2015年09月05日

やんばる路

先日の定休日は、食材調達と今回、

J-207-1[1].jpg

"Coralway"の取材時、盛り付けで大活躍した器の陶工家の仲里 香織さんの工房へ一冊お届けに今帰仁まで車(セダン)

今回はお料理ではなく、デザートが主役になったので、

DSCF2715.JPG

仲里さんと相方のツーショットカメラ 仲里さん、これからもどうぞよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

さらに陶工家さんでは大宜味村の共同登り窯まで行き 玉城さんご夫妻の元へ車(セダン)

DSCF2782.JPG

玉城さんの工房の窓ガラスには「最近”ノグチゲラ”がぶつかるので、鷹のシールを張りつけたのよ。」とのこと。その矢先、隣の工房で大きな音がするので見たら”ノグチゲラ”がぶつかって飛び去っていきました。やんばるの大自然が身近です目

そのあとは大宜味村の知人の前田さんのもとへ”大宜味ブランマンジェ”の原料の唐木を求めて車(セダン)

DSCF0020-thumbnail2[1].jpg

唐木(からき)は、シナモンの香りが特徴的で年中生い茂っています。相方のアイデアでこの香りをいかしたデセールを作ることになり、プチット リュではこの葉を煮出してオリジナルレシピでブランマンジェを作っています。”ぺんデリ”でも好評発売中ですぴかぴか(新しい)

前田さんのお宅ではドラゴンフルーツやグァバがたわわに実っていましたるんるん

DSCF2736.JPG

お土産用にドラゴンフルーツを収穫して下さる前田さん。

DSCF2732.JPG

ドラゴンフルーツの花。

DSCF2739.JPG

そして実。普通のグァバに比べて小ぶりで黄色い”テリハバンシルー”なるものも、

DSCF2758.JPG

頂きました。帰って調べてみますとこれは別名”ストロベリーグァバ”だそうです。

DSCF2752.JPG

種は普通のグァバに似て多いですが、何よりイチジクのように熟したその実は甘くて瑞々しいとてもおいしいグァバでしたぴかぴか(新しい)

収穫後は前田さん宅の縁側で、

DSCF2761.JPG

特製ジュースもご馳走になりましたわーい(嬉しい顔)

グァバとドラゴンフルーツと、

DSCF2721.JPG

シークワサー果汁で作られたそうです。

DSCF2763.JPG

やんばるのおいしい空気と一緒にるんるん

DSCF2719.JPG

昆虫もいたり、

DSCF2775.JPG

藤の花が咲いていて相変わらず季節感に戸惑う沖縄です。

今回のやんばる路の収穫は、

DSCF2796.JPG

仲里さんの器に、

DSCF2805.JPG

玉城さんの”鬼の腕”と呼ばれる花器、食材では、

DSCF2823.JPG

やんばるのフルーツに唐木、やんばるのはちみつに紅茶とバラエティーに富んでいますぴかぴか(新しい)

お店のショーケースは、

DSCF2827.JPG

やんばるの食材で溢れかえっています。皆様元気なやんばる食材を是非お楽しみくださいレストラン

posted by プチット リュ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162939728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック