2018年12月26日

ぼたん鍋にジャコモ・コンテルノ バローロ 1974☆

こんばんは夜

おかげさまで大忙しのクリスマスはあれよあれよと過ぎて行きましたクリスマス
ご来店の皆様ありがとうございました!!apani4a4c8e496de8a[1].gifapani4b7e935acc98f[1].gif

定休日でしたが、昨日のイヴは臨時営業させて頂きました。
年末・年始の通常営業に備え(大晦日と元旦のみお休みです眠い(睡眠))、今日は25日でしたが通常通り定休日とさせて頂きました眠い(睡眠)

DSC05559.JPG

そんな今日は相方の実家から地元岡山のジビエ・猪肉を私の誕生日祝いということで送って頂いたものを受け取ったので、クリスマスのディナーで早速頂きましたdeco4fe71f046c4f9[1].gif

岡山は新見のイノシシだったので、ワインは

DSC05594.JPG

同じ新見にブドウ畑がある”テッタワイン”と迷いましたが、今日は自宅のセラーで8年間眠ったいた、現地アルバで購入した、”ジャコモ・コンテルノ”のバローロ、しかもバースデーヴィンテージの74年ぴかぴか(新しい)

さすがにこのヴィンテージは飲み頃のピークも考え、今年は飲もう!と決め、恐る恐る抜栓しましたあせあせ(飛び散る汗)

結果は見事なまでに状態が良く、飲み頃もピークを迎えた感じで、

DSC05607.JPG

44年の熟成は、バローロのあの強靱なタンニンと鋭い酸をここまで柔らかく円やかにするものかと飲んだ瞬間言葉を失いましたdeco4b8108b14ee17[1].gif

飲み始めは、ピーマンの野菜のニュアンスに熟したブドウ、少し干しぶどう、やがてなめし革の動物のニュアンスに、苔、トリュフの香りと動物性と植物性のニュアンスが薄いミルフィーユ状に混在し、その根底をなしているものが熟成による気品のある繊細さぴかぴか(新しい)

香りと味わいのバランスはまるで球体。どこまでも角が取れ、全ての構成要素がバランス良く、余計なニュアンスは削ぎ落とされ、備えた包容力。

DSC05620.JPG

このワインのように充実した時間を生きてきたかと自問自答してしまうほどでしたぴかぴか(新しい)

猪肉、鍋にするかすき焼きにするか二人共決め兼ねていたので結局二つ同時にしました手(チョキ)

DSC05628.JPG

結果は・・・・・・・・・

5分5分でどちらも美味しかったですぴかぴか(新しい)

すき焼きは、砂糖でカラメリゼされた、

DSC05632.JPG

お肉の甘さとチューニングが合い、ぼたん鍋は味噌が添付されていたのでそれを使用したので味噌味だったのですが、お味噌の風味と出汁をバローロがおおらかな包容力で包み込んでくれるようなマリアージュでしたぴかぴか(新しい)

バローロは、おおらかさを兼ね備えつつも猪肉の旨みにも一寸のブレもなくピンポイントでマリアージュをdeco4b8108b14ee17[1].gif

こんな偉大なワインも数時間後、飲み干す頃には、幸せな余韻を残し、澱とともに

DSC05643.JPG

儚くも散っていきました・・・・・ぴかぴか(新しい)

食後はランヴォールさんの、

DSC05645.JPG

クリスマスケーキをバースデー

束の間の休日はあっという間に終わり、明日から今年最後の1週間が始まりますダッシュ(走り出すさま)

DSC05569.JPG

野菜の買い出しもバッチリ手(チョキ)
ヤングコーン、数えてみたら153本deco4a5bd3a61331f[1].gif 年末年始で使い切りそうですわーい(嬉しい顔)

春野菜と夏野菜も出回り始めた沖縄、

年内は30日・日曜日まで通常通りの営業となっていますグッド(上向き矢印)

年明けは2日・水曜日から通常営業となっていますapani490be693414c9[1].gif

今週もよろしくお願いします!!レストラン
posted by プチット リュ at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
クリスマスイブ楽しく、美味しくいただきました。
やっぱり那覇のフレンチはプチット・リュさんと改めて感じた夜でした。また、たまにですがおじゃまします。
Posted by 長山 at 2018年12月27日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185266051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック