2012年01月17日

東京旨いもの紀行2012山梨へも行くよA

阿佐ヶ谷2日目の朝は、

IMG_7510.JPG

キングバーガーで、あっさりと。

今日は、銀座でショッピング。銀座三越で相方が服を選んでいる間、ソファで座って館内のパンフレットを見ていると美味しそうなフレンチを発見目

相方に相談して、さっそく12階へ。お店の名前は、’レ ロジェ エギュスキロール’

バスク地方・ビアリッツにある女性シェフのレストランがプロデュースした本格レストランですレストラン

IMG_7530.JPG

まずは、グラスシャンパン’ローラン ペリエ’ で乾杯apani495093970e603[1].gif

IMG_7532.JPG

アミューズブッシュは見た目もきれいで、それぞれの味がしっかりしていてこれからのお料理がワクワク。

IMG_7533.JPG

前菜は二人でばらばらなものを注文し、こちらは、フォアグラのテリーヌとホロホロ鳥のサラダ仕立て、トリュフ風味。贅沢な味わいです。

IMG_7535.JPG

相方はズワイガニと根セロリのサラダ、 ソース アメリケーヌ。

メインディッシュは、それぞれ、

IMG_7541.JPG

旨み凝縮系、でも軽やかでおいしい、スープ・ド・ポワソン(もっちりしたラビオリに包まれたホタテの火入れも最高です)と、

IMG_7543.JPG

やったージビエです。蝦夷鹿のモモ肉のロティ、黒コショウソースで。雌鹿なのでとっても柔らか。

合わせたワインは、ナチュラルピノ。

IMG_7537.JPG

メオ・カミュゼ マルサネ ’05。ピュアでチャーミングな花束が満開です。

IMG_7538.JPG

メインディッシュの付け合わせにお値打ち価格で追加ができます。

IMG_7544.JPG

ジャンボマッシュルームとホワイトアスパラガスのソテーに黒トリュフを眼の前でスライス。

シンプルな素材に味わいは幾重にも重ねられていて、ワインとのマリアージュは張り詰めた、高いレベルのものでしたるんるん

IMG_7546.JPG

チーズは追加して、

IMG_7553.JPG

IMG_7555.JPG

色鮮やかなデザートを食べ、フルコースを満喫。

お料理にはパッションがあり、サービスは温かいもてなしで、有意義な時間を過ごすことができました。

ご馳走様でしたわーい(嬉しい顔)

ランチからワインと楽しみたいお料理です。次回はぜひ、ディナーにるんるん



食後は、調理器具を探しに、合羽橋へ。

途中、

IMG_7595.JPG

雷門や、

IMG_7582.JPG

スカイツリーを見たり、

IMG_7563.JPG

大きなエビが載った、天丼の模型ですexclamation&question

IMG_7606.JPG

亜門さんのミュージカルで元気をいっぱいもらいました。
2台のピアノと3人のキャストの舞台。シンプルだからこそ際立つ「生きるパワー」
圧倒されそうでしたexclamation×2

IMG_7611.JPG

夜は、阿佐ヶ谷に戻って中華料理を。

明日は山梨へGO!!

中華料理でスタミナ満点exclamation×2

posted by プチット リュ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京・山梨2012
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53130367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック