2011年11月09日

パリな日常E

昨日の正午の地震は怖かったですねapani4d8b28568e990[1].gif

僕は、買い出しで国際通りの交差点で信号待ち。バスがちょうど向こうから来て、今日はえらい地面がゆれるなあと思っていたら、大きな揺れがきて、地震だとわかりました deco48a128926f5ad[1].gif

その瞬間は、ただ立ち尽くすしかできないものですね。

アーケードのお店の人たちはとりあえずお店の外から出て、通りで怖かったねーと話していました。

いったん家に帰り津波情報をテレビでチェック。相方は、お風呂を、塩素系の洗剤で掃除中。体が揺れるから塩素を使いすぎてフラフラしたのかなと最初思ったそうです。

那覇市は震度3。大きな被害がなかったですが、

お店に戻ると、フーバーさんのサインがずれていたり、

IMG_5847.JPG

固定しているワインボトルは大丈夫でしたが、

IMG_5845.JPG

飾りのものが少し落ちていました。

IMG_5850.JPG

大きな地震がこないことをねがいます。



さてタイトルのパリな日常6回目は、公園のお話です。

パリは、市内のいたるところに、市民たちの憩いのスペースとなっている公園があります。

有料の公園もありますがほとんどが無料で、楽しめます。

公園の花が咲いている、5月、6月頃が最高ですが、

dc0501115.JPG

四季折々、

IMG_1526.JPG

公園を歩くといろいろな光景を楽しめます。

そしてそこでそれぞれの時間を楽しむ人々。公園の魅力をお伝えするために、今日は歩いていて出会った風景をお届けしたいと思います。

dc051976.JPG

dc051972.JPG

日光浴もかねて公園の備え付けの椅子でくつろぐ人

dc052541.JPG

dc051995.JPG

dc051990.JPG

無邪気に遊ぶこどもたち

dc050678.JPG

チェスに真剣なおじさん

dc0422140.JPG

dc0422142.JPG

フランス発祥の球技、ペタンクを楽しむ人


旅行中、公園でゆっくりと散歩するのもお勧めですdeco4a98942648ff1[1].gif

公園情報は、こちらから


本場パリの空気をそのままに、

”パリ・ミュゼットのコンサートは、

12月11日(日) 18時開演

場所 桜坂劇場にて

チケットは前売りで 4000円となっています。この機会にぜひお楽しみください!!”


posted by プチット リュ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50070408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック