2011年01月14日

沖縄のスパークリングワイン

葡萄ではなく、沖縄のパッションフルーツやアセロラで造られた果実酒があります。

mflamflakf.JPG

南部の糸満市にある糸満観光農園へ行ってきました。

琉球石灰岩の土壌で育った、パッションフルーツやアセロラを糸満の契約農家から買い、酸化防止剤などは使わずに造られています。

fk;af;allf;al.JPG

こちらはアセロラジュースを搾汁しているところです。この後2週間醗酵させ3ヶ月ステンレスタンクで熟成させ澱を沈めてボトリングして出荷です。

f;af;llf;al.JPG

運営統括責任者の玉城さんと、元気いっぱいの販売スタッフの方です。

fk;afk;alkf;a.JPG

この糸満ワインの中で唯一、スパークリングワインだけは宮崎の都農(つの)ワイナリーで造られています。

糸満市と宮崎県都農町は姉妹都市。最近の口蹄疫問題の時も、糸満市はいろいろな形で支援をされていたそうです。

歴史を遡れば戦争のとき、宮崎は沖縄からの疎開先でもあり今でも多くのつながり、交流が続いています。

この都農ワイナリーは、海外のワインにもまけない秀逸なワインを生み出しています。当店でも以前から取り扱いのあるシャルドネは、フランスのそれを凌駕する味わいに仕上がっています。

キャンベルアーリーから造られるスパークリング・ロゼ 2003は’ワイン・リポート’で

世界で最もエキサイティングなワイン100のひとつにも選ばれたほどです。

そんなノウハウを持ったワイナリーと、沖縄の太陽をいっぱい浴びたパッションフルーツが出会い、生まれたスパークリングワイン。

爽やかな味わいですが、芯がしっかりしているので食前酒から食中酒としてお楽しみいただけます。

018.JPG

当店でも早速ですがお勧め五選にリストアップしました!!

沖縄素材のフランス料理とのマリアージュを多くの方にお楽しみいただけたらうれしいですわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のワイン
この記事へのコメント
9日の夜に閉店の最後の1組までお世話になりました北海道から2名で来店させていただいた三浦と言います!

おいしいフレンチと楽しく会話させていただきありがとうございました!
5年ぶりの沖縄本島でいい思い出がつくれました。

ブログも、仕事ばりに丁寧ですね(笑)
これから読者にならせていただきます。

twitterでも宣伝しておいたので、暇があれば見てみてください(@MiuraManabuで検索してみてください。)。

私、実はたいへんなスパークリングワイン好きです!
糸満のスパークリング、驚きです!
ネットとかでも買えるのかなぁ。
Posted by 釧路マナブ at 2011年01月15日 10:24
釧路マナブ様

先日はご来店いただきありがとうございました。楽しいお話をいろいろとお聞きし、昔行った北海道の風景を思い出しました。釧路の和尚市場、根室で食べたエスカロップのバターライス、納沙布岬の美しい景色などなど。
お勧めの暖かい時期にまた行けたらなあと思います。

スパークリングワインは糸満観光農園さんのHPから購入できます。送料が+1000円かかりますが、是非検討されてみてください。
Posted by プチット リュ at 2011年01月15日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42556581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック