2012年11月11日

年末はシャンパンはいかがですか

年内の営業は⇒http://petiterue.sblo.jp/article/59807784.html

沖縄に来て、一度も食べていなかった、活けタラバガニdeco4e2b696939a92[1] - コピー.gif

魚屋さんで見つけたので10数年ぶりに購入。年末になっていくと値段が上がるので、思い切りました!
私のお小遣いの大半は、ワインか食材に注がれますあせあせ(飛び散る汗)

DSCN3065.JPG

日本でも最近カニ漁解禁のニュースを見ましたが、今回はロシア産のタラバガニ。
カニ鍋で頂きます。

和食のカニ鍋に合わせるワインは、ドイツのリースリング、日本の甲州などもお勧めですが、ちょっと奮発して、この日は、

DSCN3095.JPG

シャンパンで楽しみますぴかぴか(新しい)

ピノノワールの比率が高い、アンリオ・ブリュット・スーヴェラン

華やかな花の香りと、ナッツ、トースト香とリッチな味わい。他のスパークリングワインでは、なかなか味わえない、これぞシャンパンな、複雑で圧倒されるほどの分厚さ。

DSCN3108.JPG

カニの身とだいこんおろしたっぷりのポン酢と、トレビア〜ンなマリアージュぴかぴか(新しい)

DSCN3116.JPG

〆は、カニの足を2本残しておいて、その身を入れたカニ雑炊ぴかぴか(新しい)

塩としょうゆだけの味付けだけで十分。蟹のおいしさを満喫るんるん

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワイン。国の法律で造り方が厳格に決められその品質を維持しています。

DSCN6061.JPG

シャンパーニュの産地のひとつ、エペルネーの街を見下ろすぶどう畑

シャンパーニュ地方には二人とも半年間、それぞれが住んだことがある思い出の場所です。

その頃の話は⇒http://petiterue.sblo.jp/category/798355-1.html


この地方では、カフェのテラス席で、

DSCN6029.JPG

シャンパンを楽しんだり、

DSCN5571.JPG

グランメゾンで優雅に楽しんだり、

DSCN6165.JPG

はたまたスーパーのワイン売り場では、他のスティルワインを圧倒するくらい品揃えが豊富で、シャンパンが身近な環境ですぴかぴか(新しい)

カニ鍋とシャンパンを飲んでて思いましたひらめき

この豊かな味わいを当店でもお楽しみいただきたいと。

IMG_7275-thumbnail25B15D[1].jpg

ポル・ロジェがなんと、6200円とお値段も頑張ってますexclamation×2

一年の締めくくりにシャンパンはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)

おすすめのスパークリングを聞かれたときも皆様にオススメしていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59963521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック