2012年03月15日

ロシュバロン 完全体

今週は、ロシュバロンが完全体で届き食べ応えのある感じとなっていますdeco4a7a69fa8c87c[1].gif

DSCN4519.JPG

ロシュバロンは、フランスの中央山地、オーヴェルニュ地方のチーズapp4a66cc6203b025B15D-thumbnail2[1].gif
伝統的なチーズが数多く存在するこの地方の中では非常に新しいチーズ。誕生してまだ10年ほどだそうです。
この地方の伝統的なブルーチーズにはブルー・ド・ヴェルニュやフルムダンベールなどフランスを代表するようなAOCチーズがありますが、このロシュバロンはそれらのブルーチーズとは全くタイプが違い、青カビの量は少なくチーズの乳脂肪分も55%と高めです。まわりを灰でまぶして黒く化粧をほどこされています。
チーズの味もあまり青カビタイプ独特の刺激が感じられず、まったりと柔らかい口当たり。

お勧めのワインは、フル―ティーな赤、ブルゴーニュ・ルージュと合わせてみてはいかがでしょうかapani49780fa6399a7[1].gif
posted by プチット リュ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のチーズ