2010年12月13日

ぶどうの樹3本のオーナー



image[11].jpg

12月13日月曜日18時30分〜
ナマからハイサイのコーナーに出演しますのでご覧ください目


話は変わりまして、 ’ぶどうの樹3本のオーナー’は、ワイン輸入元ヘレンベルガーホーフさんの企画です。一口16800円で申し込み、専用の畑で造られるワインを手にできます。5~6本届きます。(今年は5本です。)
2010年度の受付も始まっていますので、興味のある方はこちらから
2009年度分を申し込んでから1年半、昨日ワインが届きました。

fg;aesl;f,Z.JPG

この企画用に最高級の畑、ミツバチの山と名づけられたビーネンベルクの古木から収穫量を絞って作られた特別なワインです。

Vc,,cvlM.JPG

ラベルがノーマルバージョンと違っていてかっこいいです。

折々に「ぶどう畑便り」がはがきで届き、ワインができるまでの過程を楽しむことができました。

申し込んだときはわからなかった2009ヴィンテージですが輸入元さんの表現では、

夢のようなスーパーヴィンテージだそうです。

天候に恵まれ、特注の新樽で熟成したワインは濃厚な厚みがありながらもエレガントな酸もそなえ、高い位置でバランスのとれているとのこと。

日本に到着したばかりなので1ヶ月ほど休ませてから飲むようにと説明がありますので、当店でお楽しみいただけるのは年明けになりそうです。


5月にフーバーさんを訪れた時の様子です。

nvkanvmalmv.JPG

緑豊かな大地には花が咲き乱れ、

vlkamvlfak;.JPG

小高い丘に最高級の畑があります。

醸造所へは、レンタカーのナビがないと迷いそうなバーデンの郊外にあります。

kvak;fk.JPG

泡から白、赤、甘口ワインまで10種類を越える至宝のワインを、テイスティングでは考えられない銘柄、ヴィンテージを運よくフーバーさんのご厚意で試飲することができました。

mvlamflam.JPG

醸造所内の香りは芳醇で、実際に働かれているスタッフの作業なども特別に見せていただきワイン造りを肌で感じることができました。

一言一言を聞き逃さないように、メモをして、フーバーさんのワイン造りに対する熱い思いを感じました。

スペシャルボトルは1月から、フーバーさんのお勧め、’ヴァイサーブルグンダーにはホタテ料理を’、是非お店でお楽しみください!!
posted by プチット リュ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42071590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック