2011年01月16日

ロニョン

県産豚のロニョンが入荷しました!!

ロニョンとは、フランス語で腎臓(食用)の意味です。

フランスでは、仔牛、牛、羊、豚などの腎臓はよく食べますが、日本では珍しい食材です。

galfalklk.JPG

形がそら豆に似ていることから’マメ’と日本では呼ばれています。

valflkflfkl.JPG

豚の腎臓の調理法としましては、縦に切って中心の尿腺、筋を取除くのがポイントです。鮮度が良いので少し冷水につけるだけで臭みはほとんどありません。

fa;fa;ka;fka.JPG

ソテーしてブランデーでフランベし県産きのこと一緒に、生クリームで軽く煮込みました。

低カロリー、ビタミン、鉄分豊富な食材です。きめ細かい肉質でぷりぷりした食感です。

fclwkfk;k.JPG

やわらかい味には、キャンティの中でも右から2本目、スーパートスカーナの先駆けビオデナミの造り手

クエルチャベッラのキャンティ・クラシコはいかがでしょうか。

ロニョンは1頭で2個しかありませんので、入荷したときだけの限定素材となっています。ご了承くださーいわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材