2011年01月04日

お正月・フラッシュバック!!

夕方、沖縄に帰ってきました。
ニュースで皆様ご存知のとおり、本土では瀬戸内側は雪こそ積もりませんでしたが、とても寒かったです!

それでも、お互いの実家でゆっくりと過ごし、楽しい時間はあっという間に過ぎていき、明日から、通常営業が始まります。

ワインにどっぷりのお正月。大阪を出発して以降振り返りますと・・

相方の実家岡山で、二人の兄家族と両親と一緒に新年のパーティーです。

432.JPG

子供たちもいるので、おせちに加えて、から揚げや、パスタ、ピザなどがありバラエティーに富んだ料理。にぎやかで楽しいです!!!

fa;fa;lf;al.JPG



まずは持参したシャンパンから

fl;alf;alf.JPG

スタートし、

fk;alf;alf.JPG

エゴンミュラーのカビネット

両親が用意してくれていたスペシャルワインは・・

fla;fla;lf.JPG

シャトーマルゴー 2004でした!

柔和で絹のように滑らかに伸びる余韻、それでいて重厚で複雑なアタック。心まで揺さぶられる味わい。
お正月からグランヴァン。良い事がありそうです。わーい(嬉しい顔)

明けて次の日、ワインの師匠とランチを一緒に。お正月から時間を作ってくださいました。

場所は倉敷のイタリアンの名店。

煉天地さんです。

こdckじょKJCお.JPG

美観地区の近くに位置する煉天地さん。

fla;fka;.JPG

シチリアの大地と太陽を感じさせる前菜の盛り合わせには、スーパートスカーナの先駆けである’カマルティーナ’の造り手、クエルチャベラのキャンティ・クラシコを。どこまでも柔らかくお料理を包んでくれます。

fl;fk;afkl.JPG

fkap;kfl;al.JPG

パスタ2種を4名で取り分け、茹で加減も絶妙のアルデンテ。

fa@fla@lf.JPG

噛めば噛むほどうま味が出るピザには、去年のピエモンテの旅行を振り返る、テッレ・デル・バローロのバルバレスコ2005。神秘的で霞がかったピエモンテの赤ワインです。

flakjflakf;あkp;l;;.JPG

相方は絶品のティラミスと陰干しぶどうの食後酒パッシートとのマリアージュ。甘美な世界が!

fka;lkfa;lf.JPG


f;afkl;af.JPG

僕はチーズの盛り合わせ。

fk;lakf;a.JPG

ソムリエールのマダムと一緒に。南イタリアのテロワールを感じることができる倉敷の名店です。

その後はお正月休みにも関わらず師匠のお店へ。

fka;fk;a.JPG

今年、プチット リュでどんどんアプローチする予定の、沖縄県産豚の様々な部位を使ったお料理。これらにどうしても合わせたいワイン、キャンティ。
老舗のものから、モダン、ヴィンテージのものを仕入れます。いろいろなキャンティで豚肉料理とのマリアージュをお楽しみくださいね。

fk;akf;akl.JPG

ひるぜんワイナリーの試作段階のやまぶどうグラッパ。柔らかな口当たりは新たな境地を切り開いてくれることでしょう。

fka;lkfp;ak.JPG

帰省するたび必ず寄っていく白壁が美しい倉敷美観地区。
薄暗い道をほろ酔い気分で歩けば、言うことなしの満足感です。

倉敷駅前の天満屋の地下に立ち寄り、お土産を購入。
実家に戻ると、またみんなで岡山のブランド牛、’千屋牛’と、猪肉のすき焼きをしました。

fka;lkf;ak.JPG

止まりません!!ワイン時間は

fka;fk;akf.JPG

ロワールのシノン 2002

そして今日、神戸へと向かい、

128.JPG

ポートアイランドからは、天気もよく明石大橋が遠くにはっきり見えます。

fklakfl;ak.JPG

荷物を預けてから時間が許す限り、南京町へ行き

kfa.kf;lak.JPG

小龍包、ふかひれラーメン、から揚げなどを急いで楽しみ

lkfjaljkfl.JPG

あれよあれよという間に離陸です。

年末年始にも関わらず、いろいろな方と会うことができ、実家でもゆっくりと過ごせました。

食べ&飲みのお正月でした。

ワインとのマリアージュもいろいろ考え、

明日からスタートです。

今年もプチット リュをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by プチット リュ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り美味いもん処
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42380154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック