2015年04月12日

遅ればせながら島ラッキョウのベニエの作り方

おはようございます!
”ぺんぎん食堂デリ”、オープンが12日だったのでフレンチデリが始まってちょうど丸1ケ月。おかげさまでビストロ、デリ、2つの仕込みも安定して出来るようになり、売り上げがビストロ以外でもう一つあるのは頼もしい感じとなってきましたぴかぴか(新しい)お料理も商品となった時に何が売れて何が売れないのかといったことも少し分かってきました。勉強になりますexclamation新商品もいろいろと考えているのでデリのメニューをこれからは少しずつ変化させていきますねグッド(上向き矢印)

古陶のイベントもあり、NHKでご紹介した”島ラッキョウのベニエ”の作り方をブログでご紹介していなかったので遅ればせながら今日のブログであせあせ(飛び散る汗)

まずは、ベニエ(beignet)の説明からです。ベニエは果物を詰めた生地を油で揚げたお菓子ともう1つ意味があり、今回ご紹介する野菜など衣をつけて揚げるフランス版天ぷらのことですdeco49f2942480797[1].gif

ポイントはコクを出すためにビールを使う点と独特のサクサクッとした食感を出すために溶いて入れる卵の卵白を泡立てる点です。ちょっとひと手間かかりますがこの作業がおいしい食感をもたらしてくれまするんるん

さて材料は、
小麦粉 50g サラダ油15g 卵1個、ビール50ml、島ラッキョウ15本ほど、塩・こしょうで、

作り方は、卵を白身と黄身に分け白身を泡立てていきます。白身は角が立つくらいしっかり泡立てます。卵白を冷凍庫で30分くらい凍らしてから泡立てると早く泡立ちます。

小麦粉をボールに入れ先ほどの残った卵黄1個とビール、サラダ油、塩、こしょう少々を加えながら混ぜていきます。(少し生地が重たい時はビールを増やしてください。)
次に、泡立てた卵白を生地にサクッと混ぜ合わせます。卵白の気泡がふわふわの仕上がりになりますので気泡をつぶさないようにあっさり混ぜ合わせて下さい。あとは天ぷらの要領で島ラッキョウを何も付けずに先ほどの衣を付けて揚げていきます。

完成の衣の感じは、

DSCF9376.JPG

こんな感じですぴかぴか(新しい)

疲労回復、脂肪燃焼に役立つアリシンを含む島ラッキョウはこれからさらに旬を迎えます。是非トライして見て下さいねわーい(嬉しい顔)

次回のNHKのテレビ出演は、

000164892[1].jpg

5月の2週目を予定していますdeco4c2b6a52abcdd[1].gif

次回チャレンジする食材は、沖縄独特の島野菜、

DSCF0466.JPG

フーチバー ヨモギですexclamation×2

如何にあの風味を和らげれるか、和らげられたかexclamation&question

放送をお楽しみに〜TV

posted by プチット リュ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118452268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック