2012年06月25日

こだわって作っています!!

お陰様で、プチット リュも5年間営業することが出来ています。

これもひとえに、プチット リュを愛してくださる多くの方々のおかげです。心より感謝申し上げます。

僕もお店を経営するまで分からなかったことがいっぱいあり、やってみていっぱい分かったことがありました。


遡ればオープンして半年後、このブログ「プチット リュだより」を始め、その時に”プチット リュの考え”というテーマで書きました。その時の記事です。

プチット リュの考え

 今日も肌寒い一日でした。
今日は、プチット リュのコンセプトを説明します。
1、全て手作り(お菓子はフランス菓子を中心に)
2、だしは、自然の素材から
3、県産食材にこだわって
4、旨いワインをお手ごろ価格で
5、沖縄食材のフレンチとワインのマリアージュ。

カジュアルなお店ですので、ふらっと立ち寄っていただければと思います。


<2008年2月17日の”プチット リュだより”より

これらの事は改めて見ると現在も何一つぶれずに取り組んでいます。お店としては3年目でランチを終了するといったことも経験しましたが、オープン当初から、絶対にこだわっている点があります。
相方が昨日、僕に「あなたは5年間、仕込みに手を抜いた日が一日もなかったね。」と言いました。

 思い返せば、フランス料理では皆様よくご存知のフォン・ド・ヴォー(仔牛のダシ)をはじめ、フォン・ド・ヴォライユ(鶏のダシ)、フュメ・ド・ポワソン(魚のダシ)、ジュ・ド・コキヤージュ(貝のダシ)、フォン・ド・レギュム(野菜のダシ)にアメリケーヌ(甲殻類のダシ)など当店では、すべて手作りです。マヨネーズ、ドレッシングなどもこだわり、全て自家製です。ランチをしていた時も朝早く起きて、スープをとり続けました。ソースにおいても然りです。すべてこれらのダシをベースに手間ひまかけて作っています。

DSCN3032-thumbnail2[1].jpg

そのことが、14席の小さなお店なので経営を圧迫するときもありました。
市販の化学調味料を否定するつもりはありませんが、僕にとっては上記の事は本当に譲れない事だったので、一度も使ったことはありません。これからも一切使うつもりはありません。今の大切なお客様に伝わっていることは、このこだわりだと自負しています。



そういう現状において、心ないネット上の書き込みや口コミの評価、事実でない内容に対して非常に残念に思う時があります。もし何か思うことがありましたら、ご本人が直接、僕たちに言ってください。改善すべきところは改善したいと思っています。逃げも隠れもいたしません。

そして、書き込みをする方(一部の飲食業のかた)には、僕のお店に限らず、その向こうにはいろいろな事情や条件のもとでその日その日を懸命に頑張っている人がいることを忘れないでいてほしいと思います。

少しいつもと違う文章になりましたが、これからも、プチット リュは、プチット リュが良いなあという皆様に全ての力を尽くしていきたいと思います。それがすべてです。どうぞよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)

posted by プチット リュ at 03:18| Comment(1) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
新屋さん!!!
だから大好きなんです、プチット リュ☆
お二人の心のこもったお料理とおもてなしに、いつも心から癒されています。
ワインやチーズのおいしさや奥深さも、大好きな仲間とおいしいものを囲んで語り合う時間の大切さも、私はプチットリュに教えてもらいました。

なかなか頻繁には伺えませんが、
これからも、そのぶれないこだわりの一ファンでありたいと思っています。
Posted by RBC・あやこ at 2012年06月27日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56686085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック