2010年06月18日

ドイツ旅行関連ワイン勢ぞろい!!

jfvjajojgguj.JPG
ようやくドイツから
ヘルマンさん
のワインが届きました。
jkhvkasnflakf;.JPG
これらの銘柄、日本でお楽しみいただけるのは、プチット リュだけです。
限定入荷exclamation×2お早めにどうぞ。

お値段は
パールヴァイン(泡白)         4000円
ロートリング (泡 ロゼ)       4000円

白ワイン アルバロンガ シュぺトレーゼ 4500円
赤ワイン ドミナ            4500円

ちなみにヘルマンさんとは、
ーヘルマンさんはプチット リュのお客様(フランケン在住の方)に紹介して頂いたネゴシアンでワインショップをこの村で経営されている方です。今まで数回限定的にプチット リュでも入荷した経緯があります。

potopotpotptropptep.JPG
ヘルマンさんご夫妻と息子のキリア君です。自然に囲まれた家で、重要文化財クラスの木組みの家をご自分でリフォームしながらの素敵な暮らしを垣間見ることができました。

mlmlsrk;gkl.JPG
フランケンワイン10種類を次から次と抜栓していただき
白では
シルヴァーナー、アルバロンガ、バフース、ミュラートゥラガウ
赤では
シュペートブルグンダー、ブラウアーシュペートブルグンダー、ドミナ、ポルトギーザー
発泡では
リースリングの限定キュベなど、フランケン固有の品種を中心に

ヘルマンさんの解説付きで試飲。フランケンの貝殻を含む石灰質の土壌のお話や、彼がこだわって造り手さんにリクエストして造られた低温発酵のワイン。この低温発酵によりフランケンワインに彼は豊かな果実味を加えドイツ国内でも高く評価されています。

平日はお仕事で遠方に出られている奥さんが、この日は祝日のため家にいらっしゃって、おいしいフランケンの郷土料理を頂くことができました。
309.JPGmlbsmlkg;slk;.JPG313.JPG
牛の生ハム(生まれて初めて食べました!)、今が旬のシュパーゲル(ホワイトアスパラガスをドイツ語こう言います)、
仔牛肉の煮込みなどとてもおいしかった〜exclamation×2
oopoogkp.JPGmlk;lgllsao.JPG
この村は今でこそ野菜が買えるようになりましたが、昔はお肉(鮮度は抜群)とジャガイモしかなかったそうです。だからお肉類はこの村では名物料理です。おいしいはずですわーい(嬉しい顔)
このお食事とこだわりのフランケンワイン
最高のひとときでした。
ここで試飲して選びましたヘルマンさんのワイン2ケース限定入荷します。輸送コストの関係で、なかなか継続的な入荷が難しいので、この機会にぜひお早めにお楽しみくださいるんるん

南ドイツバーデンの
フーバーさん
のワインも好評です。グラスでお楽しみいただける銘柄もありますのでこの機会に是非!!
ーフーバーさんとは
南ドイツ・バーデンの世界中から注目されているベルンハルト・フーバーさんのワインが入荷しましたわーい(嬉しい顔)
mmmmmkmlokml;.JPG

fyurfakf.JPG
畑はこんな感じです。

fuifoawuhuav,mnm.JPG
フーバーさんにもお会いしいろいろとお話が聞けました。
後日旅行記で詳しく書きますのでお楽しみに。

しばらくの間フーバーさんのワインは、キャンペーン価格でプライスダウンしてお店で販売いたしますので是非この機会にフーバーさんのワインをお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)
グラスでは1種類、ハーフボトルは白、赤をご用意しています。

(銘柄)

 ヴァイサーブルグンダー 2004 ハーフ ¥2800
 リースリング&ミュラートゥルガウ 2008 ¥4000
 ヴァイサーブルグンダー2005 ¥5200

赤 
 シュプトブルグンダー 2004 ハーフ ¥2800
 シュプトブルグンダー 2005 ¥5200

グラス
 ミュラートゥルガウ 2006 ¥600

どの銘柄もお勧めです。暑さで疲れた体にキリッと冷えたドイツワインはいかがでしょうか。

そして番外編、アルザスの老舗。国王にも献上されていた
ローリー・ガスマン
mmvmalmvfaf;,gmalmg;a.JPG
ーその昔国王にも献上されていた地元アルザスでも高級なローリー・ガスマン。日本未入荷、ビオデナミ、ほんのりとした気品あふれる甘さと苦味ぴかぴか(新しい)
ヴァンダンジュ・タルディブ(遅摘み)、セレクション・ド・グラン・ノーブル(粒選り、貴腐)といった、糖度が高めのものが中心ですので、食後酒にいかがでしょうか。
お値段はボトルで5000円からです。

過去記事も貼り付けましたので参考になさってください。
posted by プチット リュ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ・スイス旅行 2010