2012年06月01日

フランス旅行 総集編B−ランスの街並みー

旅行記はまだまだ初日。前回は食事の話が中心だったので、今日はランスの街並みをご紹介します。

DSCN5523.JPG

ランスはシャンパーニュ地方で一番大きな都市で、ポメリーやヴーヴ・クリコなど日本でおなじみのシャンパンメーカーが数多く点在しています。

また、ノートルダム大聖堂や、サンレミ教会、トー宮殿は世界遺産に登録されているほど歴史を感じられる街となっています。

DSCN5696.JPG

街の中心に位置するノートルダム大聖堂。

DSCN5684-thumbnail2[1].jpg

入り口では微笑みの天使の彫刻が出迎えてくれます。
そしてこの教会内部の一番奥には、シャガールのステンドグラスが、

DSCN5713-thumbnail2[1].jpg

眩しいくらいブルーの輝きをあたりに放っています。

DSCN5700.JPG

ノートルダム大聖堂の向かいのワインショップのテラス席でシャンパンを飲んでいると店員さんが「写真を撮りましょうか」と言ってくれたので、記念撮影を。
「6年前に家族と来たときもあなたに撮ってもらいました。」と言ったら、「そうだと思いますよ。ここでずっと働いているので」と答えてくれました。

DSCN5698.JPG

シャンパンと大聖堂。どこを切り取っても絵になります。そして、大聖堂からさらに歩くこと10分。続いてはサンレミ教会が見えてきます。

DSCN5516.JPG

こんな世界遺産の真横に、以前住んでいたアパルトマンは、

DSCN5518.JPG

建っていて、ノートルダム聖堂より観光客も少ないので、サンレミ教会の景色を独り占めできる時が多かったです。

DSCN5668.JPG

今回の旅では、どこも花が満開の時で、何度も見とれて、うっとりしていました。

DSCN5655.JPG

道中見つけた落書きもおしゃれな感じです。

クレイエールでのランチ・ディナーを満喫し、ランスは次の日には出発です。

DSCN5845.JPG

初日は雨模様雨でしたが、2日目から晴れ晴れが続き、テラス席で楽しむことが多くなりました。出発の朝はランス駅前のカフェで朝食を。

DSCN5848.JPG

フランスのスズメは日本のスズメより少し小ぶりでした。

電車まで時間があったので、駅前を少し散歩。

DSCN5832.JPG

こんな景色が日常です。素敵ですね。

マロニエの花も、

DSCN5951.JPG

満開です。公園の端では土曜日だったので、マルシェが開催されていました。マルシェもこの旅行中何度も見かけましたが、この時期の旬は、

DSCN5926.JPG

山積みにされた、ホワイトアスパラガスと、(右は二十日大根)

DSCN5902.JPG

かぶりつきたくなるような真っ赤なイチゴでした。

パリ東駅からランス駅まで、TGVで特急料金も含めて、大人片道32€。ユーロが随分安くなっているので、日本で約3200円。所要時間は、46分、ランスまでノンストップです。

さらにランス駅から、二つ星レストラン&ホテル シャトーレ・クレイエール(26日のブログで紹介しましたのでご覧ください)までタクシーで10分程度。

リュクスぴかぴか(新しい)な時間を是非お楽しみください。(服装はフォーマルが良いかと思いますわーい(嬉しい顔)
パリにご旅行されるかたは、日帰りでシャンパーニュ地方まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
posted by プチット リュ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行 2012