2012年07月09日

フランス旅行総集編N−試飲の一日ー

5月に行ってきたフランス旅行記は、旅行5日目になります。12日間の旅行だったのでもうすぐ折り返しですたらーっ(汗)今日もボリュームたっぷりにお届けしますぴかぴか(新しい)

サヴィニ―・レ・ボーヌのシャンボンさんのホテルには連泊。前日の”黄金の丘 自転車 feel the terroirの旅”に続き、この日は、”現地試飲day”です。ムルソー村まで足をのばします。

まずは朝食は、ボーヌ市内の、

DSCN7725.JPG

地元の人しかいないような雰囲気のいいカフェで、

DSCN7721.JPG

朝食を。おいしいクロワッサンとタルティーヌ(フランスパンを縦に二つに切ってバターとジャムで食べます)でフランスに来ているなあと実感るんるん

DSCN7771.JPG

ボーヌでも大手のネゴシアン、ボーヌ駅近くのブシャール・ペール・エ・フィス社に到着。

こちらの見学は要予約となっていますが、我々はだいたい「行き当たりばったり派」なのでアポイントなしで訪問。
本来は決められた時間か、まとまった人数でないと見学できないそうですが、「私なら今、時間がとれますよ」と快く見学を引き受けてくれましたるんるん英語がいいですか?フランス語?と聞いてくださいます。

DSCN7735.JPG

案内を引き受けてくれた、ボーヌ生まれのサンドラさん。ブシャール社の説明を受けます。

DSCN7732.JPG

こちらの建物は創業者のファミリーが購入し、社屋とカーヴとして使われ始めたのは1800年代の初め。元々はフランス国王が15世紀に造った「シャトー・ド・ボーヌ」という要塞だったそうです。15世紀のこの要塞の中には、現在350万本のワインが眠っています。

DSCN7762.JPG

あれ、ここは沖縄?と思うくらい石灰石の風景が似ています。

DSCN7758.JPG

階段を下りて温度管理された地下のセラーに向かうと、そこは、湿度75%、気温15℃。一番古いワインは1846年のムルソー・シャルム。1865年のモンラッシェは4ケースも残っているそうです。熟成の研究用らしく購入は不可能だそうです。

DSCN7738.JPG

膨大なワインのストックが出荷の日を待っています。

DSCN7748.JPG

カーブは奥へ 奥へと続いています。

DSCN7743.JPG

どれだけの年月を重ねてきたのでしょうか。ワインの素敵な魅力の一つですぴかぴか(新しい)

DSCN7768.JPG

「向こうに見えるのは昔、要塞の監視の為に建てられた塔ですよ。」と説明を受けているところです。

DSCN7764.JPG

敷地内にあるパリに住んでいるブシャール社オーナーの別荘。一階は迎賓館として使用されているそうです。

DSCN7773.JPG

見学が終わると試飲タイムです。試飲は赤、白合わせて6種類、白は特級コルトンシャルルマ―ニュや、赤ではフラッグシップ的な存在、ブシャール社のモノポール(単独所有)、ボーヌ の銘醸畑、グレーヴの中でも特によい区画である「ランファン・ジェズュ」。「幼子イエスの畑」という意味の一級ワインも試飲出来ましたるんるん

サンドラさん、丁寧な説明をありがとーexclamation×2

ブシャール社のワインは、広大な畑から生み出されそれぞれの産地が魅力的です。当店でもラインナップに力を入れ、

DSCN0019.JPG

ハーフサイズも含めて取り揃えましたぴかぴか(新しい)

お値段は、

DSCN0053.JPG

こんな感じです。赤い果実のチャーミングで魅力的な味わいを堪能してくださいねぴかぴか(新しい)

ブシャルペール社キャンペーンは終了しましたexclamation×2

さて試飲を終え、ボーヌ駅からムルソー駅へ向かいます電車

DSCN7797.JPG

ムルソー駅に到着。偉大な駅名ですが、駅員さんがいない無人駅でひっそりとしています。線路を渡って向こう側へ。フランスでは線路を横切るときもあります。

DSCN7800.JPG

なのでこんなアングルの写真も撮れます。駅から村へ向かいます。

DSCN7804.JPG

雨大丈夫かなあ。⇒何とかムルソー村は大丈夫でした。


DSCN7814.JPG

DSCN7842.JPG

ムルソーの偉大な造り手の邸宅が次から次と出てきます。見ているだけでワクワクします。

DSCN7823.JPG

ムルソーの畑も見えてきました。

DSCN7865.JPG

村の中心に到着。

DSCN7859.JPG

きれいです。

DSCN7864.JPG

小川まで流れていて、こんなきれいな村だったんだーと、来てみて実感。

DSCN7857.JPG

村から黄金の丘まではまだ距離がありそうです。

DSCN7867.JPG

道看板で、プチット リュでもお馴染みの造り手、カイヨさんの文字を発見目

地元の人に道を尋ねながら、

DSCN7879.JPG

到着。またまた突撃訪問。
事務所で、「カイヨさんに会えますか?」と聞いてみるとスタッフの女性が「今は畑で13時には帰ってくるわよ。」と教えてくれたので

DSCN7870.JPG

一度村の中心に戻り、ランチタイムにしました。

DSCN7887.JPG

ムルソー村の真ん中にあるビストロで。グラスでムルソーが楽しめますグッド(上向き矢印)

DSCN7890.JPG

ムルソー・ルージュもあったので注文。力強いですexclamation×2

白ワインなので今回はお魚料理を。

DSCN7894.JPG

マスのブールブランソースに、

DSCN7895.JPG

鱈のソースアメリケーヌ。

ワインとのマリアージュもすこぶる良いですわーい(嬉しい顔)

お腹いっぱいで、もう一度カイヨさんのお宅へ。

IMGP0319.JPG

じゃーん。ミシェルカイヨさん(写真手前)に会えましたexclamation×2

自己紹介をして、当店でも大人気ですよと伝えるとにこっと笑顔で答えて、
「ワイン試飲していったら。」と言ってくれました。

というわけで、ドメーヌのスタッフの方が案内してくれました。

DSCN7922.JPG

扉の向こうは、

DSCN7923.JPG

発酵タンクがずらり。

DSCN7925.JPG

地下のカーヴには、

DSCN7926.JPG

樽がいっぱいハートたち(複数ハート)カイヨさんのワインの樽の香りが個人的には大好きで、その樽の前にいて樽の香りが体中を包んでくれます。ああ〜幸せハートたち(複数ハート)⇒ワイン好きですみません。

DSCN7947.JPG

ちょうどワインの出荷作業中。

DSCN7939.JPG

どうやらリュクセンブルクのレストランが買ったようです。「パレット買い」ですねexclamation

DSCN7948.JPG

プチット リュもパレット買いできる日を目指してグッド(上向き矢印)

さて試飲開始です。

白ワインブルゴーニュ・アリゴテ ’08から始まり、ブルゴーニュブラン ’08、サントネー’07、ムルソー ’08、ムルソー バール デソス ’09、

DSCN7969.JPG

当店でも輸入元キャンペーンの時に登場するムルソー リムーザン’08に、

DSCN7970.JPG

一級ピュリニーモンラッシュ レ フォラティエール ’08、そして赤ワインへ。

DSCN7974.JPG

一級ボーヌ レ アヴォ―’06に始まり、ポマール’06、一級ヴォルネイ クロ デ シェーヌ ’06、そして、

DSCN7980.JPG

DSCN7979.JPG

一級 ポマール エプノ ’08と、

DSCN7961.JPG

11種類ものワインを、なんとexclamation×2 ポンポンと抜栓して頂き、恐縮しながらもガッチリとテイスティングさせてもらいました。
それぞれのワインのキャラクターの説明はノートに書き留めましたが、とても参考になりました。今後のプチット リュに活かせそうです。お料理のマリアージュの質問もいっぱいしていると、

DSCN7991.JPG

お料理とワインのテイスティングのヒントになるカードをプレゼントしてもらいました。何から何までありがとうございます。

DSCN9893.JPG

そんなミシェルカイヨさんのワインで当店で常にリストアップしているのは、

モンテリー、ヴィンテージはミラクルイヤー 2005年です。ボトルで5200円となっています。

オススメお料理はコック・オー・ヴァンとお聞きしたので、

DSCN0010.JPG

プチット リュでは、やんばる若鶏 骨付きぶつ切り肉のコック・オー・ヴァン(赤ワイン煮込み)と一緒にお楽しみくださいね。



試飲をいっぱいして、ホテルに帰るころには、

DSCN8009.JPG

辺りが薄暗くなっていました・・・・。この暗い中のぶどう畑がなんともいえず好きです。ずっと眺めていたいぐらいです。
次回は、ホテルオーナー、シャンボンさんお勧めのボーヌ市内のビストロでのディナーの様子です。お楽しみにーわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行 2012