2010年04月11日

異国情緒漂うテラス席

fjiajrgjakvakakgf.JPG
一昨日からプチット リュの外のスペースにテラス席ができました。
気軽にグラスワインをお楽しみ頂けるスペースとして、ワインと一緒にお食事も可能なスペースとして、ぜひご自由に利用してくださいわーい(嬉しい顔)

早速2組の方が利用してくださいました。外でお食事された方にも店内の方にも「次回は外の席を予約してみたい」となかなかの評判です。ワインを気軽に楽しむ場所として、皆様にお勧めのテラス席です。

当店の建物は本土復帰の1972年に落成式があり、通りから上を見るとここはどこだろうと思うような造りとなっています。

実際観光客(こちらの呼び名では観光団)の方もカメラを上に向け異国情緒漂うこの風景をカメラに収めています。

少し前ですが映画’涙そうそう’の最初のシーンで、妻夫木 聡さんが農連市場から花笠食堂にバイクで配達するシーンでも登場する味のある通りです。(ロケの頃はプチット リュはまだ誕生しておらず、シャッターが閉じた映像でした。もうやだ〜(悲しい顔)

テーブルクロスもかけて、スポットライトで照らしているので、プチット リュのシンボルになればなあと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37034863
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック