2012年07月06日

フランス旅行総集編M−ホテルでのディナーー

まだまだ続いています、フランス旅行記。このペースだと秋まで続きそうな感じですdeco4d34f485750da[1].gif

自転車でコート・ド・ニュイを走破し、ホテル・コルトン・エルミタージュでディナータイムレストラン

シャンパーニュからブルゴーニュに移動し、昨夜は、

DSCN6722.JPG

ブルゴーニュの白ワインを飲んだので、今回の旅では初のボトルの赤ワインを。

そして2年前の旅では、このホテルのオーナー、シャンボンさんにたいへんお世話になったのでこちらのレストランではワインを奮発するぞ!と決めていましたるんるん

DSCN7618.JPG

ワインを何にしようかロゼのクレマン・ド・ブルゴーニュを飲みながら、レストラン横のサロンでかなり長いこと思案中。

DSCN7622.JPG

食事の前のアミューズブッシュはサロンでいただきました。きれいです。

こうやってワインリストやお食事のメニューを見ながらゆっくりと決めるのがフランス流app4a66cc6203b025B15D-thumbnail2[1].gif
日本人にはなじみがない習慣です。特にレストランでは同じ時間帯に入ったフランス人が僕らが前菜を食べ終わる頃ふとそちらに目をやると、メニューを見て、まだ食材の事をいろいろと話し合っていたりすることが多々ありました。
「即決系」の僕としては、真剣にかつ楽しんでその日の食事をゆっくりと選ぶその姿勢を、少しマネしてみたいなと思いました。

さてブルゴーニュの赤ワインを飲む気満々るんるんでワインリストをチェック目

DSCN7624.JPG

自然派の極み、ロマネコンティ ’06が4350€ぴかぴか(新しい)今円が強く100円で換算すると43万5千円。手が届きませんが、現地お値打ち価格でございます。

ムッシュ・シャンボンが「相談にのりましょうか。」と尋ねにきてくれました。

「今日、ロマネコンティとドメーヌ・アルローの2か所で、馬で畑を耕していたのを見たよexclamation」と僕が興奮して説明すると、「とっておきの自然派の造り手のワインがあるよ。」とシャンボン。

で選んだワインは、こちらも馬で畑を耕す、

DSCN7630.JPG

ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレイ 、ボンヌマール、2007

DSCN7627.JPG

我々のテーブルを担当してくれた彼女はとても陽気で、食事も楽しいものとなりましたぴかぴか(新しい)
フランスのサービスの方々は、お店にもよりますが、格式が上がるほど、よく話しかけてくれるように思います。
いろいろなスタイルがあっていいけれど、自分たちはこうやってお店の人がほどよくコミュニケーションをとってくれることが楽しいし、「おいしさの要素」となっている気がして好きです。

DSCN7633.JPG

ワインの色彩は見事なルビー色。華やかで、力強く、優雅さも備えた味わい。ビロードのようななめらかさにうっとり。どこまでも続く複雑な余韻に、相方は感動で言葉もなく。
今回の旅で堂々のナンバーワンのワインでしたぴかぴか(新しい) 



DSCN7638.JPG

お料理はシェフのシラー氏が作るモダンなお料理の数々。

ブルゴーニュの郷土料理、卵のムーレット(ポーチドエッグの赤ワイン煮)も、

DSCN7647.JPG

深くて凝った味わいです。

DSCN7648.JPG

ラングスティーヌのコンソメ仕立てに、メインディッシュは、

DSCN7656.JPG

僕はうずらのバロンティーヌと、

DSCN7657.JPG

相方は牛フィレ肉のステーキ。ボンヌマールとのマリアージュは、この上ない素晴らしいものでしたani48ffb5b07c397[1].gif

DSCN7659.JPG

幸せなひと時をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

DSCN7669.JPG

ワインのボトルの説明を読んでみると自然派でなんと1901年、樹齢111年の古木から獲れたぶどうのワイン。じーんと胸に響きますたらーっ(汗)

おいしい余韻でデザートは、相方大絶賛の、

DSCN7661.JPG

焼きたてスフレ。パリッとして中はフワッと。冷めると萎んでしまうので、このタイミングで出すのは難しいんだろうなぁ

DSCN7664.JPG

僕はもう少しワインの余韻を、チーズ、エポワスと共に。

DSCN7665.JPG

プチフールもしっかりと完食し、優雅なディナータイムは終了。

DSCN7700.JPG

部屋から見えるプールは、神秘的なブルーです。夜のぶどう畑の静けさもたまりません。

次回の旅行記は、ブシャールペール・エ・フィスとドメーヌ・ミシェル・カイヨでの試飲の様子をお伝えしたいと思いますon
posted by プチット リュ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行 2012