2013年03月10日

旅行記総集編E

おはようございます、今日の予想最高気温を見てると25℃。気象の表現では”夏日” その言葉を聞くだけで海で泳ぎたくなる季節となってきましたリゾート 春から一気に夏モードの沖縄です晴れ

毎月第2水曜日

今まで不定期だったテレビ出演ですがapp4b03c9091240e[1].gif、4月からは登場する日が固定されました手(チョキ)

第2水曜日の午前11時45分から 今までどおりにご家庭で作れるフランス料理をご紹介しますのでお楽しみにdeco49f2942480797[1].gif

そーんなわけで一回目の登場は、4月10日の水曜日となっていますTV

来年度からはさらに水曜日に放送したものを編集し、次の日の木曜日の夕方の番組でも再放送されるみたいですTV ご覧頂ける機会が増えるかと思いますので、よろしくお願いします目

それでは旅行記は東京2日目のディナーの様子ですレストラン

ブルゴーニュのお料理とワインをこよなく愛する菊池シェフが切り盛りするレストラン”ル ブルギニヨン”は、ずっと楽しみで予約は1か月前に入れておきましたるんるん

妹にも、「ここが今回一番力が入っているのでしっかりお腹を空かせといてや!!おいしいワインも飲むでぇ!!」と事前に伝えておきましたグッド(上向き矢印)

六本木ヒルズビルから歩いて行ける距離ですが、いかんせんこの日は寒かったexclamation×2 でもお店のエントランスでサービスの方が、温かい笑顔で迎えてもらえるとほっと心まで温かい気持ちになります。 

お料理は、全員違うものを食べようってことでアラカルトで注文を。

DSCN9684.JPG

まずはアミューズブッシュの、塩漬け豚のグジェールぴかぴか(新しい) 口いっぱいにお肉のうまみが広がります。 この一口でいきなりテンションはMAXに上がりますグッド(上向き矢印) 

そして前菜は、

DSCN9687.JPG

海の幸のタルタルぴかぴか(新しい) 牡蠣の味わいを中心にまさに海の幸が口の中でおいしいハーモニーを奏でます。

DSCN9688.JPG

こちら、雑誌で見ていて絶対食べたかった、なすと毛蟹のミルフィーユぴかぴか(新しい) 相方、目を丸くして一言、「お、おいしいわexclamation×2

DSCN9690.JPG

そして僕は、ちょっと贅沢なアワビのコンフィがごろごろっと入った一品。素材をすべて知り尽くしたうえで引き出された味わい。うなずきながら、にやにやしながら、その完成された至高の一皿の数々を楽しみまするんるん

ワインは、予算だけ伝え、ソムリエさんにお任せわーい(嬉しい顔)

白ワインは、ドメーヌ パスカル・プルニエ・ボンウール の”オクセイ・デュレス・ブラン 2008”

DSCN9691.JPG

魚介類中心の前菜に、ミネラリーで、きれいに伸びる酸、自然派ならではのダシがきいた旨さに、古木からくる味わいの重心の低さ。時間とともにそれぞれの要素が顔を出したり引っ込んだり。何とも楽しいマリアージュでするんるん

DSCN9686.JPG

帽子が付いたかわいいパンを食べながら、後ろでは少し遠くですが厨房の熱気も感じられる雰囲気でメインディッシュの登場を待ちます。

焼けましたexclamation×2

DSCN9694.JPG

僕はメニューには書かれていなくて口頭で説明をしてもらった、特選素材のジビエ、”茨城県産のキジバト”こんな感じですと、途中経過をみせてくださいました。 ここから手をさらに加えられ、

DSCN9702.JPG

肝もすべて食せるこんな一皿にぴかぴか(新しい)

DSCN9699.JPG

妹はボリュームたっぷりの、フランス産シャラン鴨胸肉のローストぴかぴか(新しい) 抜群の火入れ、ロゼ色ですぴかぴか(新しい)

DSCN9700.JPG

そして相方はブルゴーニュの郷土料理”ブッフ・ブルギニヨン”をぴかぴか(新しい) スパイスが複雑にきいたとろとろお肉でするんるん

赤ワインは、これまたお勧めの一本を。

DSCN9695.JPG

ドメーヌ・ピエール・ジュラン ”フィサン 2001”ぴかぴか(新しい)

「ジビエも含んでいるので、熟成したワインが良いかと思います。」と勧めてくれた一本です。中程度のボディに、奥ゆかしい果実の香り、しばらくするとワイルドな動物のニュアンスと腐葉土の香り。

DSCN9706.JPG

この日のワインぴかぴか(新しい)

全てにおいて調和のとれた美しいマリアージュ。”来れて良かったー”apani4e17ade2ad6c1[1].gif

デザートは、

DSCN9709.JPG

安納芋のモンブランに、

DSCN9710.JPG

ガトーショコラに、

DSCN9712.JPG

濃厚ティラミスを。

DSCN9716.JPG

”ル ブルギニヨン”

DSCN9715.JPG

菊池シェフの感性がふんだんに込められたブルゴーニュ料理が味わえるレストランですぴかぴか(新しい)

・・・・・・・・・・・・・・・つづく


 さて、プチット リュ、「日曜日も営業しているんだexclamation×2。」という声もお聞きします。

日曜日も夕方5時から張り切って営業しています。

休みの日の締めくくりに、おいしいフランス料理とおいしいワインでお楽しみくださいるんるん

DSCN0398.JPG

桜のレアチーズケーキ。桜の風味を一足早く楽しめる、春を感じさせる、新作デセールもありますexclamation×2

本日お席まだまだ大丈夫です手(チョキ) 皆様のご来店お待ちしていまーすわーい(嬉しい顔)

posted by プチット リュ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京・山梨旅行 2013