2010年06月11日

そのB−ライン川ー

フランクフルト市内から西へ1時間弱。ライン川下りが出来るリューデスハイムを目指しますが、対岸のヴィースバーデンに到着。
時間があまりなかったためにライン川下りはあきらめ、地元の人が楽しむライン川周遊に変更。
m zma,.JPGnnnnksnemgl.JPG
着いてからは天気にも恵まれこの日も25℃。日差しが強く日焼けするほどでした。
jJKcnkjalfk.JPGknkcsanclakk.JPG
80%がリースリングが栽培されているラインガウの産地を横目に見ながら、(道路のすぐそばまで、川の土手までぶどう畑が広がっていましたぴかぴか(新しい))つぐみ横丁があるリューデスハイムへ。
dsaftedf.JPGjiejfjcv.JPG
リューデスハイムは駆け足でしたがとても美しい町で、レストランのテラス席には人が溢れていて古い町並みが皆さんの憩いの場所となっていました。次回はこの村でゆっくりと食事が出来たらと思いました。



(麻衣子)

リューデスハイムの住所がなかなかナビに入れられず、やっとのことで辿りつくと そこはヴィースバーデンというぜんぜん違う場所でしたがく〜(落胆した顔) どうやら同じ名前の通りがたくさん存在していて違うところに着いてしまったようです。 

ヴィースバーデンで道を尋ねた女性は、我々の車にしばらく同乗しながらライン川までの道を教えてくれて、隣町では子供と散歩している男性が車のナビの使い方を教えてくださって、なんとかかんとかライン川とリューデスハイムのつぐみ横丁に駆け足で行くことができました。
nnnkvamkva].JPG
ライン川では時間の都合で、観光船というよりは、1時間でクルッと周遊する地元のかたが利用する船に乗りました船
nnnkvankfjalk][.JPG
ヨットやカヌーをしたり、川沿いにキャンプをしたり、おもいおもいに楽しんでいました。

もっともっとここでのんびりしたかったなあたらーっ(汗)
次回こそは、つぐみ横丁でラインガウのワインをのむぞ手(グー)

でも、良いこともありますねグッド(上向き矢印) たまたま道を尋ねた方々がみなさん本当に親切で「よし、私にまかせといてっ」という感じで教えてくれて、最後はニッコリと素敵な笑顔わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい) 
旅行中何度も助けてもらい、我々はそのたびに感動したのでした。。。
posted by プチット リュ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ・スイス旅行 2010
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38875387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック