいつまんで紹介していきたいと思います。まずは東京から。着いてすぐは銀座の老舗の洋食レストラン煉瓦亭へ。ポークカツレツとハンバーグそして別注文でコンソメスープを頂きました。歴史を感じさせる味で噛めば噛むほど旨みのでるポークに透き通ったコンソメはこれぞ洋食といったものでした。ついハーフの赤ワインを注文しほろ酔い気分で銀座の街へ。
夜は銀座のスコットへ。”お店のブログ”で紹介していただきました。
話が弾み小倉店長と一枚。僕と故郷が近くでとても親近感を感じました。フラッと入ったお店でしたが居心地の良いお店でした。しめで頂いたお任せのパスタはえびのエキスが凝縮した激うまのお味でした。小倉さんご馳走様でしたわーい(嬉しい顔)

CIMG2211.JPG

CIMG2217.JPG
次の日のランチは築地の場外のお寿司屋さんで食事をした後、赤坂サカスにあるマキシム・ド・パリのカフェバーでドンペリのカキ氷(2100円)とドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティのエシェゾーを30cc(3600円)を注文。こんな贅沢なカキ氷はあるでしょうか。優雅でセレブな気分になりました。エシェゾーは濃いルビー色で果実感に溢れ複雑で余韻の長さにうっとりしました。
 CIMG2226.JPG
東京最後の夜は東京在住の妹とフランスで知り合いお世話になっている大先輩の4名で銀座のビストロ ヌガで食事しました。お料理もおいしく盛り上がり気づけば後ろにワインの空瓶が4本。
ロワールの発泡、サン ヴェランの白、サヴィニー レ ボーヌの赤、締めはアルザスのゲヴュルツトラミネールでした。ワインの展開も良く思う存分飲むことが出来ました。(自分でチョイスしたのですが・・・)そしてまたまた気づけば5時間もこちらで食事をしていました。ご馳走様でした。

 その他にもワインショップや雑貨店、デパ地下を練り歩きましたがワインが身近で色々なところで楽しめる環境が出来ているなあと思いました。やはり日本の首都、東京は楽しい街ですね。(続く)
posted by プチット リュ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記