2010年07月31日

そのL−チューリッヒへー

ストラスブールから最終目的地、スイスのチューリッヒへ。
ストラスブール出発の朝、不定期の蚤の市がホテルのすぐそばで行われていました。市民の人が家にある物を売るフリーマーケットのような感じの市でしたが、お宝がごろごろとありました。
;kvfG.JPG
両サイドに思い思いのデコレーション、品揃えのお店がずーっと続いています。
lvb;av;avfa;l.JPG
相方は直感で、本皮の味のあるバッグを30ユーロでゲット!!
vnkanvlamvflakvfl;k.JPG
家が近ければいくらでも持って帰りたいのですが・・・・・
日曜日のストラスブールの、のどかな日常を味わい、最後の車での移動開始です。

awrokgvpakw.JPG
ホワイトアスパラガスの畑も見納めです。

ドイツに再び入り、アウトバーンをスイスに向けて南下。このあたりは、フランス、ドイツ、スイスの国境が集中しています。
途中に寄ったサービスエリアのレストランがとてもおいしそうだったので急遽昼食タイム。

vae@bvkavlbmB.JPG

;wl.JPG
ソーセージにお魚料理、そしてたっぷりのジャガイモの付け合せ。
ドイツ料理はどこで食べてもなんということのない素朴な料理ですが、心に残るおいしさです。

そしてドイツからいよいよスイスへ入国。この際、高速道路の1年間のパスを購入(30ユーロ位)が必要です。もうこの足でレンタカーは返却なんですけど、ほかのルートに迂回する時間もなくて支払いました。決まりなのでしょうがないですね。

それでも、スイスに入れば
352.JPG
v[@a;vGEA;l,fl,.JPG
右には牧草地帯
vkjlk.JPG
左にはブドウ畑と素敵な風景が広がっています。

フランクフルトで不安いっぱいで始まったレンタカー旅行、事故も無く無事チューリッヒに到着しました。ほっとしましたapani4a5153c25821a[1].gif
チューリッヒ駅前は、休日ということもあり人が大勢でした
393.JPG
チューリッヒ駅の構内ではタイの観光イベントが行われていました。タイの歌手が歌っていて、ものすごい盛り上がりるんるん
kjwlargv.JPG
ブランドショップが立ち並び都会ではありますが、
vklfv;.JPG
チューリッヒ湖から始まるリマート川は
388.JPG
市内を流れ
vkka;ev;a,vgAG.JPG
水はこんなにキレイです。

nvgflkwf;.JPG
フラワーショップにはエーデルワイスが並んでいたり、アクセサリーショップやお菓子のグミの専門店などウインドーショッピングが楽しいです。

AGGakvc;G.JPG
運転の緊張から解放されたので、お昼からスイスの地ビールと白ワインで、
かんぱーい!!
posted by プチット リュ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ・スイス旅行 2010
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39907365
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック