2010年12月05日

パリ・ミュゼットスペシャル 那覇公演終了!!

桜坂劇場でパリ・ミュゼット、金曜日に開催されました。
今回は、われわれも桜坂劇場でお手伝いができて楽しかったです。
桜坂劇場のスタッフの方たちと一緒にお仕事ができいろいろと勉強になりました。ありがとうございました。

「おもてなしナイト」をテーマにフランスワインとお食事をご用意して、ほろ酔い気分でパリミュゼットをご観覧いただくというイベントです。

mflamflaml.JPG

今日は、ホールスタッフとして。

jfdaljdflajl.JPG

当店が用意したお食事は、

やんばる若鶏のレバーペースト
自家製フルーツジャムのカナッペ
やんばる若鶏のコック・オー・ヴァンです。

大勢の方にご来店頂き、本当にありがとうございました。

開演時間が近づいてきました。

コンサートは2部構成です。
第一部は、
フランスのアコーディオン界を代表する、ダニエル・コランさんとアルゼンチン出身のラウル・バルボサさんの巧みで情熱的なアコーディオンの共演。

第2部では、ヴォーカルのクレール・エルジエールさんの、シャンソンの名曲を楽しめる贅沢な内容です。

シャンソンは、エディット・ピアフの’パダン・パダン’で始まり、

聞かせてよ愛の言葉を
〜Parlez-moi d'amour,
  Redites-moi des choses tendres.
  Votre beau discours,
  Mon coeur n'est pas las de l'entendre.
  Pourvu que toujours
  Vous répétiez ces mots suprêmes:
  Je vous aime〜
語りかけるように歌われるこの曲で、シャンソンの世界にどっぷりと。

オーシャンゼリゼ’を観客席も一緒になって歌い、

枯葉’、’サン・ジャンの私の恋人’、最後は僕が大好きな曲’イワシたち'など全部で12曲。

アンコールでは、坂本 九さんの’上を向いて歩こう ’をフランス語カヴァーした曲など聴きどころ満載でした。

クレールさんが歌うシャンソンのCDは2枚あり、年内はタワーレコードで10%オフで販売していますので、この機会に是非!!

素敵な余韻に浸りながら、今回のコンサートの打ち上げは当店でしたので、コンサート終了後に慌ててプチット リュに戻りもう一度仕事のテンションをスイッチ・オンです。

falmfal,f;a.JPG

沖縄産の食材の前菜、メイン、チーズ、デザートと、お勧めの大阪の赤ワインなどと一緒にお楽しみいただきました。

lamflalfmk.JPG

パリ・ミュゼット来日4度目を記念して「4度目、ありがとう」とメッセージを書いたケーキも用意しました。

mflamlfamfl;.JPG

今宵の当店はすごい盛り上がりで、営業最長記録を更新しました!
最後はみんなで記念撮影。

今年1月のパリでは、メンバーのみなさんに大変お世話になりましたので、今回みなさんに楽しいひとときを過ごしてもらえてよかったです!わーい(嬉しい顔)



この記事へのコメント
冬恒例になったダニエル・コランの日本公演、東京のほか名古屋、大阪、福岡を飛ばし何故沖縄かと不審に思っていましたが、「Petite rue」を覗いて貴方方との絆を見たような気がして少し分かりました。

私とコラン、バルボーサとの付き合いは20年くらい前からですが、名古屋公演が一度も無いのが残念です。

フランスのアコルデオニストたちとは沢山交流がありますが彼らとは一番古いつきあいです。

私のホームページ「出逢い」バルボーサNo.8.No.16.No.19.
コラン
No.24.No.25.No.27に彼らとの写真をUPして有ります。
Posted by カブトガニ at 2010年12月10日 08:28
カブトガニ様

おはようございます、プチット リュの新屋です。

カブトガニさんのHPで、コランさん、バルボーサさんのお若いときの写真を初めて見ました。

今、歴史あるアコーディオンの文化に我々が身近で触れられる環境はとてもすばらしいことだと思っています。

僕は大阪出身なので、大阪でもコンサートがあれば両親を連れて行きたいなあと思っています。

そんな日が来るのが待ち遠しいです!!
Posted by プチット リュ at 2010年12月10日 09:39
Chere Petite rue、

ダニエル・コランと皆さんの楽しそうな写真プリントさせて頂き、私が東京で撮った写真と合わせてダニエルに送らせて頂きました、事前にお許しも頂かず済みません。

私、ダニエルやラウルとは20年らいのお付き合いです。
Posted by カブドガに at 2010年12月18日 07:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41971961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック