2011年02月09日

大地の恵み

まさに大地の味がする根菜類のビーツが入荷しました。

ビーツはフランスのお惣菜屋さんにもサラダとして、マルシェではすでにゆでられてすぐ食べられる状態で売られています。
お惣菜屋さんで「これは何というのですか」と何度訊いても聞き取れません。
その正体が、このビーツ(べトラーヴ)でした。
「ベトラーヴ!」「ベッカム?」「ベトラーヴ!」「ベッカム?」
当時、2006年でベッカムも現役の頃、僕の耳にはベッカムとしか聞こえず・・


falflaflalfl.JPG

こちらは南部大里の当店の契約農家で獲れたものです。こちらの畑は、海藻やヌカを撒き、無農薬、除草剤など使っていない畑なのでできる野菜の味がやわらかいです。
ビーツの畦にも雑草が生い茂っております。
ビーツは、葉っぱまでおいしくいただけます。

glkalglakmg.JPG

繊細なイメージのセルフィーユ(チャービル)もご覧の通り逞しく育っています。


実家からは、こちらも無農薬のちりめんキャベツが届きました。

f,.a,f.a,.a.JPG

今年の厳しい寒さdeco4af69d537b832[1].gifを乗り越えた野菜は、いつにも増して、

甘いです!!

メイン料理に添えてお出しています。



番外編で、冬季限定のチーズの王様

f,a;gfa;,ffa.JPG

ヴァシュラン・モンドール入荷しましたexclamation×2

チーズはとろとろに熟成していて今まさに食べごろです。

この入荷が今年最後になりそうです。ぜひ当店のクレマン・ド・ジュラとあわせてみてください!
posted by プチット リュ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のチーズ