2019年05月21日

やんばるの生き物たち☆

こんばんは夜

この休日は、久しぶりにやんばるへ車(セダン)

癒しを求めて比地大滝へトレッキングもしてきましたあせあせ(飛び散る汗)

その模様の前に、最近お問い合わせが多い当店のコース料理のご紹介からぴかぴか(新しい)

店頭での立て看板など一切ないこともあり、コース料理のお問い合わせを多く頂くようになりましたぴかぴか(新しい)

アラカルト料理はなく、コース料理で季節ごとにメニューを変えるスタイルになり7カ月、以下で少し内容をご紹介したいと思います手(チョキ)

お値段は、おひとり様5500円となっており、メインディッシュは一品お選び頂きますぴかぴか(新しい)

アミューズブッシュ バスク風の一皿

冷前菜 マンゴーを使ったサラダ

冷前菜 近海産マグロと糸満産ビーツのカルパッチョ いろいろな食感で

温前菜 近海魚のコンソメスープ

季節のテリーヌ セーイカと島野菜のラタトゥイユ仕立て

メインディッシュ 以下から一品お選び頂きます左斜め下
         ・やんばる島豚のバスク風
         ・県産魚のソテー
         ・久米島赤鶏のファルシ(+600円)
         ・県産和牛ランプ肉のステーキ(100グラム)(+2000円)

デセール     ・石垣島パイナップルのバジル風味

プティフール   ・小菓子


となっていますdeco49f2942480797[1].gif

DSC07989.JPG

ミーバイは競り直後のものを仕入れていますぴかぴか(新しい)

DSC07960.JPG

南城市のクレソンから抽出したエキスと一緒にぴかぴか(新しい)

コース料理の所要時間は2時間となっていますのでゆっくりと沖縄食材のフランス料理、そして沖縄の器”やちむん”をふんだんに使用していますのでそちらも一緒にお楽しみ下さいるんるん

 それでは、続いてやんばるの生き物編です手(チョキ)
*生き物嫌いな方は以下の閲覧はご注意くださいがく〜(落胆した顔)

やんばる路、二人とも早朝より目が覚めていたので、早々に出発ダッシュ(走り出すさま)

比地大滝にも早く着いたのでまだあまり登山道へも人が踏み入っていなかったのか、

DSC07993.JPG

ベニモンアゲハとアオスジアゲハが水たまりで水を飲んでいて蝶の楽園状態でしたぴかぴか(新しい)

間もなく、絶滅危惧種の、

DSC08002.JPG

オキナワキノボリトカゲを発見ぴかぴか(新しい)

DSC08006.JPG

尻尾の長さが美しいフォルムですわーい(嬉しい顔)

蝶では他には、

DSC08008.JPG

モンシロモドキに、

DSC08066.JPG

イシガケチョウを目

トンボでは、準絶滅危惧種の、

DSC08024.JPG

カラスヤンマに、

DSC08034.JPG

ヤンバルトゲオトンボに遭遇ぴかぴか(新しい)

虫系では、

DSC08000.JPG

カメムシ系!?

DSC08027.JPG

バッタの子供!?

DSC08036.JPG

オキナワホソバネカミキリ、

DSC08028.JPG

これまたフォルムが美しいギンボシザトウムシるんるん

その他では、

DSC08051.JPG

尺取虫に、

DSC08067.JPG

トノサマガエル、

DSC08081.JPG

キノコに、

DSC08045.JPG

ここまでになったら何か分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

川では、

DSC08017.JPG

卵を持ったヌマエビなんかもわーい(嬉しい顔)

DSC08025.JPG

イジュの花は満開で、

DSC08043.JPG

サクラランも綺麗でしたぴかぴか(新しい)

ここまで生き物がいると、さすがにおニョロさんにも遭遇がく〜(落胆した顔)

DSC08078.JPG

ガラスヒヴァあせあせ(飛び散る汗)

外国人の方で上半身裸でトレッキングしている男性がいましたがゾッとしますバッド(下向き矢印)

自然はいっぱいで気持ちが良いですが、厚手の靴を履いたり、登山道から大きく外れたりしないようにして危険生物対策をしてトレッキングはお楽しみ下さいexclamation×2

DSC08064.JPG

大滝で水分補給は忘れずにですわーい(嬉しい顔)

あまりにリフレッシュできたので、今まで趣味は特になかったですが、これからは森林浴を趣味と呼べそうです手(チョキ)

やんばる路、今日の海は、

DSC08094.JPG

こんな感じでしたリゾート

DSC08086.JPG

名護のスナックパインに、

DSC08089.JPG

POPに惹かれました、瀬底島産メロンぴかぴか(新しい)

明日水曜日からまたよろしくお願いしますレストラン
posted by プチット リュ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | やんばるの愉快な生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186030018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック