2011年02月10日

ランシオ香

ワインの表現で白ワインの熟成の香りの表現で使われる、

ランシオ香

ソムリエ教本では、

太陽にさらした樽の中での長期の熟成による一種の酸化作用の影響で、特有の色と風味を持つようになったワインをさす。このブーケ(熟成に由来する香りの表現で使われるワインの表現)を特にランシオの香りといい、シェリーやマディラ、また、長い熟成を経たアルマニャックなどにも感じることができる。

とあります。

以前東京のワインショップで購入していたランシオが今グラスでお楽しみいただけます。

vfa,fmamf.a,f.,.JPG

ランシオそのものです。ヴィンテージ1994。フランス ラングドック地方の琥珀色をした酒精強化ワインで甘口。香りはランシオ香そのものです。

興味のある方は食後酒にどうぞ。

posted by プチット リュ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43336854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック