2016年03月30日

だいぶ沖縄らしい気温に

なってきました。海が青くなってきました。

連休初日、朝から”日本の国は〜一都一道ふたつの府〜覚えちゃおうっ!”て歌っていたら相方が「何の歌?」と聞いてきたので検索してみると、

⇒”県庁所在地早おぼえ歌”なる学研の教材でした。

懐かし〜で始まった定休日は、海が見たくなり中部の海中道路へ車(セダン)

12919734_457355924472092_8187783498576850095_n[1].jpg

海中道路へたどり着く手前が干潮でものすごく引いていたので、早速磯遊びるんるん

DSCF3880.JPG

DSCF3869.JPG
(この写真は次の日の糸満方面です)

海中道路の干潟では、

DSCF5706.JPG

ウミウシ

DSCF5709.JPG

DSCF5715.JPG

海藻の新芽

DSCF5717.JPG

伊勢海老の子供!?

DSCF5723.JPG

すぐ手の平から逃げていきます。

DSCF5728.JPG

毛ガニ

DSCF5732.JPG

タカセ貝の子供

そして最初は気づかなかった”コメツキガニ”

ぼ〜っと海を5分ほど眺めいていたら、



出てくる、出てくる!!



せっせと何か食べてます。



臆病なのですぐに砂に隠れます。

生き物たちが活動を活発化させているのを実感する磯遊びでしたわーい(嬉しい顔)

昨日は、デパートリウボウで始まったばかりのイタリア展へdeco4bb233eb0a401[1].gif

DSCF5764.JPG

ラ・ベットラの’新鮮なウ二のスパゲティ’ 濃厚な味と麺のアルデンテおいしかったです。

DSCF5760.JPG

2010年のピザの世界大会で一位になった’ソロピッツア’のピザ、生地の風味と塩梅が良くメチャうまでした。

DSCF5766.JPG

ジェラートに、

DSCF5813.JPG

カフェラテを飲んで完成したのですが、ちょっと気になる生ハムワインバーを、

DSCF5770.JPG

発見目

DSCF5772.JPG

プロセッコにシチリアのシャルドネ、生ハムハーフサイズ(600円)を何気なく頼んでみるとなんと塊からスライスをぴかぴか(新しい)

DSCF5805.JPG

DSCF5795.JPG

食べてみるとそのお肉のおいしさと、程よい塩加減の生ハムのおいしさにびっくりexclamation×2

話を聞くとそのおいしさの秘密がわかってきたのですが、こちらはワイン輸入会社が飯田橋に作ったイタリアンレストランの方が出張して展開しているみたいで、”ルッコリーナ

DSCF5786.JPG

生ハムは”サンニコラ社”の2年熟成のパルマ産生ハム。そのサンニコラ社は他の会社と違いサラミやソーセージなどは作らず、生ハムに特化して作っているそうで、さらには、標高630メートルにある森の中に工場があり自然豊かで空気のおいしい場所で、高品質な生ハムを作っているそうです。
ローマ時代からの伝統的な製法を守り、パルマ地方独特の自然条件により、現在でも空気と塩のみで熟成されたハムは香り高い高品質なハムとなり、大自然の空気とその中に含まれる微生物のみで熟成させているそうで、保存料や硝酸を使用せずシチリア産の海塩のみで作られた生ハムはとても柔らかく、口の中で溶けてしまいそうなジューシーさが特徴ですよ!と熱く説明してくださいましたぴかぴか(新しい)

テイクアウトもできるみたいなので、そんな説明を聞くと欲しくなりますよね。

DSCF5810.JPG

1080円。お値打ち価格です!!

DSCF5782.JPG

ワイン輸入会社が運営しているだけありお勧めのワイン(バルベーラ)は特に生ハムと合っていましたdeco4b8108b14ee17[1].gif

イタリア展は来週の月曜日までで〜すdeco4bb233eb0a401[1].gif

さて今日から一週間の始まりです。しっかり休養して、フランス版ピザやフランスバスク地方の香辛料を使った新メニューの試作から開始です。今週もよろしくお願いしますapani4a4c8e496de8a[1].gifapani4b7e935acc98f[1].gif
posted by プチット リュ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2016年03月27日

新生活☆

ご無沙汰しております手(チョキ)

今月は、月初から忙しくさせて頂き特に先週は今年一番の忙しさで、ブログ更新のパワーを使い果たし、更新が滞りましたあせあせ(飛び散る汗)

3月、お店では送別会をされるお客様も多く、素晴らしいスピーチを聞くたびに、全然その組織に属していないのにじ〜んと感動することが多かったですぴかぴか(新しい)

毎年、新天地へと移られる方を見送るばかりで、寂しくなりますが、益々のご活躍をお祈りしていますぴかぴか(新しい)

そしてまたお会いできる日を楽しみにしていまするんるん

新生活”、プチット リュ的には、一年間お世話になった”フレンチ・デリ”が終了し、今はレストラン一本、原点に帰ってきましたダッシュ(走り出すさま)

今まで以上に全エネルギーをレストランに注ぎ、快適な空間作りに頑張りますグッド(上向き矢印)

身内的には、相方の従妹が長崎の大学へ進学することとなり、関西・中国地方に加えこの春からは九州圏にもゆかりが出来ましたわーい(嬉しい顔)

(個人的には)九州グルメツアー、未知の味との出会いが楽しみでするんるん

 さてお店では早速、旅行ガイドブックにも、

DSCF5656.JPG

取材に来て頂きました。旅行者の時は、文章だけの小っちゃな情報で民宿を探したり、そんなことを考えると自分のお店を取り上げて頂けるだけでありがたい話ですapani4a4c8e496de8a[1].gif

6月頃の発売で、今回は取り上げて頂いたテーマが興味深かったのでお楽しみに〜本

食材では、沖縄の、

DSCF5682.JPG

新じゃが
が登場していますぴかぴか(新しい)

ガレットでお出しした時に北海道のお客様が「シャキシャキしていておいしいね!」と北海道のジャガイモと比較して沖縄のジャガイモを喜んで頂けたのですが、沖縄の新じゃが、品種は”ニシユタカ”、甘くて加熱しても煮崩れず、シャキシャキした食感が特徴でおいしいですぴかぴか(新しい)

今回は島生姜も繊維が、

DSCF5676.JPG

ほとんどなく、

DSCF5685.JPG

上等なコンフィチュールが出来たと相方が喜んでいましたるんるん

島の恵みに感謝ですわーい(嬉しい顔)

今日も夕方17時から営業ですレストラン

今日はお席に余裕があります。おいしいテーブルを囲んで楽しい時間を是非お楽しみくださいexclamation×2

posted by プチット リュ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2016年03月17日

島野菜!!

image.jpeg

宜野座村のベビーリーフに、

image.jpeg

赤ピーマン、ズッキーニ、茄子、全て沖縄野菜で作ったラタトゥイユ、

image.jpeg


「こんなのも使うんだ!」と市場の人に少し驚かれた、ヨモギ。

島野菜がおいしい季節です!!

iPhoneより投稿
posted by プチット リュ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2016年03月16日

ふぐとワインのマリアージュ

おはよございます時計

今日は曇り空、気温は20℃を超えてきそうですが朝はまだ冷やっとする感じです。昨日はニュースで’万座ビーチリゾート’が海開きってニュースが流れていたのでもうすぐ暑くなってくるかとリゾート

この休日はふぐ三昧apani4b1b4b555fa61[1].gif

ふるさと納税で申し込んでいたふぐがタイミング良く休日に届いたのでぴかぴか(新しい)exclamation×2

DSCF5536.JPG

沖縄は”あばさー”(ハリセンボン)は食す文化があるのですがなかなかとらふぐは見かけないので今年はこの品をチョイス手(チョキ)

南あわじ市の3年とらふぐ

淡路島は福良湾で3年育てられたブランドのとらふぐみたいで食感が噛みごたえがあり筋肉質なふぐでとっても美味でしたぴかぴか(新しい)

DSCF5543.JPG

届いた量が1sで明らかに二人ではもてあましそうなので、一日目は”てっちり”、二日目は、フグの鉄板焼き&から揚げ&グラタンに手(チョキ)

なかなか沖縄では食べる機会がなかったのでワインとのマリアージュも追及してみましたdeco4b8108b14ee17[1].gif

DSCF5556.JPG

用意したワインは左から、山梨・グレイス甲州(甲州)、大阪・さちこ(甲州、デラウエア、リースリング)、フランス・サヴォワ地方(ジャケール)、フランス・ラングドック(ソーヴィニヨンブラン、ヴィオニエ)、フランス・ブルゴーニュ(シャルドネ)ですぴかぴか(新しい)

一日目のてっちり

DSCF5564.JPG

日本のワイン2種類を前者と海外のワインを後者に分けると、てっちりの要素(シンプルな昆布だしでポン酢と薬味)には日本のワインが見事なマリアージュを起こしていましたぴかぴか(新しい)

鍋で茹でると、思いのほかフグの身は淡白で上品な味わいで、それだけで存在感を表すフランスのワインはふぐの風味に勝っていました。

今回チョイスした、日本ワインの銘柄の違い、印象として、

DSCF5574.JPG

陽(大阪・仲村ワイン)、涼(グレイスワイン)のイメージのワインは、どちらもそれぞれの良さがフグの風味を引き立ててくれていました。

仲村ワインのさちこは、球体の柔らかいニュアンスで、グレイス甲州は凛としたきれいに伸びる酸がポン酢と合っていて、両社に共通していたのは、繊細さ。

ふぐの繊細さに最初から最後までずっと寄り添い、強い主張をするわけでもなくでも芯の強さですべてを包み込んでくれるような印象でした。

和食に日本ワインexclamation×2 強烈にそれを印象付けられる結果となりました。(わたくしの個人的な感想です。)

DSCF5583 (2).JPG

〆の雑炊おいしかった〜レストラン

さて二日目、前日の印象から、フグをもう少し、

DSCF5612.JPG

DSCF5631.JPG

DSCF5621.JPG

DSCF5613.JPG

焼いたり、揚げたり、ふぐの白子をグラタンにしたり、少しフランスワインとの相性を知りたくていろいろと用意していましたるんるん

前者の日本ワインは前日と変わらずそれぞれの要素と寄り添っていました。フランスのワインは、この日は様々な要素とマリアージュ。素材の焦げたニュアンス、ポン酢より濃厚となった焼肉のタレのスパイシーさ、生クリームやチーズのとても強い素材とまず反応し中盤からフグの風味をもう一度呼び起こしてくれるマリアージュ。

いろいろなボールに対して力で振りぬき一気にホームランになるような印象でしたぴかぴか(新しい)

サヴォワとグラタンのクリーミーなチーズと白子、上品な樽香と果実の旨味がじわじわと口に広がるブルゴーニュとこれまたグラタン&から揚げの香ばしさ(から揚げは片栗粉100%でしょうゆ、ニンニク、ショウガの風味を足して揚げました。)

ふぐがここまで香ばしさを伴ってきたので赤ワインも試してみたいと思い、

DSCF5622.JPG

山梨・グレイス茅ヶ岳(マスカットベリーA、カベルネ主体)や、

DSCF5627.JPG

コルシカ島のチャーミングなピノノワールと合してみたところ、

どちらも料理法からくる力強さとフグの風味を引き出してくれ、また複雑なマリアージュを楽しむことが出来ましたるんるん

料理とワインのマリアージュの楽しい出会いの旅は発見と感動の連続だなあと気づかされるものとなりましたわーい(嬉しい顔)

”福来たる”、ふぐパワーで今日から一週間頑張りますグッド(上向き矢印)

よろしくお願いし〜すレストラン

posted by プチット リュ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2016年03月13日

フランス産カシスのバヴァロア☆

おはようございます時計

今朝は、これからの季節におすすめのちょっと甘酸っぱい新作デセールをご紹介ぴかぴか(新しい)

DSCF5530.JPG

"Bavaroise aux cassis"deco49f2942480797[1].gif

フランス産カシスのピュレを生地とソースにたっぷり使用しましたぴかぴか(新しい)

豊かな香りと心地良い酸味をお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)

posted by プチット リュ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自家製デセール

2016年03月11日

甲州(グレイスワイン)

おはようございます時計

先日のズッキーニの花はカリッと揚げて、

DSCF5500.JPG

こんな感じに。色々用途があり、やはり使い勝手が良いでするんるん

今朝は、石垣島の、

DSCF5525.JPG

アカマチ、入荷しましたぴかぴか(新しい) お刺身でもおいしいですがソテーした時の何とも言えない香ばしさがまた格別ですレストラン

番外編で、

DSCF5527.JPG

生きていた6s級のクブシミ。今日は断念しましたがいつかイカフェアーもしてみたいですぴかぴか(新しい)

さてタイトルの甲州。ただ今当店で開催しているグレイスワインキャンペーン

DSCF5514.JPG

好評なので4月いっぱいまで延期したいと思いま〜すdeco4b8108b14ee17[1].gif

ところで今回はグレイスさんのワインが揃っていますが、ラインナップにあるグレイス甲州とグリド甲州の違いをさらに知りたいと思い、同社営業部の金子さんにお聞きしたところとても面白いメッセージが届きましたので以下にそのまま掲載してみました左斜め下

”グレイス甲州は透明感、清涼感をイメージ、フリーランです。軽快で綺麗なワインです。グリド甲州はややコクのある飲み心地の良さが特徴です。果皮がグリ系であり、緑色のブドウに比べ味わいに僅かなほろ苦さを感じやすいです。それを意識して飲むとアフターフレーバーに心地よい苦みを感じます。更にこれ以上強く搾るとえぐみとなりバランスが崩れるのでグレイスならではの塩梅が味わいのポイントです。
イメージですが、葉物はグレイス甲州、土ものはグリド甲州。天ぷらの塩はグレイス甲州、たれはグリド甲州。あじのタタキはグレイス甲州、あじフライはグリド甲州。
マリネはグレイス甲州、筑前煮はグリド甲州。地鶏ローストはグレイス甲州、豚の生姜焼きはグリド甲州。 こんな感じですが、重心が上にす〜っと来るのがグレイス甲州で繊細だけど凛とした酸味が細く伸びます。グリド甲州は重心が真ん中にある感じで意外に骨太なガテン系です。柴田恭兵と舘ひろし。”

*フリーラン 白ワインの製造において、破砕時に果粒から自然に流れ出た果汁のこと。

グレイスさんの甲州が飲みたくなる表現ですよね。ぜひ当店でその繊細な味わいをお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2016年03月09日

ズッキーニの花☆

おはようございます時計

ありがたいことに、ビストロの方、最近はさらに忙しくさせてもらっていて、”ぺんぎん食堂”さんへのフレンチデリの安定したご提供が出来ずただ今お休みさせて頂いています。

当店のデリはなくなりましたが、”ぺんぎん食堂デリ”さんでは、こだわりのおいしいものがいっぱい溢れていますぴかぴか(新しい)

DSCF5419.JPG

5種盛りのサラダは、こだわり県産野菜が溢れていますぴかぴか(新しい)

わたくしの定番、

DSCF5424.JPG

”トムヤンクンすば”は、エキゾチックな味わいで一度食べたらやみつきになるおいしさですぴかぴか(新しい)

こだわりのお料理をぜひお楽しみくださいレストラン

さてビストロ、今日はちょっと珍しい、

DSCF5483.JPG

糸満産ズッキーニの花をゲットしました手(チョキ)

ズッキーニの花はフランスでは高級食材で有名ですdeco49f2942480797[1].gif

めしべを取って中にいろいろな具材を詰めた料理(ファルシ)にしたり、ベニエ生地で揚げたり、カリッと揚げたり、いろいろな料理法で食されていますわーい(嬉しい顔)

DSCF5486.JPG

こんな食材があるとテンションが上がりますね〜グッド(上向き矢印)

今日夕方17時から張り切って営業しています。今週もよろしくお願いしますapani4a4c8e496de8a[1].gifapani4b7e935acc98f[1].gif

posted by プチット リュ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2016年03月03日

マングローブ林

今日(木)&明日(金)、明後日(土)はご予約で満席となっています。日曜日のご予約お待ちしています!!

先日の定休日は、高速道路に乗って遠路、やんばるは慶佐次のマングローブ林へ車(セダン) おいしい空気を吸いたい時にたまに出かける癒しスポットですぴかぴか(新しい)

DSCF5396.JPG

広大なマングローブ林が広がっています。

DSCF5361.JPG

今はマングローブの実!?種!?がたわわに実っていました。よく観察してみると、干潟に、

DSCF5363.JPG

落ちて、なんのはずみでか分かりませんが、すくっと立ち上がり、

DSCF5365.JPG

若い木にexclamation×2

この界隈を散策すると、いろいろな植物や鳥に出会えて楽しいでするんるんDSCF5371.JPG

DSCF5368.JPG

DSCF5375.JPG

ワラビ?と思って触ってみたらめちゃくちゃ堅かったので食べるのは難しそうですあせあせ(飛び散る汗)

カ、

DSCF5377.JPG

カワセミ〜!! 

DSCF5378.JPG

ピントが合ったときはすでに飛び去っていましたがく〜(落胆した顔)

飛んでいくときのブルーの羽はそれはそれは、本当に見事な色でしたぴかぴか(新しい)

DSCF5386.JPG

この鳥はきれいに撮れたのですが名前はわかりません。

帰ってきて、4年に一度の2月の肉の日レストラン

DSCF5339.JPG

しゃぶしゃぶをレストラン

ポン酢や薬味は、12月の読谷の陶器市で買った、

DSCF5347.JPG

松田 米司さんの安南鉢にぴかぴか(新しい)

ワインとのマリアージュも怠らず、

DSCF5336.JPG

ジュランソンの華やか、ミネラルな白とロワールはサンセールの自然派のピノノワール。そしてコルシカ島のピノノワール。

白がごまだれと合っていたのが発見で、

DSCF5355.JPG

ロワールのピノは全ての要素にとても柔らかく寄り添っていたのがとても印象的でしたぴかぴか(新しい)

昨日は昨日で、久しぶりにクジラ肉を、

DSCF5359.JPG

見かけたので、ケチャップとウスターソースで、

DSCF5410.JPG

小学校の給食で出てきたクジラ肉料理を再現。懐かし〜味でした手(チョキ)
posted by プチット リュ at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記