2018年10月23日

”ガラス工房清天”さんの'琉球ガラス'に”茜陶房”さんの'やちむん'

map.jpg
お店、移転しレストランに生まれ変わりましたレストランhttps://www.petiterue.jp/

こんばんは夜

移転オープンし、早2週間ダッシュ(走り出すさま) 特に先週はお店にいると時間が経つのが超早いくらいあっという間に1日が終わっていきましたダッシュ(走り出すさま)

落ち着いて静かに、快適になった周辺環境にお店の設備・内装と申し分ない舞台も得て、この2週間の休日には移転が決まり新店舗では絶対使いたくて注文していた”沖縄の器”達も出来上がり受け取りに行ってきましたぴかぴか(新しい)

それらは、ガラス工房清天さんの”琉球ガラス”に茜陶房さんの”やちむん”ですNEW

心待ちにしていたアイテムですハートたち(複数ハート)

清天さんのグラスは以前からお店で使っていたのですが、席数も増え、やりたいことも増え、

DSC04002.JPG

DSC04013.JPG

DSC04016.JPG

買い足しましたぴかぴか(新しい)

ガラスなのになんとも温かい佇まいがお気に入りですぴかぴか(新しい)

そしてもうひとつの”やちむん”は去年暮れに行った”やんばるアートフェスティバル”のクラフトコーナーでたまたま出会った一皿。一目惚れした器の作り手さんを調べ訪問したのが、浦添で20年続けておられる”茜陶房”さん。与儀さんと下地さん、女性二人による共同制作の器は、

DSC04113.JPG

メインディッシュで是非使いたいと思っていた(サイズはリクエストしました)”やちむん”ですぴかぴか(新しい)
モダンな感じは”あれも盛り付けたい・これも盛り付けたい”とお料理の創作意欲がどんどん湧いてきますグッド(上向き矢印)

DSC04124.JPG

茜陶房さんの器のコーナーもお店の一角に出来ましたぴかぴか(新しい)


そして食材では、

DSC04101.JPG

DSC04108.JPG

DSC04096.JPG

慶佐次のマングローブ林経由でわーい(嬉しい顔)大宜味村産の、

DSC00179[1].jpg

そば粉を仕入れたり、

DSC04055.JPG

DSC04056.JPG

今週はおきなわ和牛の3kgのランプ肉の塊を仕入れました手(チョキ) こちらはカットしてステーキでご用意していますdeco4fe71f046c4f9[1].gif

秋メニューのひと皿”きのこのテリーヌ”は、県産のきのこ3種となんとフランスのきのこ3種、”セップ茸”に”トランペット茸””ムースロン茸”と、

DSC04042.JPG

なんとも贅沢なテリーヌとなっていますぴかぴか(新しい)

オーバーナイト発酵させた自家製パンは、

DSC03925.JPG

相方のルーティンワークに組み込まれましたぴかぴか(新しい)(美味しいですよ!!)

現時点での沖縄食材使用率は95%くらいでしょうか。沖縄のお野菜・お魚・お肉、当店でしか味わえないお料理がお店には溢れていますぴかぴか(新しい)

そして最後に、先の2度の猛烈台風でハウスの屋根が破壊されたハーブ園のハーブが、

DSC03958.JPG

芽吹き始め、強い生命力で再生が始まっていますぴかぴか(新しい)

明日からまた1週間が始まります。皆様のご来店お待ちしていますレストラン
posted by プチット リュ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184754374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック