2011年01月11日

新年会

valjfvalk.JPG

いつもお世話になっている方のお宅にお招きいただき新年会。
ブルゴーニュワインがお好きなかたなので、ジョゼフ・ドルーアンのボーヌ・エプノ 1999を持参。

fapfk.JPG

乾杯はS.R.のレアシャンパン、生産本数3000本のアンドレ・クルエ。ピノ100%で作られるスレンダーで端整の取れたエレガントなシャンパンです。

fmmalfmjla.JPG

こちらの前菜のみかん風味の蜂蜜とハーモニーを奏でていました。


flakkflakl.JPG

mfnanflam.JPG

お部屋の雰囲気とご主人の作る手料理はお店で食べているみたいです。

flaflammf.JPG

甲殻類のエキスたっぷりのリングイネ。
あわせた白ワインはラドワ・セリニーはカシャ・オキダンのブルゴーニュ・ブラン。
生産本数1200本のこちらもレアアイテム。あふれんばかりのミネラルに樽の香りが加わりつつも気品を携えた秀逸なワインです。

fmlammflakm.JPG

数日間煮込まれた、コック・オー・ヴァン
flaflak.JPG

豚ばら肉のギネスビール煮込み。

赤ワインへ移行。まずは持参した、ドルーアンの赤。ピュアーな果実味に熟成がもたらした瑞々しさ。ホッとするようなピノノワールでした。

059.JPG

flamflaml..JPG
ご参加のYさんが持ってこられた、グロ・フレールのエシェゾー 2002。
豊満なボディーからみなぎる華やかなニュアンスに熟成の妖艶さが加わり複雑かつダイナミックな味わいです。

f;akf;af.JPG

ゴディヴァのアイスクリームを頂き、

falmfamf.JPG

ギネスビールを飲み、おいしさの余韻に浸っていると、またお料理が再開!
デザートはお口直しだったの?!

fklakfakf.JPG

ホワイトアスパラガスのポタージュ のどごし滑らか優しい味が最高です

fkl;akfa;k.JPG

ピザには

flaflakfla.JPG

米軍の基地内で買われたという、バタシオーロのバローロ 2006。モダンでエレガントな味わいです。

flaflaf.JPG

豚肉のオーブン焼きには、

kfkalkf;ak.JPG

ロエロ・スペリオーレ 1996。しなやかな酸がまたまた食欲を刺激してくれます。

falkfa;kf;ak.JPG

ホタテのジュエル・ロブション風

fmlaflakf.JPG

えびの汁そばで〆です。

ご主人の作るお料理はプロレベル。僕もがんばらないといけませんわーい(嬉しい顔)

fk;akf;akf.JPG

5名で6本、8時間半食べて飲み続けました。本当にご馳走様でした!!

fkalfkakf.JPG

カプチーノで新年会は終了となりました。

主催のHさんご夫妻、ご参加のYさん、Tさん、とても楽しいひとときをありがとうございました!






posted by プチット リュ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42501984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック