2011年02月05日

キュべ イケガワ 2007

最近試飲した、山梨県はシャトー酒折の限定商品、キュべ・イケガワの2007年。

(同社HPより)
このキュベ・イケガワは栽培家の池川 仁氏がシャトー酒折のベリーA種のワイン造りに共鳴し、2005年より、醸造家 井島正義氏と共に造り上げたワインです。

一般的なベリーAよりも収穫時期を3週間以上遅らせることで、葡萄を完熟させ、さらにその葡萄に適した酵母選択、温度管理、搾汁のタイミングや樽貯蔵の管理を行うことで、ワインに溢れる芳香と濃縮感、そして滑らかさを与え、これまでのベリーAのワインスタイルを一新するワインとなりました。

fla;fa;lfa.JPG

ワイングラスの選択から。ボルドータイプ、ブルゴーニュタイプ・・・・・・・deco4a3745eeae83a[1].gif

チャーミングな香りを引き立て、後味のタンニンの滑らかさを考えるとブルゴーニュグラスが良い感じですグッド(上向き矢印)

ワインだけでも日本ワインのすばらしさに感動するワインですが
和食とのマリアージュ。今回は、お魚料理と。

mfamf.mafm.JPG

じゃこと豆腐のサラダ。乾煎りしたじゃこの香ばしさとマリアージュをおこしていますわーい(嬉しい顔)

famlfamfa.JPG

はたはたの塩焼きにポン酢をかけて。

あとワンポイントでマリアージュが完成しそうです。

・・・・・甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味・・・・・



apani49682ebc7b8b7[1].gif

fdlafllka;f,a.JPG

ありましたexclamation×2梅干しです、これは

flaflalfa.JPG

甘さを感じるハチミツ仕上げ。

杏の香り、チャーミングなベリーの香り、柔らかな樽香、はたはたの程よい油と香ばしさ、すべての要素が絡み合い、奥ゆかしさを感じる和のマリアージュでした。

離れの個室がある料亭で。。霜降りのすき焼き。。とキュべ イケガワ。。apani4aede96a2b7ce[1].gif

ワインとのマリアージュの妄想は膨らむのでした。

posted by プチット リュ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン