2018年02月06日

お取り寄せ”三嶋亭のすき焼”

この休日は京都から妹が”三嶋亭のすき焼”セットと一緒に遊びに来ました飛行機

三嶋亭は京都の老舗すき焼店、寺町通の本店は学生時代に横目に見ていましたが、入って食事したこともなくショーケースのお肉も買ったことがなかったですが、今回ようやくお取り寄せで初めて食べることが出来ましたるんるん

届いた箱を開けると、

DSC06661.JPG

こんな感じで、砂糖と割り下が目を引きます目

さらに開けてみると、

DSC06670.JPG

じゃ〜ん、こんな感じですぴかぴか(新しい)

お肉は今回は脂ののったロースと、その他には京野菜や南禅寺の豆腐など京都が溢れていますぴかぴか(新しい)

このすき焼を迎え撃つべく、ず〜っと自宅で眠っていた岩手県は久慈山王堂の砂鉄鉄器の

DSC06667.JPG

”鉄鍋”登場手(チョキ)

DSC06665.JPG

沖縄の桜も部屋に飾り準備OKapani4a0d0dde5c56a[1].gif

番外編では、今が旬の、

DSC06675.JPG

千枚漬けも石垣島経由で京都から保冷剤と一緒に持参してきてくれました。サンキュ〜ぴかぴか(新しい)

さて我々が用意したものはすき焼に合いそうなワイン。牛肉と言えども卵をつけて食べるすき焼は意外と繊細な味わい。さらには味付けの砂糖と醤油の甘さも考慮しつつチョイスしたのがロゼのシャンパン&熟成ブルゴーニュの赤ワインdeco4b8108b14ee17[1].gif

DSC06680.JPG

DSC06684.JPG

DSC06699.JPG

DSC06704.JPG

結果、どちらもすき焼と秀逸なマリアージュを奏でてくれましたるんるん

シャンパンのロゼは、溌剌とした感じながらも和牛の風味を引き立て、今回の肩ロースの脂感も絶妙の余韻へと誘ってくれましたぴかぴか(新しい)

熟成ブルゴーニュ(’97)はワイン自体はレンガ色にまで熟成していますが瑞々しく、柔らかでまろやかな味わいながらもずーっと奥に潜む骨太なニュアンスがグッとお肉をさらに持ち上げていくような力強さで美味しさをアップしてくれましたグッド(上向き矢印)

お取り寄せながらも”三嶋亭のすき焼”、

DSC06703.JPG

真ん中の空洞が特徴的な京の伝統野菜”堀川ごぼう”が入っていたり(レンコンのような食感と優しい甘さでした。)、南禅寺の”服部”の豆腐の風味の豊かなことぴかぴか(新しい)

DSC06693.JPG

だんだん味もしゅんできて(染み込んできて)、何とも言えない味わいですわーい(嬉しい顔)

こちらのお肉の、

DSC06694.JPG

分厚いカットがまた美味しさを倍増手(チョキ)

DSCN3212-thumbnail2[1].jpg

今井のうどん寄せ鍋セットに続くお取り寄せセットの発見ですひらめき

い〜ちゃん、ご馳走様でしたぴかぴか(新しい)
今度はもうちょっと暑い沖縄でお待ちしていますリゾート

明日から当店も一週間が始まります。すき焼パワーで頑張りますグッド(上向き矢印)
posted by プチット リュ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182346114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック