2012年11月09日

フランスの秋

年内の営業のお知らせは⇒http://petiterue.sblo.jp/article/59807784.html

今日はフランスの秋の風景を撮りためた写真からご紹介カメラ

ふらんす2 007.jpg

パリのグレーの空

ふらんす2 017.jpg

空気が冷たく感じるセーヌ河ほとり

ふらんす2 006.jpg

ゴブラン織の会社の建物に這うツタ

ちょっと郊外のヴァンセンヌの森まで行きますと、もっと素敵な風景が待っていますぴかぴか(新しい)

dc011822.JPG

dc011823.JPG

dc011824.JPG

dc011844.JPG

平日だと人もまばらでおいしい空気を独り占め出来ます。

dc011843.JPG

日本庭園も造られていたり、

dc011848.JPG

鳥がつついている実は柿かリンゴか判別不能でした。

dc011832.JPG

ポプラの木が、たまに、

dc011840.JPG

このように生い茂っているときがあって最初は鳥の巣だと思っていたのですが、のちに分かったのですが、枯れた樹に生息する宿り木というものらしいです。

特定の木(ポプラ、リンゴの木、稀にオーク)にパラサイト(寄生)して
白い実をつける。実にはねばねばした物質を含むという宿り木はフランス語では、

le guiと呼ばれています。

ブログの背景も枯葉仕様にapani48dffddd1dfc8[1].gif
posted by プチット リュ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記