2018年10月30日

川藤じゃないよ、ポワトゥーだよ(^O^)

こんばんは夜

今夜は、”味覚の一週間”で知り合ったシェフのフレンチレストランへレストラン

DSC04289.JPG

ゆったりと洗練されたフルコースを堪能deco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

追加で頼んだチーズに、

DSC04298.JPG

DSC04297.JPG

ポワトゥの文字がexclamation×2

ポワトゥexclamation&question

はい!2夜連続フランス思い出話をdeco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

Poitou・ポワトゥーはあまり観光では訪れない場所かもしれませんが、2006年に我々は電車で目的地を乗り過ごしてしまい、たまたま訪れることとなった都市ですわーい(嬉しい顔)

dc0522102.JPG

昨日書いた修行時代、"ロワールで川魚料理を食べたい!!"とTGVに乗ったものの乗り過ごし、ロワール旅行の拠点となる”Tour”駅で降りるところ”ポワトゥー”にたどり着いた次第ですあせあせ(飛び散る汗)

フランス地図で見ると位置関係では、

DSC04306.JPG

こんな感じです。そのまま乗っていると”ボルドー”まで辿り着く感じですわーい(嬉しい顔)

ポワトゥー、間違って着いたものの、せっかくなので楽しもうと街の中心までるんるん

中心地までは上り坂が激しく、

dc052261.JPG

dc052203.JPG

風景はエディンバラのような感じを覚えていますdeco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

街の中心地でたまたま入った、

dc052236.JPG

レストラン”Poitevin”では、

dc052243.JPG

クラシカルなフレンチを堪能deco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

もちろん食後のフロマージュは、

dc052248.JPG

山羊のチーズでしたdeco4a7a69fa8c87c5B15D-89028-thumbnail2[1].gif

今と変わらず、

dc052298.JPG

生き物に興味津々で”ポワトゥー”で見つけた、

dc052297.JPG

エスカルゴexclamation×2

先ほどのレストランのオーナーは、電車の時間を告げると”駅まで送ってやるよ!”と親切にも送ってくれたので今はどうなっているんだろうと調べるとお店のフェイズブックでは残念ながら2013年に閉店していましたふらふら

歴史あるお店でも、

dc052237.JPG

閉店は悲しいものですもうやだ〜(悲しい顔)

 シェフに送ってもらったおかげで、電車に間に合い、

dc0522144.JPG

無事にロワール川に辿り着き、シノンまで足を伸ばし、

dc0522177.JPG

こちらは調べて行ったレストランで早めのディナーをレストラン

dc0522186.JPG

dc0522181.JPG

現地シノンのヴィンテージ’97と誘惑に負けて頼んだ鳩料理とのマリアージュは感動の味わいでしたぴかぴか(新しい) あわせて食後にチーズの盛り合わせを頼んだら、土地柄、

dc0522167.JPG

山羊のチーズが4種類出てきたのは懐かしい思い出ですdeco4a7a69fa8c87c5B15D-89028-thumbnail2[1].gif

今日食べに行ったレストランの”ポワトゥ”の文字からロワールの風景を一気に思い出した夜でしたやや欠け月

レストラン”プチット リュ”、仕事環境が非常に良くなり、ようやくレストランにふさわしい立地になりましたぴかぴか(新しい)


細く長〜く続けられるように頑張りますon
posted by プチット リュ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

”世界入りにくい居酒屋” フランスシャンパーニュ編再放送☆

こんばんは夜

新店舗が始まり3週目があれよあれよと過ぎていき、改善点も色々とあせあせ(飛び散る汗)

前のお店では見えてこなかった収穫もぴかぴか(新しい)

今日は先週に引き続き、茜陶房さんへ依頼していた”やちむん”の受け取りにるんるん 
茜陶房さんのフェイスブックでも紹介して頂きました⇒https://www.facebook.com/akanepottery
器の力を大いに借りて頑張りますグッド(上向き矢印)

 話は変わり、もう明日になるのでしょうか。1度見て、なかなか面白かった番組の再放送の宣伝ですTV

BS放送になりますが、”世界入りにくい居酒屋「フランス シャンパーニュ」”
[BSプレミアム]10月31日(水) 午後10:00〜10:30 に再放送されますぴかぴか(新しい)

こちらの舞台となったシャンパーニュ第一の都市”ランス”・”Reims”は以前住んでいたこともあるのでとても思い出深い土地ですdeco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

今夜は、僕目線の”ランス”を少しご紹介したいと思いますペン

そもそもシャンパンとは?
フランスのシャンパーニュ地方で造られた発泡性ワインを指し、原料とするぶどうの産地を同地のものであることや、醸造方法が瓶内二次発酵方式であることなど原産地呼称統制による規定を満たしたものとされています。シャンパーニュ以外の国・産地で同様に発泡性ワインが造られていますが、ドイツではゼクト、イタリアではスプマンテ、スペインではカヴァと名称はそれぞれ異なるといった具合です。

そんなシャンパーニュ地方では、”ランス”と”エペルネー”が大きな中心都市で、今回舞台となったのはランスdeco49f29424807975B15D-1ba16-thumbnail2[1].gif

 街には名だたるシャンパンメーカーが点在し、さすが本場、ふらっと入ったカフェでもグラススパークリングは必ずと言っていいほどシャンパーニュでしたぴかぴか(新しい)

値段もお手頃なので、朝から、

dc090531.JPG

ランチでも、

dc0905117.JPG

気軽に、

DSCN6227-thumbnail2[1].jpg

楽しめてシャンパーニュ天国でしたるんるん

旅行で来ていたら楽しいばかりなのですが、修行して住んでいた頃は、修行先の豪華なホテルレストラン”レ・クレイエール”と普段の生活とのギャップは今でもとても印象に残っていますあせあせ(飛び散る汗)

クレイエールでは魚部門担当で毎日早朝から大量にトロ箱で届く魚介類と格闘むかっ(怒り)

dc062796.JPG

巨大なヒラメ・turbotや(大きさが分かるようにレシピをメモっていた緑のマジックを横に置いています。)、

dc062794.JPG

まあまあのサイズの手長エビ・langoustine、

dc0627130.JPG

伊勢海老・langousteは、かなり大きめのものばかり届いていましたdeco4ac1cb542be385B15D-611e1-thumbnail2[1].gif

dc0627127.JPG

やはり極めつけは活きたままのブルターニュ産オマール・Homard bleuでしょうか。ボイルして身とハサミの身を取り出すときにちょこちょこ贅沢なつまみ食いをしていたのも今は時効でしょうかわーい(嬉しい顔)

そう、

dc0627142.JPG

こんな料理に仕上げていました手(チョキ)

dc0919107.JPG

華やかな職場とは対照的に、修行の身、普段の生活は慣れない土地でなかなかハードなものでしたあせあせ(飛び散る汗)

部屋はなんと半地下exclamation×2

dc091957 - コピー.JPG

窓をですよ、窓を開けると地面の高さと目線が一緒なんですふらふら

洗濯機は部屋には無く、

dc090525.JPG

コインランドリーを利用していたのですが、特に冬場はきつかったですね。暗い時間が長くコインランドリーまで片道20分、薄暗くなってきて、半乾きの洗濯物をもって小雨など降ろうものなら、”将来は絶対自宅に全自動の洗濯機を置いてやるぞ!と心に誓ったものでしたわーい(嬉しい顔)

ちなみに洗濯物、最初は先ほどの写真にもあった窓から外に向けて干していたのですが、あるとき掃除のマダムがやってきて(窓の向こうから)こちらを至近距離からこちらを見おろす感じで”景観が悪くなるので部屋干しして下さい”と言われ、

dc0911122.JPG

こんな感じになりました。半地下、乾くはずもありませんあせあせ(飛び散る汗)

部屋にシャワーしかないのもなかなかハードで、これまた冬場、体を温めようと長く浴びているとタンク式の部屋なので、やがてお湯は真水になり強制終了soon

”寒い、寒い”ってシャワースペースから出るのが常でした雪

 人生で一番大変な時期でしたが、今思うと一番色々なことが吸収できた時期でもあったと思いますグッド(上向き矢印)

DSCN5698-thumbnail2[1].jpg

そしてこんなにシャンパーニュが似合う街も他にはないかとぴかぴか(新しい)

時には、夏前だったでしょうか、シャンパンメーカーの横を歩いていると側溝からシャンパーニュの何とも言えない芳醇な香りが漂ってきた時は、香りを嗅いでいるだけで幸せな気分になりましたぴかぴか(新しい)

 そんなランスを舞台にした、”世界入りにくい居酒屋”の再放送、ぜひご覧下さい目

それでは眠い(睡眠)
posted by プチット リュ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記