2011年12月08日

パリな日常H

パリな日常9回目は、フランスのカフェの話ですdeco4cda2f7b9b1985B15D[1].gif

フランス、パリの文化の一つにともいえるカフェ文化。
外出中トイレに困ったら、コーヒー一杯をいただいてトイレも利用させてもらいます。
コーヒーを飲みながら、目の前を通る人たちを眺めるのもよし、食事をガッチリいただくのもよし。時間帯によって食事もいろいろと充実しています。

dc050672.JPG

ほとんどのカフェが店内の席と店外テラス席があり、テラス席は追加料金が加算されます。でもその料金だけの価値は十分あり、天気の良い日はテラス席は気持ちが良いです。

IMG_5389-thumbnail2[1].jpg

ちなみにこちらはプチット リュのテラス席ぴかぴか(新しい)


IMG_4747.JPG

食事は、朝は、オレンジジュースとパン・オ・ショコラ(もしくはクロワッサン)とフランス式のコーヒーといったプチ・デジュネセットなるものに代表されるモーニングセット。

お昼には、

dc090519.JPG

一皿で充実しているサラダや、

dc090531.JPG

フランスパンにハムやチーズを挟んだ、シンプルなのに素材の一つ一つが美味しいサンドイッチ。

シャンパンがグラスで注文できるカフェもあり、お店にあればだいたいいつも注文していましたわーい(嬉しい顔)

dc0501140.JPG

dc0905117.JPG

ノルウェー産のサーモンとシャンパンのランチは至福の時間です黒ハート

シャンパンのグラスの注文の仕方で気を付ける点がひとつ。例えば2杯の場合、

「Deux verres de champagne, s’il vous plaît」

のverresではなく、coupe(クープ)という単語を使い、

「Deux coupes de champagne, s’il vous plaît」ハートたち(複数ハート)

(ドゥー クープ ドゥ シャンパーニュ、スィル ヴ プレ)

が正しい言い方だそうです。

この言葉はシャンパンを飲みたいので一番に覚えたフレーズですapani495093970e603[1].gif

テラス席は外なので、

ふらんす2 012.jpg

時には食べ物を求めてスズメがやってきたり、

ネコちゃんは、

dc042630.JPG

「気持ち良いニャー」とくつろいでいたりしますdeco4a294fea0aa9c[1].gif

夜は、

dc0501102.JPG

がっつり、ステーキや、

dc0501103.JPG

パスタなどメニューもバラエティーの富んでいるお店が多く利用しやすいです。

dc042268.JPG

一日の営業が終わって片づけられた椅子。どんな風景でも絵になるパリの風景。
歴史あるカフェも多く、働くギャルソンも誇らしげでカッコイイです。


さて、今週日曜日に迫り、ワクワクが増してきたコンサート。日曜日はプチット リュは臨時休業し、コンサートへ出かけまするんるん

本場パリの空気をそのままに、

”パリ・ミュゼットのコンサートは、

12月11日(日) 18時開演

場所 桜坂劇場にて

チケットは前売りで 4000円となっています。この機会にぜひお楽しみください!!”
posted by プチット リュ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記