2013年02月24日

旅行記総集編@

ようやく仕込みが間に合ってきて、勘を取り戻しつつあります。
いろいろな行ったお店で得ることが大きかったですが、当店にも帰ってきてから大勢のお客様にご来店いただき、楽しそうな雰囲気を見ていますと、ありがたいことだなあとつくづく思っているところですわーい(嬉しい顔)

さてちょうど一週間前に出発した、4泊5日の東京・山梨旅行。カメラで撮った写真をもとに、初日から振り返っていきまーすぴかぴか(新しい)

日曜日、那覇7時50分出発の便なので、

DSCN9148.JPG

ゆいレール見栄橋駅から見た那覇の街は、まだ眠っています眠い(睡眠)

DSCN9153.JPG

飛行機の座席表の相方の名字が、シニャと猫使用となっていました猫

行きは2時間くらいで、羽田に到着飛行機 そのまま山梨を目指します。京急線で品川まで行き、JR山手線で新宿駅へ。

新宿で東京在住の妹と合流apani49b81ae56ad42[1].gif 新宿からは、JR中央本線の特急”かいじ”に1時間ほど乗り、在来線でまた1時間。山梨の酒折駅に到着ですdeco4b007f2077667[1].gif

DSCN9159.JPG

車中では駅弁と缶ビールを。好みはバラバラですexclamation

DSCN9164.JPG

車窓からは時折富士山が。

約一年ぶりの酒折。前回は霧で分からなかったのですが酒折からも富士山が見えましたani49b3f5840cc08[1].gif

DSCN9208.JPG

アップにしますと、

DSCN9210.JPG

富士山を生で見るとなんだか清々しい気持ちになりますani49b3f5840cc08[1].gif

シャトー酒折では、ワインを数種類試飲。

DSCN9180.JPG

当店でも大人気だった甲州ドライ2011。当店ではもちろんすっかり売り切れ、この醸造しているシャトー酒折さんにもぜんぜんありません。
弱冠ながら2010ヴィンテージがまだあるということだったなので、ありがたく試飲してきました。まろやかでするんるん

新しいヴィンテージ2012は4月に発売になりますので、もうしばらく楽しみに待ちましょう!!

DSCN9184.JPG

梅酒も造られているシャトー酒折。なんと、50年熟成の梅酒もこのときは試飲させて頂きましたexclamation×2 こんな上品な甘さがあるの、というくらい気品ある味わいでしたぴかぴか(新しい)
甘い薬膳酒みたいに感じました。

DSCN9183.JPG

左がノーマルバージョンの梅酒。右が50年熟成の梅酒ぴかぴか(新しい)

シャトー酒折では一年前にしっかり井島醸造長からレクチャーを受けました。

その時の様子は⇒こちら

今回はお伺いできる日が日曜日だったので、井島さんにはご連絡していませんでしたが、後日お返事を頂きました。

プチットリュ 新屋様

先日はご来館頂きありがとうございます。
わざわざ、おいで頂いていたのにお会いできずにとても残念です。
また、タンカンのお土産までいただきありがとうございます。
皆で美味しく頂きました。

甲府は今日もとても寒いです。
いつもならそろそろあたたかくなるのですが・・・
梅の花もなかなか咲きそうにもありません。
今年もどんなヴィンテージになるのかわくわくしながら、
また、昨年は良好なヴィンテージであったため、生産数量も増え
毎日、作業にバタバタとしております。

4月には新しいヴィンテージのワインをお届けできるかと思いますので
お楽しみにしていて下さいね。

沖縄は暖かいでしょうが、お風邪など召されぬようご自愛いただき
美味しいお料理とワインをお客様にお届けください。

シャトー酒折ワイナリー
井島 正義

追伸 先日、面白い発見をしました。
イカのお刺身とベリーAが意外と合ってしまいました。
一度お試しください!
 (全文)

イカのお刺身とマスカットベリーAのマリアージュ、皆様も是非!!

 酒折でワインを楽しんだ後は、この日の宿、石和(いさわ)温泉の「夕亭」へと向かいます。

DSCN9212.JPG

このあたりは今朝はマイナス5度だったそうで、井戸が氷柱でまだ覆われていました。
寒さに慣れているはずの地元の方々が「寒かったぁぁぁ〜」と口ぐちに。
沖縄から来た我々は寒すぎて「ィヒー」「ウオー」と言葉にもならない言葉を発してしまいます。

前回に来て、部屋に露天風呂が付いた、

DSCN9225.JPG

同じ102号室を予約していました。

今回は、

DSCN9191.JPG

こんなキャンペーンもしていたので、山梨のワインを2本持参しましたわーい(嬉しい顔)

食事の様子は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく

posted by プチット リュ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京・山梨旅行 2013