2021年02月03日

思い出の味、カスレ

おはようございます時計

DSC04239.JPG

昨日は国会中継が入ったので収録に変わりましたが、無事終了しましたTV

昨日は124年ぶり︎exclamation&question、2月2日が節分の日でしたが、節分にちなんで豆を使ったフランスの郷土料理のご紹介となりましたdeco49f2942480797[1].gif

 フランスの”郷土料理”、以前フランスで住んでいた頃、料理の修行は勿論の事ワインも勉強していましたapani49780fa6399a7.gif

当時のソムリエ教本に載っていた代表的な郷土料理とワインのマリアージュを現地で楽しむ為に、休みの日は小旅行に励んでいましたdeco4b8108b14ee175B15D-c527d-thumbnail2[1].gif
(時間が惜しいのでエールフランスで国内旅行という今思うと貴重な時間でした飛行機)

そんな折、今日のblogタイトルの”思い出の味”は、カルカッソンヌに旅行していた時の話なのですがいつも通り調子良くカメラで風景を取っていたのですが、

100_029-thumbnail2.jpg

この写真を最後に日本から持って行っていた愛用していたカメラが力尽き、この城塞都市の旧市街地で食べたカスレと”ミネルヴォワの赤”を楽しんだ食事風景や、帰り際に見たそれはそれは美しくライトアップされた城壁などは全然カメラに収められなくなりましたあせあせ(飛び散る汗)

カメラを買い替える余力もなく、ボルドーやフランス・バスクへもその後行くのですが写真はないままという苦い思い出となりました。またいつの日かリベンジですねわーい(嬉しい顔)

 長くなりましたが昨日のレシピをアップしておきます本

出演通算59回目となりました、”豆と島人参のカスレ”

(材料)
鶏肉のぶつ切り 250g (なければ鶏もも肉で大丈夫です。骨付きだと味がより濃厚になります)
大豆の水煮    100g
玉ねぎ      50g
ベーコン     40g
ソーセージ    2本
島人参      40g
(’チムシンジ’沖縄では豚レバーなどお肉料理と相性が良いのでこのお料理でも是非使ってみて下さい)
ホールトマト   150g
ニンニク  少々
水        50cc
パン粉   少々

オリーブオイル、塩、コショウ 少々

(作り方)
鶏肉の骨に沿って切り込みを入れる。玉ねぎは粗目のみじん切りに、にんにくはみじん切りに、ベーコンは1cm幅に、島人参も1cm幅に切っておく。

鍋に、油を入れ強火で鶏肉、ベーコン、ソーセージを1分ほど炒める。素材に色目が付いたら、ニンニクと玉ねぎを入れ、続けて島人参、ホールトマト、水、大豆、を入れ弱火で20分煮る。蓋はせず、途中鶏肉を裏返したり、水分が極端に減らないか確認する。この煮詰め具合が今回ポイントで、煮終わるころにはほとんど水分がなく、でも焦げていない状態を目指します。(本場のカスレは陶器の器ごとオーブンで3時間煮込みます。カルカッソンヌで食べた、それは、陶器にカリカリと焼き付くほど煮込まれていました。そのイメージに近付けるべく煮込み終わりの状態を目指します)

煮終わり、塩、コショウで味を調え、耐熱の陶器の器に盛りパン粉を全体にかけトースターでパン粉に焼き目を付けて完成です。(200℃で5分くらい、パン粉に良い感じの焼き目が付くのが目安です。)

DSC04255.JPG

トースターで入るように、写真のような器を使用しましたが、オーブンで焼き上げる場合は大きめのガラスの耐熱容器に入れて頂いても大丈夫です手(チョキ)

ところで、カスレはフランス南西部の郷土料理で、様々なお肉(鴨のコンフィ・塩漬けの豚バラ肉・仔羊肩肉・ソーセージ等々)と白いんげん豆をじっくりと煮込んだワイルドなお料理ですが、今回は作りやすいように大豆の水煮と少しでもワイルドさが出るように、ぶつ切りの鶏肉を使ったレシピにアレンジしました手(チョキ)

今回は水煮の大豆を使いましたが、沖縄食材にこだわるようでしたら今は、

136195073_1922404797910547_8287613685063505321_o-thumbnail2.jpg

県産のウズラ豆が収穫のピークを迎えているのでこちらを使ったり、さらにこだわるようでしたら、

DSC04216.JPG

県産の大豆小豆を使ってもまさに沖縄色の強いカスレが出来上がりますぴかぴか(新しい)
(写真左から、青ヒグ、タカアンダー、宮古小豆)

思い出のカルカッソンヌ、

DSC04068.JPG

現地の郷土料理本はしっかりと購入したのですが、今回のレシピの島人参を入れるところは、このレシピを参考にしました本

DSC04065.JPG

この本での完成形はこんな感じです本

このご時世の”おうちごはん”
豆や島人参にお肉のうまみをギュッと凝縮させるようなイメージで是非作ってみて下さいレストラン

来月の出演は、

dc0522270.JPG

この風光明媚な地方の代表的なソースをご紹介したいと思いますdeco49f2942480797[1].gif

 さて今日からお店も一週間が始まりますぴかぴか(新しい)

引き続き夜20時までの超時短営業中ですダッシュ(走り出すさま)

2月いっぱいお得なハピ・トク沖縄クーポンは、ファミリーマートのレジで直接購入でき、お食事代が30%引きとなりますので、是非購入して頂いてご来店くださいわーい(嬉しい顔)

3月以降、6月いっぱいまでは25%引きの”Go To Eat!”でよろしくお願いします!!ぴかぴか(新しい)

御予約はこちらからどうぞ⇒https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/
posted by プチット リュ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188366697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック