2012年07月20日

旧暦6月1日に現れる「スク」

旧暦6月1日頃に現れるスク(アイゴの稚魚)。
今年は昨日(7月19日)、お魚屋さんに入荷していましたぴかぴか(新しい)

DSCN0091.JPG

一年に数日間。スクはこの時期をどうやって判断するのでしょうか、毎年決まった時期に収穫されます。
自然のリズムにはいつも感動ぴかぴか(新しい)します。

1A1A1A1A1A1A1A1AAJ1A1A1A1AFKep[1].jpg

2年前のこの時期、本部の瀬底島で海人が漁をしているのを間近で見ましたがすごい迫力でしたapani4a04e19eb9dc5[1].gif

DSCN0092.JPG

少し育つと、藻などを食べて成長し、少し味に雑味が出てくるので、生のスクは出始めの少し小ぶりな時期がおいしいですぴかぴか(新しい)

スクが新鮮なうちに、内臓もそのままを当店ではフリット(から揚げ)にします。自家製の特製タルタルマヨネーズをたっぷりとつけてお楽しみくださいるんるん

自家製タルタルマヨネーズは、沖縄の自然卵からマヨネーズを作り(味わいまろやか!!)、茹で卵は黄身は一回、白身は二回裏ごしして、

DSCN0094.JPG

ピクルスやハーブと混ぜ合わせて、

DSCN0097.JPG

作っています。なめらかで優しい味わいの特製タルタルマヨネーズexclamation×2

今だけしか味わえない旬の味覚を、よーく冷えた白ワインと一緒にどうぞdeco4b531a0c2a714[1].gif


スクは、この時期とれたものが塩漬けにされ、「スクガラス」として瓶詰になって一年中買うことが出来ます。生のスクとは異なり、塩が濃く独特の旨みが増しています。
その「スクガラス」を使ってちょうど2年前、NHKデビューとなったレシピがありますのでこちらも参考になさってくださいぴかぴか(新しい)

http://www.nhk.or.jp/okinawa/namakara/haisai/2010/100805.html

スクの収穫に合わせての放送で、あれから2年。月日の経つのが早いですわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材