2013年12月31日

京都で忘年会

昨日仕事納めの妹と合流し、食べるところを四条で探すもどこもいっぱいあせあせ(飛び散る汗)

ようや「9時半の予約の方がいるのでそれまでなら大丈夫ですよ!」と野菜バルの一席を確保ぴかぴか(新しい) 座るや否や次から次と来るお客さんを断っていたので、京都の外食の勢いを実感

さて、なんとか入れた野菜バル”びーどろ”さん、昨日のメニューは、

image.jpg

こんな感じで、京野菜がふんだんに使われていますぴかぴか(新しい)

3名で食したのは、

image.jpg

宇和島のブリ二郎君のお刺身

image.jpg

焼き野菜のジャポネソース

image.jpg

海老芋の唐揚げ

image.jpg

丹波鶏の唐揚げ

image.jpg

野菜のセイロ蒸し

image.jpg

九条ネギのピザなど、お野菜の旨味をたっぷり味わえましたるんるん

日本酒、焼酎、カクテル、そしてワインも色々あり楽しい品揃えでするんるん

日本のワインもあったので、そちらをチョイス手(チョキ)

image.jpg

萌黄 アンサンブル 萌え〜ハートたち(複数ハート)

おいしい京野菜を頂いて、二次会へ

image.jpg

HUB四条烏丸店ぴかぴか(新しい)

image.jpg

ビールとビール

image.jpg

一口フィッシュアンドチップスで、

image.jpg

全員で記念写真カメラ

帰り際見つけた、

image.jpg

フランス版カフェの先駆け、オーバカナルも発見exclamation×2

京都の外食産業の勢いを感じた夜でした。東京から京都に転勤になった妹。他にも行きたいお店がいっぱい。京都に来る機会が増えそうですわーい(嬉しい顔)

posted by プチット リュ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・大阪・岡山・香川2013

2013年12月30日

京都!!

実家に帰ってきてまず向かったのは、京都。今年妹が転勤になったので、早速訪問。四条のど真ん中のマンションなので超便利!!

仕事が終わるまで京都散策。

image.jpg

鴨川の鴨

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

錦市場は、買い出しの人で大賑わい

その後、160年の歴史を引き継いだ茶筒屋”開花堂''6代目の八木君を訪ねました。

image.jpg

雑誌でもよく取り上げられていて、どんな感じだろうと思っていましたが、とても温かみのある質感で、デザインの美しさは想像以上でしたぴかぴか(新しい)

顧客には、グヴィネス・パルトロウやジュードロウもexclamation×2

世界でも評価された彼の仕事への情熱、学生時代から17年ぶりに会いましたがとても刺激を受けました!!

image.jpg

帰りは高瀬川沿いのカフェ”ひとこえ”さんで丹波ワインとだし巻き玉子。とても良い時間が流れていましたわーい(嬉しい顔)


posted by プチット リュ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・大阪・岡山・香川2013

2013年 今年のご愛顧ありがとうございました!!

今年最後の営業も昨日の日曜日で終了しました!!ぴかぴか(新しい)

今年も本当に大勢の方にご来店頂き、充実した一年を過ごせたことに感謝していますapani4a4c8e496de8a[1].gifapani4b7e935acc98f[1].gif

いろいろと実り多き2013年、来年もさらに仕事に精進して良い年にしていきたいですグッド(上向き矢印)

DSC00572.JPG

DSC00577.JPG

市場もお正月用の食材が所狭しと並ぶ時期となってきましたるんるん

DSC00570.JPG

立派な田芋もたくさん売られています。いつもと違ってちょっと洋風に仕上げたい時は、

DSC00580.JPG

NHKの広報誌に今月ご紹介した田芋のレシピが載っていますので、こちらを参考にしてぜひ作ってくださいねわーい(嬉しい顔)

HPからもご覧になれます⇒http://www.nhk.or.jp/okinawa/

年末年始は実家で過ごすため、4時間後には飛行機に乗ります飛行機

ゆっくりと温泉につかってきますいい気分(温泉)

DSC00588.JPG

そんなわけで、お店は1月7日の火曜日からとなっています。

来年も楽しくて幸せな時間をどうぞプチット リュでお過ごし下さいdeco47c3b24e53c83[1].gif

posted by プチット リュ at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2013年12月28日

フランス旅行記最終回!!

年内の営業は明日日曜日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

クリスマスムードもすっかり終わり昨日は仕事納めとなった方も多かったのではるんるん 我々は明日の日曜日が今年の最終日るんるん プチット リュ航空も、タイヤが出てきて着陸態勢となってきましたるんるん

旅行記も、パリ編となるのですが、だいたいいつも旅の後半でカメラの調子が悪くなり、今回もそのジンクスは外れることなく、カメラのズームが壊れ写真が撮れなくなる事態にもうやだ〜(悲しい顔)

パリは二日間ですが、写真が極端に減ったので一回にギュッとまとめてみました。

ローヌ地方のヴィエンヌからパリへ向かうわけですが、ここでも諸聖人の祝日が影響を及ぼし、連休を楽しんだ人々の大移動の日となっていました。そんなわけでリヨン発、パリ行きのTGVがすべて満席という恐ろしい事実が念のため出発の前日、駅に切符を買いに行った時に分かりましたがく〜(落胆した顔)

朝一のTGVだと辛うじて席が取れたので、それを取り、今度はその時間にはヴィエンヌからリヨンまでの電車が今度は走っていないということを駅員さんに教えてもらっていたので、やむなくタクシーを予約しておき、

IMGP0787.JPG

早朝のリヨン駅にまずは無事に到着。行きは電車で20ユーロで行けたヴィエンヌ、タクシーでは100ユーロかかりました。

今度からは、フランスの祝日もチェックしながら旅行の日程を決めようと思いましたexclamation×2

電車に乗れば快適にパリに到着。ホテルにチェックインし、

IMGP0811.JPG

カフェでコーヒー喫茶店 ホッとしましたわーい(嬉しい顔)

まずは、定番のマルシェ巡り

image.jpg

ミニトマト

IMGP0822.JPG

キノコ

IMGP0813.JPG

バラの花

その後、

IMGP0837.JPG

セーヌ河を散歩しながら、オルセー美術館に行きますが、なんとこの日は無料開放日、

IMGP0840.JPG

大勢の人が並んでいたので、並ぶことが苦手な新屋家、美術館はあっさり断念。

通りがかりで見つけたカフェで、昼食をレストラン

image.jpg

仔羊と、

image.jpg

相方は、ステーキフリットをるんるん

こちらのカフェで、

image.jpg

サービスの女性が付けていたエプロンが可愛かったので早速、レアルの専門店で、

image.jpg

相方が今営業中に付けている、白いエプロンを調達ぴかぴか(新しい)

IMGP0883.JPG

クリニャンクールの蚤の市に足を伸ばし目の保養が終わる頃にはあっという間に夜に。

勉強のため昼・夜とずーっとの食事が続いていたので、少しディナーは軽めに、バスティーユのオイスターバーへレストラン

image.jpg

生牡蠣に、

image.jpg

ブイヤベース、

image.jpg

海老のブロシェットと合わせたワインは、

image.jpg

アルザスのリースリング

軽く食事をして、2次会はお持ち帰りメインの中華料理屋さんのイートインスペースで、

image.jpg

焼きそばとチャーハンぴかぴか(新しい)

久しぶりのお米にちょっとホッとしました。

さあ夜が明けフランス最終日ぴかぴか(新しい)

この日はお土産を買いにデパートのラファイエットへ

IMGP0946.JPG

クリスマスのデコレーションが豪華ですクリスマス

時間がないのでどんどん食材を中心に買っていき、小腹が空いたのでオペラのカフェで、

image.jpg

ステーキフリットと

image.jpg

今回印象的だったローヌのワインで、

image.jpg

昼から上機嫌にるんるん

今回は目当てのものをスムーズに買えましたが、あっという間にパリ時間がタイムオーバー。旅行最後のディナーへレストラン

ちょっとレストランへ行く前に、お持ち帰りで買っていた、

image.jpg

お寿司を食べ舌をリフレッシュし、臨むことに。(お米が日本のものと変わらないくらいで美味しかったですぴかぴか(新しい)

最後のディナーはジビエで締めくくろうと決めていました手(チョキ)

image.jpg

ジビエはマルシェなどでは売っているのですがそれを気楽においしく食べれるビストロを見つけるのはなかなか難しいので、この写真の、アリーグル市場のお肉屋さんに前日おいしいお店を聞いていました。

教えてもらっていたのが、

image.jpg

”A la Biche au Bois” 森の牝鹿という名前からもおいしそうなジビエが出てきそうな感じですぴかぴか(新しい)

image.jpg

メニューにもジビエの文字がレストラン

店内は古きよき時代の名残がわーい(嬉しい顔)

どんなボリュームか想像がつかなかったので注文は控えめに

image.jpg

前菜はニース風サラダ。これが野菜不足になりがちだったので、うれしかったですぴかぴか(新しい)

そしてジビエは、鹿肉が名物っぽかったですが鹿ジビエはすでに食していたので鳥系でそれぞれ違うもので、

image.jpg

野生のマガモに、

image.jpg

雷鳥exclamation×2

特に雷鳥は熟成具合が抜群に良くてジビエ香と店員さんお勧めのローヌの赤とこの上ないマリアージュぴかぴか(新しい)

ジビエを楽しまれるには”ア ラ ビッシュ オ ボワ ”超お勧めですexclamation×2

(雷鳥、わたくし今回の旅でNO.1のおいしさでしたexclamation×2

場所はリヨン駅から徒歩5分。とても分かりやすいところにあるので探すのも簡単で良いかと思います手(チョキ)

こんな感じのグルメツアーは、前回の時の、下の階への、

DSCN5777.JPG

バスタブのお湯出しっ放し水漏れ事件など大きなトラブルもなく無事終了ぴかぴか(新しい)

最近は食べることが一番勉強になってお店でも活かせるなあとつくづく思うのですが、リヨンのブション ”シェ・ユゴン”で念願の、

DSCN0547.JPG

ディナーが楽しめたことが一番印象的でした。

特にサービスの女性の自分のペースでお客様にサービスする感じを、あれ以来我々は、”ケラケラサービス”と名付け、自分たちもあの雰囲気を作り出せたらなあと目標にしていますグッド(上向き矢印)

またお金をしっかりと貯めてフランス旅行が出来るように仕事を頑張りたいと思います。

はあ〜、旅行の写真を見ていると、早速フランスが恋しくなってきましたdeco49f2942480797[1].gif

お・わ・り

posted by プチット リュ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月26日

今年のテレビでのレシピ総集編!!

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

今年の大きな山場、クリスマス期間が終わりました。ホッとしていますdeco4cb192488ffd4[1].gif

さて、昨日はお昼前の”ちゅらTV ”で今年を振り返る形でありがたいことにわたくしを紹介して頂くコーナーがありましたぴかぴか(新しい)

ちょうどイオンにいたので大画面の前で写真を取りながらTVを見ました目

image.jpg

お料理を担当している3名がとても良い感じで紹介され、その後一人ずつ取材を行ってもらった内容が放送されましたTV

image.jpg

懐かしい激やせした修行時代の写真や、

image.jpg

今回は相方も画面に登場ぴかぴか(新しい)

image.jpg

二人で黙々と仕事をしている図

image.jpg

何かに大ウケしている図

image.jpg

クリスマススペシャルバージョン放送でクリスマスに向けて3名が考えたお料理クリスマス

昨日の放送で良い感じで振り返ってもらったので、ブログでも私の今年一年のお料理を一月から振り返ってみますと、

DSCN0530-2b98f-thumbnail2[1].jpg

1月は、大根の手作りマヨネーズサラダ

DSCN8886-thumbnail2[1].jpg

2月、トマトのファルシ

DSCN0496-thumbnail2[1].jpg

4月、ひじきのソテー プロヴァンス風

DSCN1965-bdfeb-thumbnail2[1].jpg

5月、ゴーヤ入りお米のサラダ

DSCN2895-398d8-thumbnail2[1].jpg

6月、カツオのミキュイ バルサミコのソース

kljolkplk.jpg

7月、島とうがらし入り 白身魚のパピヨット

DSCN0293-thumbnail2[1].jpg

7月、エンサイのリヨン風サラダ

DSCN9385-thumbnail2[1].jpg

9月、グルクンのグジョネット

DSCN9782-ffe40-thumbnail2[1].jpg

10月、きのこバター

DSCN0240-c4f73-thumbnail2[1].jpg

11月、フレッシュハーブのクリームソース

そして今月の、

DSC00291-thumbnail2[1].jpg

田芋のアッシ・パルマンティエでした。

今年も振り返ると沖縄素材を様々な形でご紹介しました。昨日の放送でも説明していましたが、印象に残っているのはグルクンのグジョネットともう一つ挙げるなら、ひじきのソテーです。

グルクンは沖縄の県魚を、うまくその持ち味を引き出せたことと、ひじきは沖縄で採れることを知り、

DSCN0437-thumbnail2[1].jpg

海から刈り取る現場を見に行けたので印象に残っています。お店のメニューでも定番となったメニューもありテレビ用で考えたレシピはお店にとってもプラスでありますわーい(嬉しい顔)

丸2年に渡り、通算20回も出演させて頂きました。放送局に行けば、NHKの皆様はいつも温かくサポートして下さいます。今まで相方と自己流でお店は7年やってきたのですが、チームとして仲間と一緒に仕事をするという貴重な体験をさせて頂いています。

昨日もお店の周辺で「TVを見たよ!!」と2度も言われ、日々その回数が増えてきました。「ありがとう」とお礼を言われることもあるので、これからも機会があればお料理を発信していきたいと思いますグッド(上向き矢印)

皆様に簡単に作ってもらえるのを僕自身がコンセプトにしているので、フードプロセッサーやオーブンを極力使用しないことを心がけています。

また来年もいろいろな沖縄素材をフランス料理に仕上げたいと思いますのでTVでチェックして是非作ってみて下さいね手(チョキ)

さあ来年、記念すべき第1回目は、1月15日(水)午前11時45分からの”ちゅらTV”、そして次の日の18時10分からの”おきなわ HOT eye”での再放送となっています。

来年もよろしくお願い致しまするんるん

posted by プチット リュ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演☆(2010年〜)

2013年12月24日

久米島の伊勢海老!!

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

000043893[1].jpg
明日12月25日水曜日午前11時30分からの”ちゅらTV”拡大スペシャルバージョンsoon
ちょこっと我々が紹介されますぴかぴか(新しい)

DSC00540.JPG

昨日はいつもどおりお休みを頂き、大阪は、仲村わいん工房の今年の新酒と実家から送られてきたお歳暮の黒毛和牛のすき焼きをるんるん

今年ラスト一週間、すきやきパワーで乗り切りますグッド(上向き矢印)

さあ〜、ひ・さ・び・さ・の

DSC00562.JPG

県産伊勢海老deco4ac1cb542be38[1].gif

クリスマスに間に合いましたクリスマス 今回はしかも久米島で獲れたじょうとうむんぴかぴか(新しい) 漁港に朝早く行ったのでプチット リュが買い占めてきましたダッシュ(走り出すさま)

アラカルトでは1尾4000円、お気軽フレンチコースではおひとり様1500円アップでお楽しみ頂けまするんるん

今日、明日は当店は通常通りのメニューですが、

DSC00564.JPG

フランス産のフォアグラも使用したりとちょっと豪華にぴかぴか(新しい)

DSC00566.JPG

パリで買ってきたデセールの飾りもスタンバイしていますdeco49f2942480797[1].gif

それでは楽しいクリスマスをお過ごし下さいクリスマス

Joyeux Noël!! ハートたち(複数ハート)

posted by プチット リュ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2013年12月22日

クリスマススペシャル放送!!

テレビも一年を振り返る特別番組が多くなってきましたねTV 我らがNHK沖縄放送局も来週はスペシャル番組が盛りだくさんるんるん

今年一年お世話になった”ちゅらTV”。お料理コーナーは、1ヶ月を3名で担当しているのですが(野菜ソムリエの徳元さん、お料理教室の吉村さん、そして僕)今回はその人物像に迫るという企画で2分ほど私も紹介して頂けるみたいです。いつもは放送局で生放送ですが、今回はキャスターの大浜さんがプチット リュに来て下さっての収録となりましたぴかぴか(新しい)

昨日の営業前に収録がありました映画

DSC00522.JPG

まずは大浜さんが市場界隈を歩いてプチット リュを発見する場面

DSC00509.JPG

インタビュー形式で私のお料理に対する考えをいろいろと質問されました。

DSC00517.JPG

改めて振り返ると7年前、オープン当初に民放のラジオにも出させてもらったことがあるのですが、その頃と考えていることは変わっていないなあと思いましたひらめき

DSC00529.JPG

今回は、写真で写っているチキンの足の部分の飾りを相方が紹介する場面の撮影もありました。採用になれば、相方”ちゅらTV”初登場ですぴかぴか(新しい)

DSC00531.JPG

今年入社1年目の大浜さんぴかぴか(新しい) 今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)

気になる、昨日の収録は12月25日水曜日午前11時30分からの”ちゅらTV”拡大スペシャルバージョンで放送されますsoon

今から録画のセットよろしくお願いします手(チョキ)

もう一つちらっとフリップを持って無音で映るのですが、”おきなわHOT eye”のコーナーで紹介される

DSC00523.JPG

’2014年 これが私の HOT eye’ なるものを書き込みました、こちらは27日金曜日18時10分からの放送のどこかで放送されるみたいですTV

今年の4月からはお昼の生放送とそれを編集して次の日の夕方にと2回、それを毎月出させてもらっていたので、最近はさらに”テレビを見ているよ!!”と声をかけてくださる方がとても多くなりましたグッド(上向き矢印)

”わかりやすく自宅で簡単に作ってもらえるフランス料理”をこれからも機会がありましたらテレビでお伝えできればなあと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演☆(2010年〜)

2013年12月21日

フランス旅行総集編ーラスト3回ー

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

コートロティを見たいと訪れたヴィエンヌの街。次の日はどうしようと思っていたのですが、コートロティの歩いてしんどかった思いだけではいけないと思ったのと、この街に一軒、二つ星レストランがあることが観光案内所でもらったパンフレットで分かったので、この街にもう一日滞在することに。

朝から街をウロウロしていると、マルシェを発見目

IMGP0598.JPG

緑のチーズはバジルの色です。

IMGP0645.JPG

根セロリ、今回は葉っぱが付いています。

IMGP0602.JPG

チキンの丸焼きぴかぴか(新しい)

旅行の時一度は食べる必須のお料理。今回はローヌ河が見えるスポットで、

IMGP0607.JPG

IMGP0611.JPG

頂きました。朝御飯です。

この、ヴィエンヌはキリスト教と密接に結びつていてとても歴史ある街です。

IMGP0519.JPG

IMGP0656.JPG

街を歩けば教会や劇場、古代の遺跡にたくさん出会います。

紀元前3世紀末から後5世紀後半までのローマによるガリア支配の時期、ガロ・ロマン時代の美術館があるのを発見したので入ってみました。

の前に、この”ガロ・ロマン美術館”に併設されているレストランで、

IMGP0675.JPG

ピザマルゲリータで腹ごしらえ。隣のテーブルを見るとすごい大きさだったので、一枚だけ注文しシェア。

十分の量でしたわーい(嬉しい顔)

そして美術館に。

IMGP0679.JPG

ガロ・ロマン時代の様子のミニチュア。ローヌ河が重要な役割を果たしています。(いつも思うのですがこういう時代にタイムスリップしてこの時代の街を歩いてみたいです。)

IMGP0682.JPG

オリーブオイルやワインを入れた壺。大昔からこの地のワインは生活に根ざしていたのがわかります。

美術館の横には広大な遺跡ゾーンがあります。

IMGP0693.JPG

歴史ファンにとってはたまらない場所です。

夕方までゆっくりとヴィエンヌの街を散策し、夜は朝に予約済みの二つ星レストラン”ラ・ピラミッド”へレストラン

IMGP0758.JPG

image.jpg

ビストロ料理を追求しているのですが、今回は星付きレストランへ一回は行くぞっということでスーツも持参していましたdeco474e9ad915fa1[1].gifdeco474e9ad915fa1[1].gif

IMGP0762.JPG

image.jpg

まずはサロンでシャンパンをdeco4f5e06a4c6a07[1].gif

IMGP0760.JPG

どこだここexclamation&question というくらい非日常な空間ですぴかぴか(新しい)

こちらはホテルレストラン。ビストロとガストロノミーなレストランがあるのですが、今回はガストロノミーへレストラン

食前酒で軽く酔っ払い、レストランへ

IMGP0766.JPG

ワオ〜

IMGP0767.JPG

まずはきのこのスープ

IMGP0769.JPG

前菜は、フォアグラのテリーヌと、思い出の地”コート・ロティ”をこの時飲みたかったので、このワインに合うお料理をリクエストしました。

image.jpg

メニューにはなく、特別に作って頂いた、セップ茸と生ハムのフォンドヴォー仕立て

ワインはといえば、

image.jpg

超レアコートロティ、ピエール・ベネティエールのコート・ロティ

簡単にこのワインの凄さを説明しますと、コートロティの隠された宝とも言えるワインで、彼は決して自分のワインをサロンに出展することはありませんし、(意図的に)ジャーナリストに見せることもありません。彼は、自分自身が喜びを感じるやり方とスタイルを持って見事なワインを造っています。生産量も800ケースととても少ないので、ワインはほとんどすぐに無くなってしまう貴重なワインです。

お味は、エレガントでどこまでも深かったですぴかぴか(新しい)

先ほどのセップ茸とのマリアージュはこの地ならでは、この雰囲気ならでは味わいでしたexclamation×2

メインディシュは、

IMGP0773.JPG

ちょっとオリエンタルなテイストの赤座海老と、

IMGP0775.JPG

乳飲み仔牛のロティぴかぴか(新しい)

IMGP0770.JPG

目の前でお肉をカットし盛り付けてくれまするんるん

デザートは、相方は、

IMGP0778.JPG

レストランデセールの醍醐味、スフレケーキ。この膨らますタイミングが腕の見せ所ぴかぴか(新しい)

僕は、

image.jpg

イチジクづくしぴかぴか(新しい)

フロントでお会計をしていると、厨房からシェフが出てきて下さいましたぴかぴか(新しい)

IMGP0783.JPG

シェフのパトリック アンリルーさん、聞けば日本が大好きだそうで、「フェアーなどで日本にもよく行くよ!!」とおっしゃっていました。「沖縄まで是非足を伸ばしてくださいね。」とプチット リュのショップカードを渡して宣伝もしましたわーい(嬉しい顔)

コートロティー、ちょこっとコンドリュー忘れられないワインの産地となりました手(チョキ)

つづく

posted by プチット リュ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月20日

顔の大きさで表現

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

今日は大きな食材のご紹介ぴかぴか(新しい)

大きいので顔の大きさと比較してみますと、

DSC00471.JPG

ドイツのチーズ、カンボゾーラapp4ab17580a605d[1].gif

個性的な青カビタイプのゴルゴンゾーラを、クリーミーな白カビタイプのカマンベールが包み込んだ。なめらから口あたりで初心者向けのブルーチーズですdeco4a7a69fa8c87c5B15D-89028-thumbnail2[1].gif

2.3kgのの塊ですexclamation×2

そしてもう一つは岡山から届いた、

DSC00473.JPG

あたご梨ぴかぴか(新しい)

とっても瑞々しくて美味しいですよ手(チョキ)

スペインの天空の生ハムでサラダ仕立てにしてお出ししています。是非ご賞味くださいレストラン

金、土、日は既にご予約で満席となっています。ありがとうございます。

夕方17時から19時までの間の軽いご利用だと、若干お席がご用意できますのでどうぞこの時間のご利用よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

いよいよ来週が今年の最終週ダッシュ(走り出すさま)

クリスマスもあり来週もご予約がいっぱいとなってきていますのでご来店の際はお電話でお問い合わせください電話

posted by プチット リュ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のチーズ

2013年12月18日

フランス旅行総集編I

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

*明日木曜日は所用により臨時休業させて頂きますapani4a4c8e496de8a[1].gif

(今週末、金、土、日曜日は、おかげさまで既にご予約で満席となっています。)

それでは、ギュッと凝縮してあと残り3回まできました、旅行記です本

ローヌのワイン銘醸地”コート ロティ”の丘編ですぴかぴか(新しい)

ローヌをなぜ訪れたかったかと言いますと、ローヌの赤ワインはしばしば獣のニュアンスがワインに現れ、この時期のジビエ料理ぴったりだ言われているのでそれを確認したかったからです^_^わーい(嬉しい顔)

交通の便から目的地にしたのは、”コート・ロティ”。アンピュイの町を中心にしたローヌ河沿いの右岸の急斜面がコート・ロティとなります。「焼けた丘」を意味するこの産地は、歴史は古くローマ時代に遡り、「ヴィエンヌのワイン」と呼ばれ、ローマの要人たちに人気があったそうです。(ローマ時代に縁があるのは次の日たまたま訪れた美術館でそれを知ることになるわけですが、それは次回に)

それぐらいの情報を元にリヨン駅から、ヴィエンヌの街を電車で目指すわけですが、
出発時刻がお昼頃だったので、リヨン駅から徒歩5分、三ツ星レストラン”ポール・ボキューズ”のマルシェがあるのを、

DSCN9024.JPG

この日の朝食のマックを食べながら遊んでいたスマホで情報を発見したので、行ってみることに目

住所の画面を携帯に保存し、グーグルの地図で場所を頭に叩き込み、

DSCN9030.JPG

あっさり到着ぴかぴか(新しい)

着いてみてわかったのですが、こちらのマルシェは、屋内のマルシェでとても清潔感の溢れるマルシェでしたぴかぴか(新しい)

DSCN9038.JPG

おいしそうな骨付き肉deco4fe71f046c4f9[1].gif

DSCN9039.JPG

生牡蠣るんるん

DSCN9113.JPG

イートインスペースもありその場で美味しいものも食べれるマルシェです手(チョキ)

DSCN9040.JPG

カラフルなウニ

DSCN9117.JPG

屋内で照明が綺麗に当たって並べられた野菜

DSCN9114.JPG

DSCN9115.JPG

キノコ

DSCN9046.JPG

根セロリや人参のラペがしっかりとあります、お惣菜コーナー

DSCN9049.JPG

野うさぎの煮込みや、

DSCN9050.JPG

鶏のモリーユ茸クリーム煮

DSCN9080.JPG

カエル料理も気軽に売っています。

DSCN9062.JPG

リヨン名物のクネルも茹でる前の状態まで出来上がっていて便利ですぴかぴか(新しい)

DSCN9092.JPG

オードブルもさすが”ポール・ボキューズ”マルシェですぴかぴか(新しい)

DSCN9066.JPG

山羊のチーズ

DSCN9033.JPG

お菓子

DSCN9036.JPG

リヨンの郷土菓子

DSCN9100.JPG

リヨン名物のソーセージ

さすが美食の街を実感していると電車の時間が迫ってきましたダッシュ(走り出すさま)

先ほどの情報くらいしかなく、リヨンから電車で20分、

DSCN9121.JPG

ヴィエンヌの街に到着

ワインツアーが出ているだろうと観光局で尋ねてみると、そんなツアーはなくコート・ロティまでヴィエンヌからは車がないと無理であることが分かり、さらにこの日は、”諸聖人の日”らしく「午後から公共の交通機関がストップしていくよ。」という恐ろしい情報を得ることにがく〜(落胆した顔)

どうしたものかと少し不安になったので、とにかく駅前のビジネスホテル”イビス”に、

IMGP0511.JPG

チェックイン。フロントの方に再度”コート・ロティ”の行き方を聞いていると近くにいたムッシュが助け舟をぴかぴか(新しい)

「歩いていくのは無理だ。時間があるから送るよ。」
どうやら二日間近くでロックコンサートがあり、その送迎車を出してくれるみたいです。

image-fd76f-thumbnail2[1].jpg

気持ちに少しお金を払いたかったのですが、「お金はいらない!写真なら一緒に撮ろうよ!」と言ってくれた一枚です。名前はファンさん。

DSCN9126.JPG

車に乗ること15分

DSCN9132.JPG

E.ギガルの入口まで。祝日なのでもちろん閉まっています。

お腹が空いてきたので、辛うじて開いていたワインショップでオススメのレストランを聞き、

IMGP0417.JPG

向かってみることに。これが恐ろしいウォーキングになるとはまだわかっていませんでした・・・

お店の方曰く、「3分くらいで着いて景色も良い所。おいしいもの食べておいで!ボナぺティ」と笑顔で別れ3分くらい歩いてもまだまだ平坦な道路が続きます。

IMGP0422.JPG

最初は遠くに見える”コート・ロティ”の丘に感動して写真を、

DSCN9149.JPG
(ここでも摘み残しのぶどう、この地のシラー)

IMGP0435.JPG

IMGP0470.JPG

IMGP0460.JPG

IMGP0451.JPG
(コートロティから見た悠久なるローヌ川と新屋健一)

撮っていたのですが、どうもおかしいなあと思っているとずーっと遠くのそれこそ山の頂上に建物を発見。肉眼で見る限り勾配もあるので軽く20分はまだ歩きそうな距離にレストランらしき建物を発見。その時分かりました。
道沿いのワインショップの人は「車で」我々が来たと思って、3分と言ったんじゃ‥

「どうする・・・・?」と相方に相談すると、「進もうや」と。

車も全然通らない山道、辛うじて来た子連れのファミリーの車に止まってもらい事情を説明するとまた車に乗せてくださり(隣りには可愛い赤ちゃんがじーっと我々をみていました)、今度はいらないと言われながらも無理やりお金を渡して、なんとか見えていた山頂に着きました。
しかし祝日のお昼、レストランはお店の人も慌てるくらいのお客様で満席で入れずがく〜(落胆した顔)

こちらで食事をしてタクシーを呼んでもらおうという計画も崩れ、今度は逆方向に降りて行きました。

IMGP0478.JPG

IMGP0448.JPG

そうこうしているうちに、

image-7ea30-thumbnail2[1].jpg

隣のコンドリューまで歩く結果に。「ボナペティ!!」と言われ歩き続けること、2時間半。車でも3分じゃつかないよなぁ。僕は不安に包まれていたのですが、相方は足が疲れたくらいで「少々のことよーなんとかなるよ」と余裕です。

結論。”女性は強し”そして、”コート・ロティ”は「丘」ではなく「険しい山」だということが、はっきりと分かりましたわーい(嬉しい顔)

コンドリューで再び数々の人に帰る方法を聞きまくり、数少ないバスの到着を待ち、ようやくバスがバス停に来た時の嬉しさは今でも忘れません。出会った皆さんはとても親切に親身になって助けてくれましたdeco49f2942480797[1].gif

ヴィエンヌの街に戻ってパン屋さんで買った(お店も祝日でほとんどが閉まっている)

IMGP0555.JPG

ピザを食べたのは夕方の16時。なんておいしいんだ(^○^)

体力を使ったので、夜はヴィエンヌの街のファミリーレストランで、簡単に、

IMGP0570.JPG

ベルギービールと、

IMGP0571.JPG

ムール貝をレストラン

畑をしっかりと身体に刻むこととなったE.ギガルのワインは、

DSC00063-thumbnail2[1].jpg

只今プチット リュで好評発売中ぴかぴか(新しい)

ハーフボトルが2004年、フルボトルが2003年と熟成具合も抜群です。是非デキャンタージュをしてその奥ゆかしさをお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)

つづく

posted by プチット リュ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月16日

フランス旅行総集編H

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

*今週19日木曜日は所用により臨時休業させて頂きますapani4a4c8e496de8a[1].gif

では旅行記はローヌ編です本

今回ローヌを訪れた目的は、ローヌのワインの産地を訪ねたかったのと”ブション”で食事をして、お店にもその雰囲気を取り入れれたらなあということでブルゴーニュからさらに南下しました。

ボーヌ駅を出て、

DSCN0365.JPG

マコンを通り過ぎ、

DSCN0372.JPG

向こうの方に見えるのはボジョレー村です目

電車に揺られてローヌの中心地、美食の街 ”リヨン”に到着。リヨン駅で電車の出発のアナウンスを録画したのですがその様子はプチット リュのフェイスブックをご覧下さい。リズミカルで歌のようでするんるん

DSCN0392.JPG

DSCN0398.JPG

リヨンのメルキュールホテルはモダンで、なんといっても、

DSCN0394.JPG

駅から徒歩2分くらいなので、よく利用しますぴかぴか(新しい)

ホテル到着後、ランチタイムが過ぎていたので、どこかないかなあと探していたら、営業が終わりかけでしたが、「いいよ入っておいで。」と親切に言って下さるお店があったので入ってみました。

DSCN0406.JPG

牛肉のタルタルと、

DSCN0408.JPG

魚のクリーム煮、そしてここで黒板を見て運命の出会いをexclamation×2

DSCN0404.JPG

verreはグラスワインを意味するのですがその横に、FilleteとPotの文字がexclamation&question

フィエットとポはリヨンにしかないワインを入れる容器で、これを手に入れるのもリヨンに来た目的の一つでした。

サービスのマダムに早速「どこで手に入りますか?」と聞いてみると、「ワインショップにあるかもね。」と教えてくれました。

日本でビストロをしていてこれが欲しくてリヨンまで来ましたと説明するとなんとマダムが「これをあげるわ」と、

DSCN0411.JPG

使用しているフィエットとポを1つずつくれました。ありがとうございますたらーっ(汗)

その後リヨンのワインショップでせっせと買い集め、

DSC00092-thumbnail2[1].jpg


こんなに揃い、只今プチット リュでも大活躍していますぴかぴか(新しい)

皆さんに面白いねえと好評なので重たいのを持って帰ってきた甲斐がありますわーい(嬉しい顔)

ランチ後はリヨンの街を散策。

DSCN0417.JPG

こんな面白い看板は和食レストラン

ローヌ川沿いではマルシェがるんるん

DSCN0429.JPG

DSCN0430.JPG

根セロリもゴロゴロ

DSCN0433.JPG

狩猟された鳥

DSCN0436.JPG

この時期は菊の花がたくさんでしたぴかぴか(新しい)

DSCN0443.JPG

陽気なフルーツ屋さん、

DSCN0445.JPG

試食にたくさんくれたのでザクロを購入るんるん

DSCN0453.JPG

ちょっと日が傾いてきました。

DSCN0505.JPG

河に流れ着いた流木にきのこexclamation&question

DSCN0462.JPG

旧市街地の石畳

DSCN0475.JPG

このエリアには”ブション”が数多く点在しています。

DSCN0521.JPG

一旦部屋に戻ると駅もライトアップされていて綺麗です。

そして、念願のブション”シェ ユゴン”を予約し再び旧市街地へ

DSCN0525.JPG

さて ”ブション”は、地元のワインとリヨンの郷土料理が楽しめる庶民的な居酒屋風レストランのことです。

DSCN8179[1].jpg

代表的なメニューは、

・Le parillee Lyonnaise
(パリエ リヨネーズ)リヨン風ハムのパセリ寄せ
・Salade Lyonnaise
(サラダ・リヨネーズ)リヨン風サラダ
・Quenelle de brochet
(クネル・ド・ブロシェ)川カマスのすり身 
・Andouillette à la Ficelle
(アンドユイエット)牛の内蔵のソーセージ 
・Tablier de Sapeur
(タブリエ・ド・サプール)牛胃のフライ 
・Saucisson chaud pistaché en brioche
(ピスタチオ入りセルヴェラ)リヨン風ソーセージ

などなどでボリュームたっぷり出てくるのが特徴です。

で、”シェ ユゴン”は、

DSCN0542.JPG

赤のギンガムチェックも特徴的で、プチット リュは”ブション”の雰囲気を意識していますわーい(嬉しい顔)

DSCN0544.JPG

メニューはリヨンの郷土料理が手書きで書かれています。

DSCN0552.JPG

店内には、”シェ ユゴン”もバッチリ載っている、日本の本も飾られていましたぴかぴか(新しい)

DSCN0554.JPG

前菜にリヨン風ハムのゼリー寄せとレンズ豆のサラダ。ワインはE.ギガルのサンジョゼフをレストラン

メインは、

DSCN0561.JPG

名物、タブリエ・ド・サプール(トリッパのカツレツ) 早速お店でも再現しました手(チョキ)

DSC00150-thumbnail2[1].jpg

仕入れたトリッパが完売したのでまたローヌフェアーをするときにご賞味くださいexclamation×2

DSCN0562.JPG

そしてこれまたリヨン名物のクネル 巨大な魚のはんぺんを濃厚なアメリケーヌソースで食べる感じです。

DSCN0564.JPG

手が空いてきたのでマダムと一緒にカメラ

ブション料理、とっても参考になったのですが、このお店でさらに良いなあと思ったのはサービスでしたぴかぴか(新しい)

DSCN0566.JPG

サービスの彼女はお客さんととてもフランクに接していました。時にはベンチシートのお客さんとお客さんの間にどかっと座って両サイドの注文を取っていたりと、なかなかここまでは出来ませんが、彼女がテーブルに行くと、

DSCN0572.JPG

みんな笑顔がこぼれていましたわーい(嬉しい顔)

DSCN0570.JPG

リヨン名物のデザート”プラリネのタルト”を食べながら、じっくり観察目

DSCN0573.JPG

せっかくなので記念写真を。彼女はカメラを向けるとよく笑うので、ブレた写真しか取れませんでしたわーい(嬉しい顔)

”ブション”のとても良い余韻に浸りながら、

DSCN0599.JPG

彼はローヌ河の夜霧に消えて行きました・・・・・ ホテルに帰るだけやんexclamation×2

”シェ ユゴン”のHP⇒http://www.bouchonlyonnais.fr/
posted by プチット リュ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月15日

フランス旅行総集編G

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

*来週19日木曜日は所用により臨時休業させて頂きますapani4a4c8e496de8a[1].gif

12月もどんどん過ぎて行きますダッシュ(走り出すさま) お店も週末は特に混み合っていてお断りすることが多くなってきました。忘年会は平日も是非ご検討下さ〜いわーい(嬉しい顔)

では、旅行記です本

今日はブルゴーニュ、ローヌ、パリを訪れた今回の旅行の最初の土地ブルゴーニュの最終日の様子です。

ルイ・ジャド社でのテイスティングを終えしばし部屋で休憩。だいたいホテルはチェーン店で予算を抑えその分食費に充てるのですが、こちらのホテルは友人ということもあり予算を投入します。

このホテルのスィートルームぴかぴか(新しい)

DSCN0070.JPG

DSCN0091.JPG

DSCN0086.JPG

DSCN0084.JPG

DSCN0073.JPG

使い切れないソファーがあるくらい広い部屋で、部屋からの景色は、

DSCN0075.JPG

DSCN0080.JPG

ショーレ・レ・ボーヌのぶどう畑ビューですdeco4cc1aafc6f70a[1].gif

少し休んでぶどう畑を回るように自転車を頼んでいたので、

DSCN0108.JPG

しゅっぱ〜つグッド(上向き矢印)

DSCN0119.JPG

風が気持ちいいでするんるん

DSCN0138.JPG

DSCN0184.JPG

目の保養になります目

途中、

DSCN0145.JPG

こんなに育ったきのこや、

DSCN0164.JPG

前回マダムシャンボンに教えたもらった”pie・ピー(かささぎ)”、

DSCN0181.JPG

わたくし目が良いのでよく見つけるのですが、道で歩いていた昆虫など楽しいサイクリングです。

DSCN0166.JPG

途中寄った村の小さなお店でも、さすがフランス、

DSCN0169.JPG

ショーケースには、仔牛のクリーム煮やズッキーニのグラタンなども売っていますぴかぴか(新しい)



ぶどう畑は剪定の時期。機械で剪定していますが、すごい迫力ですexclamation×2


ぶどう畑ではいろいろな出会いがありますが、前回の旅行では、

wt73[1].jpg

今発売中のワイナート最新号で4ページにも渡って取り上げられている、”ドメーヌ・アルロー”の、

DSCN7556.JPG

ベルティーユさんと出会えたりるんるん ワイナートでも書かれていますが、馬で耕す彼女を見たときは



”この人は、大地と自分の体で向き合っているのだなあ”と感動したのを覚えていますたらーっ(汗)

旅行でワインの産地巡り、お時間がありましたら是非exclamation×2

しっかりとテロワールを感じたあとは、ホテルに戻ってディナーですレストラン

レストランはミシュランでも紹介されているほどで、

image.jpg

シェフ シラーさんのお料理は力強くて美味しいですぴかぴか(新しい)

DSCN0265.JPG

食前酒に、サヴィニー・レ・ボーヌとモンタニーのプルミエを飲みながら、

DSCN0254.JPG

メニュー見て何を食べるか作戦会議。我々の意見は一致し前菜を飛ばして、メインディッシュを2品。

いつもは必ず別々のものを注文するようにしているのですが、ここだけは一緒のものを手(チョキ)

DSCN0277.JPG

ブルターニュ産オマールぴかぴか(新しい) 値段を考えるとパリでは高嶺の花ですが、ブルゴーニュ価格、オマール一尾を存分に味わえましたdeco4ac1cb542be38[1].gif

そしてお肉料理は、

DSCN0285.JPG

DSCN0290.JPG

相方はきのこのソースがふんだんなシャロレー牛のステーキレストラン

私はジビエを攻めますグッド(上向き矢印)

DSCN0282.JPG

野うさぎの血入り煮込みレストラン

味わいはなかなかワイルドだぜ〜pict4fca286fa0cec[1].gif

合わせたワインは、ピュリニーモンラッシュからコート・ド・ボーヌのワインばかりだったので、最後はコート・ド・ニュイのワインをdeco4b8108b14ee17[1].gif

DSCN0262.JPG

ジャングリヴォ ヴォーヌ ロマネ オーブリュレぴかぴか(新しい)

畑の場所は、

map_romanee_00[1].jpg

ロマネ・コンティのとなりのとなりのとなりわーい(嬉しい顔) (ワイン辞典より抜粋)

力強〜いワインでありながらとても瑞々しい味わい。この日のお肉料理にバッチリ手(チョキ)

メインディッシュにはリゾットとじゃがいもが付け合せで付いていてお腹も超満腹に。そんなわけで、

DSCN0294.JPG

「チーズはいかがですか?」と満面の笑みでお勧めいただきましたが、

DSCN0293.JPG

ブルゴーニュ産のチーズ エポワスも美味しそうでしたが、頂いたチーズは、

DSCN0295.JPG

こんな感じで、チョビッとあせあせ(飛び散る汗) 

DSCN0297.JPG

デザートも控えめにソルベを。そしてコーヒーを頼むと、

DSCN0298.JPG

ワオ。お腹いっぱい、御馳走様でしたわーい(嬉しい顔)

DSCN0306.JPG

月が綺麗です。

DSCN0308.JPG

早朝は静寂の中に、聞いたことのない鳥の鳴き声だけ。

DSCN0340.JPG

そして朝になると、また食欲は全開です。朝ごはんはクレマン・ド・ブルゴーニュ(スパークリングワイン)と一緒にぴかぴか(新しい)

DSCN0355.JPG

ホテル、エルミタージュ・コルトン、前回は、シャンボンファミリーが、

DSCN8116.JPG

勢ぞろいぴかぴか(新しい)

image.jpg

今回は相方、マダムからディジョンのマスタードをお土産にもらっていましたプレゼント

エルミタージュ・コルトン アットホームでちょっとリュクスなホテルですぴかぴか(新しい)

ブルゴーニュに行かれる際は是非︎

posted by プチット リュ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月14日

フランス旅行総集編F

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

*来週19日木曜日は所用により臨時休業させて頂きますapani4a4c8e496de8a[1].gif

それでは、先月のフランス旅行記、今朝は時間が取れましたのでボリュームたっぷりとぴかぴか(新しい)

”黄金の丘&ルイジャド社編”です手(チョキ)

DSCN9965.JPG

ご馳走を食べても朝になればちゃんとお腹が空いています。ホテル”レポーラン”の朝食レストラン

シンプルですがそれぞれの素材が美味しくて、さすがフランスな朝ごはんぴかぴか(新しい) 寝ぼけています、ヨーグルトの向きが逆ですあせあせ(飛び散る汗)

食後は、ワイン好きにはたまらないブドウ畑の散策へ

DSCN9821.JPG

未だ所々に積み残しのぶどう(ピノノワール)がちらほらあるブドウ畑deco4cc1aafc6f70a[1].gif

歩いているとしばらくするとどこからともなく、

DSCN9833.JPG

猫ちゃん登場exclamation&question あんた毛並み良いね〜

DSCN9872.JPG

どんどんと、

DSCN9883.JPG

縦横無尽に進んでいきます。

しばらくすると太陽が昇ってきました晴れ

ブルゴーニュは、なだらかな丘がずっと続いているのですが、今いるコート・ド・ボーヌと”ロマネ・コンティ”などの畑があるコート・ド・ニュイを総称して、コート・ドール=黄金の丘と呼ばれています。

この言葉を習ったときは、’ちょっと良いように言い過ぎやわあ’と内心で思っていたのですが、

DSCN9856.JPG

太陽が昇りはじめのこの時期、まさにそこは、

DSCN9890.JPG

黄金の丘でしたぴかぴか(新しい)

DSCN9855.JPG

ちょうど太陽が昇りはじめのこのタイミングが一番、黄金色でしたぴかぴか(新しい)

DSCN9901.JPG

いやいや、あんたまでそんなカッコつけんでも・・・・

DSCN9932.JPG

綺麗なブドウ畑でするんるん

ブドウ畑を堪能してホテルへ戻る途中の小川では鴨がいっぱい



動画で。今はジビエの時期、道を歩いている人に、「この鴨は食べたりするのですか?」と質問してみると、「この鴨は食べないのよ。」と親切に教えてくれました。

さてホテル”レ・ポーラン”を出発し、車で3分、次の宿”エルミタージュ・コルトン”に

DSCN9966.JPG

到着ぴかぴか(新しい) このホテルはオーナーのシャンボン夫妻(我々と同い年)と友達なのでブルゴーニュに来たら必須の宿ですぴかぴか(新しい)

着くと早速ムッシュシャンボンが、「ジャドーに行くかい?」と聞いてくれました。「ジャドーってルイジャドー?」と聞くと「そうだよ。」と。

ワイナリー巡りはアポなしでどこかに行こうかなあと無謀なことを考えていたので、シャンボンの誘いはグッドタイミングでもちろん参加させて頂きまするんるん

途中ボーヌのワインショップの方と合流して、

DSCN0063.JPG

日本でもおなじみですね、ボーヌ郊外に位置するルイ・ジャド社に到着車(RV)

DSCN9977.JPG

シャンボン夫妻と記念撮影。ちょっと遠いかな。

まずはステンレスタンクエリア

DSCN9983.JPG

綺麗ですぴかぴか(新しい)

DSCN9979.JPG

作業している人も。

DSCN9982.JPG

今年収穫したばかりのポマール

DSCN9986.JPG

次は樽熟成のエリア。ルイジャド社の方の説明は、どんどん続きます。

DSCN9993.JPG

畑も見ました。特級畑が樽で眠っています。

DSCN0001.JPG

年、村によっては、収穫量が少ない時もあり、広大な畑を所有するルイジャド社でも、2012年ルイジャド社の”ミュジニー”はこの2樽だけだそうです。愛おしかったので樽を撫でてきました。

DSCN9995.JPG

ルモンタージュ中。わたくし、ワインを造る人を尊敬していますぴかぴか(新しい)

DSCN9997.JPG

一緒に記念写真カメラ

さあ試飲が始まりましたdeco4b8108b14ee17[1].gif

DSCN0021.JPG

DSCN0023.JPG

こんな感じで樽からスポイトで取り、

DSCN0018.JPG

テイスティングをぴかぴか(新しい)

シャンボンとワインショップの方がいたので、通常のテイスティングでは考えられないくらいの種類をテイスティング

DSCN0035.JPG

DSCN0044.JPG

こんなワイン達もキャラクターの一つとして捉えているので、うらやましい環境ですわーい(嬉しい顔)

カーヴでのテイスティングを終え、ショップコーナーでも試飲は続きました。

DSCN0049.JPG

DSCN0053.JPG

シャンボンに感想を聞いてみると、「今日は比較的若いヴィンテージのワインの試飲だったので、まだまだタンニンが固め。最低でも5年は熟成させたいね。」とわーい(嬉しい顔)

DSCN0067.JPG

外で堆肥用に積み上げられたぶどうの搾りかすを見ながら、’それぞれの村のキャラクターは味わえたけど、やっぱり ワインは奥が深い!!’と納得の試飲となりました。

テイスティングの種類がすごかったので、宿に戻ってこの日のお昼は、一つしか持ってこなかった、

DSCN0099.JPG

非常食投入ですあせあせ(飛び散る汗)

つづく
posted by プチット リュ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月13日

フランス旅行総集編E

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

年内に旅行記が終われるようがんばりますグッド(上向き矢印)

ボーヌの街を、

DSCN9735.JPG

暗くなるまで散策したので、駅からタクシーを呼び、(日本と違って小さな駅だと駅前にタクシーが待っているということはほとんどないので、タクシーは呼んだ方がベターです。)

ホテルへ車(RV)

そしてホテル内のレストランへ。このレストランはこじんまりとしているのですが、宿泊客がジーンズでリラックスして、でもしっかりと郷土料理が味わえるのでボーヌ市内から離れて不便ではありますが、ブルゴーニュに来たらたいてい一泊はこちらに宿泊します。

メニューはこんな感じですぴかぴか(新しい)

DSCN9742.JPG

ブルゴーニュの郷土料理が並んだ前菜や、

DSCN9744.JPG

どれも食べたくなるメインディッシュレストラン

好きなものをそれぞれチョイスした結果、

DSCN9752.JPG

定番ですね、エスカルゴのブルゴーニュ風

DSCN9753.JPG

エクルビスのパイ包み クレマン・ド・ブルゴーニュの風味で

ところでエクルビスとはザリガニのことですapani4bd35d674c62d[1].gif

味わいは、クセもなく、

DSCN9756.JPG

淡白なエビといったところでしょうか。食べやすくてオススメですよわーい(嬉しい顔)

メインディッシュは、相方は王道の、

DSCN9764.JPG

牛肉の赤ワイン煮ぴかぴか(新しい)

そして僕はジビエの、

DSCN9763.JPG

鹿肉のステーキぴかぴか(新しい)

DSCN9766.JPG

良い感じですねるんるん

さてワインは今回は一級をチョイス

DSCN9745.JPG

こちらのホテルは、ネゴシアンとして”レ・ポーラン”ブランドでコート・ド・ボーヌのいろいろなワインが楽しめます。たまにこの地ならではの掘り出し物のオールドヴィンテージがあったりするのでワインリストは要チェックです目

モンテリー プルミエのヴィンテージ2006は、深く紅い果実が、絹のように滑らかに柔らかくいつまでも余韻がつづく秀逸なワインでしたdeco4b8108b14ee17[1].gif

ふとグラスの下を見ると照明の具合で、

DSCN9760.JPG

ハートマークがハートたち(複数ハート)

デザートには、

DSCN9769.JPG

マカロンと、(マカロンの親分がいますexclamation×2

DSCN9771.JPG

クレームブリュレ 上に載っているのは時期になれば当店でもお出ししている食用ほおずきですぴかぴか(新しい)

ホテル ”レ・ポーラン”はラドワセリニー村の一級畑 ”レ・ポーラン”に、

DSCN9531.JPG

こんな感じで囲まれた立地です。そんなわけで食事の時に飲み残したワインは、バースペースで

DSCN9784.JPG

月明かりに照らされたブドウ畑を見ながら楽しむこともできます三日月

ブドウ畑のさわさわという風の音を聞きながら熟睡眠い(睡眠)

DSCN9807.JPG

朝が来て向こうにはコルトンの丘が見えています時計

つづく
posted by プチット リュ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月12日

長〜い一日が、

終わりました。朝7時から準備をしてお店の営業が終わって只今帰ってきました家

昨日の生放送もNHKの皆様と相方のおかげで、

DSC00462.JPG

おいしそうな一品を紹介することが出来ましたわーい(嬉しい顔)

見逃したっexclamation×2という方は、

今日の夕方、”おきなわ HOT eye"で(多分18時半頃)に編集されたものが放送されますのでそちらをチェックしてくださいね目

では眠い(睡眠)

posted by プチット リュ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演☆(2010年〜)

2013年12月11日

大学時代のクラスメート

DSC00421.JPG

大学時代のクラスメートが伝統ある京都の茶筒メーカーを継いだのですが、先ほど全国のNHKで紹介されていましたぴかぴか(新しい)

びっくりexclamation×2

茶筒にご興味のある方、よろしくお願いします⇒http://www.kaikado.jp/

では、沖縄の皆様、11時45分にNHK沖縄の放送でお会いしましょう手(パー)

posted by プチット リュ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月10日

”田芋のアッシ・パルマンティエ”

おはようございます!! 寝るってすごいですね。起きればまた新しい一日が始まります。今日も一日頑張リま〜すグッド(上向き矢印)

さあ明日は恒例のNHK沖縄でのお料理紹介ぴかぴか(新しい)

今回で節目の20回目手(チョキ)

ご紹介する食材は、沖縄ではお正月に大活躍の、

DSC00253.JPG

田芋ぴかぴか(新しい)

この田芋を使って、

DSC00291.JPG

”アッシ・パルマンティエ”を作りたいと思いますTV

田芋が以外にあっさりとした味わいだったので、コク・旨みを重ねていくレシピを考えましたひらめき

大量に作れば、パーティーの時も大活躍deco4b8108b14ee17[1].gif

あす水曜日午前11時45分から生放送るんるん

000043893[1].jpg

今年最後を締めくくるは大浜キャスターぴかぴか(新しい)

テンションアゲアゲでお伝えしたいと思いま〜すグッド(上向き矢印)

話はかわりまして、原田さんデザインのプチット リュのロゴぴかぴか(新しい)

只今試し刷りも終わりましたが、ありがたいことに原田さんの監修のもと最終段階の印刷にむけて只今進行中でするんるん

一生ものですので只今じっくりと作っています。もう少しお待ちくださいねわーい(嬉しい顔)

同じデザインをお店の外の看板に取り付け予定ですがこちらも既に原田さんがレイアウトを考えてくれていますぴかぴか(新しい)

ワクワクるんるん

image.jpg

特許庁には既にデザインの商標登録出願済みですぴかぴか(新しい)

日本でオンリーワンなロゴ、来年になりますが、お楽しみに〜soon


posted by プチット リュ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演☆(2010年〜)

2013年12月07日

フランスのCD

DSC00174.JPG

フランスで買ってきたCDぴかぴか(新しい)

営業の後半は、フランス版クリスマスソングが最近かかってま〜すクリスマス

本日そして、特に明日日曜日がご予約でいっぱいとなっていますので来週からのご来店お待ちしていま〜すわーい(嬉しい顔)


posted by プチット リュ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2013年12月05日

フランス旅行総集編D

年内の営業は12月29日までです。1月6日まで帰省の為お休みを頂きます。来年は1月7日からの営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

まだまだ書ききれていません、旅行記です。

フランスワインで好きな産地ブルゴーニュ。電車で行くとブルゴーニュの玄関口となる、

DSCN9731.JPG

ボーヌ駅。徒歩で街の中心へ行くと、ホテルやレストラン、ワインのドメーヌなど楽しい街となっています。今日はその街の様子を。

DSCN9555.JPG

秋は菊の寄せ植えがとても綺麗ですぴかぴか(新しい)

DSCN9570.JPG

紅葉も絵画のように美しいでするんるん

ボーヌの本屋さんでは、日本のワイン漫画、

DSCN9546.JPG

神の雫の

DSCN9548.JPG

フランス語版も全巻揃っていたりもしますぴかぴか(新しい)(表紙の装飾が日本のものより立派になっていますexclamation×2 一冊買ってきてお店にありますので手にとってご覧下さい目

DSCN9621.JPG

デキャンタもこんな凝ったものもあります。

DSCN9560.JPG

カフェのテラス席は大人気のフランス。

DSCN9562.JPG

見た目も美味しそうなフランス菓子ぴかぴか(新しい)

ワインと、

DSCN9633.JPG

DSCN9637.JPG

DSCN9640.JPG

こんなお惣菜があれば持ち帰ってホテルで食べるのもまた楽しいかと思います。(奥には当店でお馴染みの人参のラペや根セロリのサラダもあります。)

街を散策しているとお腹が空いてきたので、朝のタクシーの運転手さんオススメの、

DSCN9573.JPG

こちらのレストランへレストラン

地下の、

DSCN9619.JPG

昔ワインカーブだった場所を利用したスペースはブルゴーニュに来たぞという雰囲気たっぷりですぴかぴか(新しい)

お料理は、

DSCN9577.JPG

トラディショナルコースをチョイス

DSCN9576.JPG

ちょっとおしゃれに、クレマン・ド・ブルゴーニュとグジェール

前菜は、

DSCN9593.JPG

海老のサラダ 濃厚なドレッシングがランチから出てきます。おいしい〜るんるん

DSCN9595.JPG

あんこうのリゾット (早速米が恋しくなっていますあせあせ(飛び散る汗)

DSCN9598.JPG

で、フランスに来たら一回は食べておきたい、仔牛のステーキ。きのこのソースがこれまた濃厚わーい(嬉しい顔)

DSCN9601.JPG

ボーヌは世界中からワイン好きな観光客でいっぱい。後ろのアメリカ人とフランス人のグループも陽気にブルゴーニュワインのボトルを次々と楽しんでいました。いい雰囲気でするんるん

さてチーズは、この地の、

DSCN9604.JPG

エポワス。ブルゴーニュのマールで風味付けされたウォッシュチーズ。熟成具合が最高です手(チョキ)

締めのデザートは、

DSCN9611.JPG

ウフ・ア・ラ・ネージュと、

DSCN9613.JPG

サラダ・ド・フリュイ

DSCN9616.JPG

コーヒーも頂いて大満足のコース料理でした。

DSCN9578.JPG

食事と楽しんだワインは当店でもお馴染みの作り手さん、ブシャールペールのサヴィニー・レ・ボーヌのプルミエ。(タクシーの運転手さんのお話を聞いていると1級が飲みたくなったので)

御馳走様でしたわーい(嬉しい顔)

つづく

posted by プチット リュ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行2013

2013年12月04日

大阪野菜

大阪から父が育てた無農薬野菜が到着ぴかぴか(新しい)

先日帰った時の畑の様子カメラ

DSC00020.JPG

レタス

DSC00028.JPG

じゃがいも

DSC00031.JPG

ポワローがあれから育ち、

DSC00275.JPG

ポワロー 自分で育てれば高級野菜ではなくなります手(チョキ)

DSC00281.JPG

新じゃが メインディッシュの付け合せで新ジャガのローストで

DSC00282.JPG

そして柚子ざくろぴかぴか(新しい)

ストレスのかかっていないお野菜は本当に味が違いますexclamation×2

是非プチット リュで野菜をいっぱいお召し上がりくださいレストラン

さて野菜をせっせと作っては週に一度届けてくれる父はなんと若かりし頃10数年アルゼンチンで暮らした経歴を持ちますdeco4cc46a7522c71[1].gif 仕事でアルゼンチンで農業をしたこともあり、大阪の家庭菜園ではその力を持て余すほどですわーい(嬉しい顔)

DSC00026.JPG

南米系のスペイン語はペラペラ。今も会話の端々で、”だから ”を意味する ”Y”「イー」という言葉はよく出てきますぴかぴか(新しい)



posted by プチット リュ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材