2008年09月01日

ルネッサンス!!

CIMG2139.JPGCIMG2121.JPG
ワイン会イタリア固有品種のワイン、3日間大勢の方のご参加ありがとうございました。今回のラインナップは、

1、エミリア ロマーニャ州 アルバーニャ ディ ロマーニャ 2006
2、ラッツィオ州 フラスカティ 2007
3、サルディーニャ島 ヌラガス 2007
4、ピエモンテ州 バローロ 2003
5、シチリア島 ネロ ダヴォラ 2004
6、トスカーナ州 スーパー トスカーナ 2001

でした。北から南までバラエティに富んだ品揃えでしたがいかがでしたでしょうか?

皆さんの感想を少し紹介します。

山田さんは2番のワインからグアバの香りを見つけてくれました。さすが香りのプロだと思いました。沖縄のフルーツの香りは本土ではなかなか出会えない香りなので僕も今南国フルーツの香りを覚えているところです。例えば、パパイヤ、パッションフルーツ、マンゴー、アセロラ、スターフルーツ、グアバなどなど。
島袋さんは、2番のワインの風景は白雪姫の光景が浮かんできたそうです。それも朝靄のかかる池のほとりだそうです。島袋さんの表現は豊かでいつも驚かされます。
仲西さんは5番のワインから野菜炒めの香りを見つけてくれました。樽の焦げ臭に由来するものだと思います。

 お料理は旬の秋刀魚のエスカベッシュや石垣牛のミートソースのペンネなどイタリア料理でした。
 ご家庭でもバラエティに富んだイタリアワインを今後、お楽しみいただければと思います。
            
posted by プチット リュ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31713077
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック