2012年11月17日

ボジョレー・ヌーヴォー

DSCN3205.JPG

プチット リュにケースで届いたボジョレー・ヌーヴォー。ご自宅で楽しんだり、レストランで楽しんだり。もう皆様飲まれましたか?

世界で一番早く解禁と謳われ、日付が変わると同時に行われる解禁イベント、ボジョレー・ヌーヴォーの国別輸出量、ぶっちぎり一位はここ日本で、総輸出量の半数近くまで迫る勢いです。

日本でヌーヴォーが人気であり続ける理由は、この日本の国民性にあるようです。
 
旬の食材を楽しむことが出来る四季がある日本。
その繊細な味を的確にとらえることが出来る日本人の味覚。
和食、中華、洋食といろいろなスタイルのお料理を気軽に楽しめる食文化。

お料理の世界で私が情熱を傾けているフランス料理を作ったフランス人も尊敬していますが、この小さな島国なのに世界に存在感をもつ日本人を誇りに思いますexclamation×2

DSCN3214.JPG

今年のおしゃれなポスターはドアに斜めに張ってみました。

お店では、コストパフォーマンスに優れた銘柄をグラスで、ちょっとワンランク上のヴィラージュヌーヴォーがハーフボトルで、そして、早速売り切れた銘柄もありますがフルボトルでもヌーヴォーはお楽しみいただけまするんるん

どうぞお早目に。

DSCN3190.JPG

グラスでは山梨の新酒「にごり」もお楽しみいただけます。甘口ですが、こちらすこぶる評判が良く、売り切れ間近ですsoon

昨日は、仕事終わり日付をまたいで、

DSCN3218.JPGDSCN3219.JPG

ねぎモダン焼きと、ヌーヴォーを楽しみましたわーい(嬉しい顔)

焼きそばのカリカリとした香ばしさや、ソースの甘い香りとボジョレーのフル−ティーな香りがトレビア〜ンなマリアージュるんるんでした
posted by プチット リュ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン