2015年09月29日

パリ11区☆

あさってBSプレミアムの世界入りにくい居酒屋でパリ、しかも20区ある中で、

Arrondissements-de-Paris[1].png

11区にフォーカスして放送される予告を見ました。10年前、この11区に1年ばかり住んでいました。お〜っと思い、この頃の写真を引っ張り出して見直してみました目

11区はフランス革命の始まりとされるバスティーユ牢獄襲撃事件が起きたことで有名です。現在街の中心にある”バスティーユ広場”には、

dc042203.JPG

その記念のオブジェが建てられています。僕にとっては料理の修行時代であったので、花の都パリといった印象ではなく

ふらんす2 004.jpg

写真のように雲が広がったとてもグレーな印象のパリでした。もうかれこれ10年も前の話なので、

ふらんす2 061.jpg

若かったなあって感じです。修行先は1区のコンコルド広場近くのビストロでした。厨房には、メインディッシュがシェフ担当で前菜が僕担当でデザート担当がもう1人の体制で毎晩、パリジャン&パリジェンヌが50名来る大流行りのビストロでした。ところがシェフのテンションがマックスに達するとフライパンが洗い場まで漫画のように投げ込まれワイングラスが割れまくるというハードな環境だったので、私、人生で一番頬がこけ、

dc042601.JPG

やせ細った時代でもありました。思えばこのつらい時期があったから現在があるのだなあと今になって思います。

この時暮らしていた11区のアパルトマンは、バスティーユ広場から毎晩賑やかだった雰囲気の良い”ラップ通り”を、

IMG_1601[1].jpg

通り抜けた、

deuqydiyhdhXZh5B15D[1].jpg

ここでした。目の前がこれまた雰囲気の良いライブハウスであの辻 仁成さんがフランスで初めてライブをした場所です。ZOOを聴いたのが懐かしいです。(2006年)

タイミング良く出てこられた時に、

dc122216.JPG

話しかけると、’どうしてパリに住んでいるの?’’寒い中待っていてくれたの?’と気さくに接して下さったかたでしたカメラ

ほとんどの時間は、グレーな気分で過ごした”バスティーユ”でしたが、そのグレーな空は時にもっと寒くなり、

dc010104.JPG

雪が積もるほどでした。こうなると、暖房器具もままならない部屋ではふとんの中で寒さを耐え忍ぶといった感じで、朝もなかなか明るくならないのでかなり憂鬱な気分となりましたバッド(下向き矢印)

そんな中での楽しみは外食と修行先で覚えた料理を家で再現したり、フランスの電圧に対応した炊飯ジャーで炊く白米での食事でしたグッド(上向き矢印)

バスティーユ広場の近くでは、大規模なマルシェが決まった曜日に開催されていて、

dc042617.JPG

dc042646.JPG

その時々の旬の食材を買って料理するのがとても楽しかったでするんるん(この頃相方もパリで語学学校に通っていてこの後シャンパーニュのレストランでパティシエとして修行をしました。)

写真のある限りその時のお料理をご紹介しますと、

dc102950.jpg

マツタケのようなサイズのセップ茸仔羊肉を買いソテーして食べたり、

dc011102.JPG

エクルビス(ざりがに)や、

dc011103.JPG

アンコウを張り切って買って料理したり、フランスではビッグサイズになる舌平目を買って、

dc010107.JPG

ソテーしてみたり、

dc011165.JPG

サバは、

dc011167.JPG

フライにしてみたり、仔牛肉は薄切りにして、

dc011183.JPG

dc011185.JPG

ハーブをふんだんにまぶして焼いてみたり、たまに張り切って手長エビを、

dc040260.JPG

頭と殻からソースを作りラビオリ生地で、

dc040261.JPG

こってりした

dc040266.JPG

料理を作ったりしていました。料理本も辞書片手に読み込み、

dc0426175.JPG

作ってみたり、

dc0426167.JPG

今ではどんな味に仕上げたのか、

dc0426172.JPG

分からない料理も。

dc122215.JPG

ポトフはお肉も野菜もフランスは味が濃厚なのでシンプルですがとてもおいしかった印象があります手(チョキ)

dc040288.JPG

力尽きた時は、テーブルに花を飾りフランスパンメインの食事の時もdeco49f2942480797[1].gif

日本LOVEapp49788ab66f8d3[1].gifな私、フランスパンだけの生活だけではやはり耐え切れず、オペラ界隈の日本食料品店でいろいろな食材を買い、時には、

dc0519130.JPG

カレーライスを、年越しには麺を買ってきて、エビのてんぷらは自分で作って、

dc010178.JPG

年越しそばなんぞも作りました。

dc010179.JPG

なかなかでしょわーい(嬉しい顔)(刻みネギは、シブレットで代用)

お餅を買ってきて、

dc010186.JPG

シンプルなお雑煮も。薄切り肉が存在しないので一度牛の、

dc122207.JPG

塊肉を買ってきて、

dc122209.JPG

包丁でスライスしてみましたが薄さに限界があり、さらにはサシが全然入っていなかったので、

dc122210.JPG

しゃぶしゃぶには程遠い仕上がりになりましたふらふら

ホタテのソテーの仕方を教えてもらった時は殻付きホタテを買ってきて、

dc022773.JPG

ソテーまではうまくいったもののそのあと力尽きて、

dc022775.JPG

カレーになったこともありました。ウニも張り切って買ったものの、

dc122202.JPG

あまりに量が少なくて、パスタの上にちょこっと

dc122206.JPG

載る結果となりましたがいろいろ勉強になりました。

dc010106.JPG

11区の小さな部屋でしたがたびたびホームパーティーをして、国籍を問わず

dc011132.JPG

dc011137.JPG

いろいろな方とお話をできたのもパリならではの思い出です。

昔を思い出しながらそして見たら絶対行きたくなるだろうなフランス、パリ11区を中心に繰り広げられる番組は、BSであさって木曜日、

10月1日(木) [BSプレミアム] 午後11:15分から

世界入りにくい居酒屋「フランス パリ11区」

となっています。楽しそうなので是非ご覧くださいTV
posted by プチット リュ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス暮らし2005&2006
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164650545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック