2012年11月15日

“Le Beaujolais nouveau est arrivé!!”

いよいよ本日解禁ですdeco4ec5881223a69[1].gif

毎年解禁日は旅行に行く時みたいにワクワクして、朝早くに目が覚めます目

当店にはいつも通り今日の午後に到着なので、まだ画像はアップできませんが、

お二人様でも飲みきりタイプのハーフボトルや、古木60年のこだわりヌーヴォー、岡山県出身の仲田さんが造るヌーヴォー、コストパフォーマンスが良い輸入元飯田が円高ユーロ安で今年はさらにリーズナブルになったヌーヴォーなど、当店ならではのラインナップをお楽しみいただけますぴかぴか(新しい)

2012年の獲れたてフレッシュヌーヴォーをどうぞお楽しみくださいるんるん

ボジョレーヌーヴォはまた改めてご案内するとして、先駆けてお店でご紹介している、山梨の新酒も、みずみずしくて、フレッシュでおいしいですexclamation×2

甘口ですが、全然いやらしい甘さではなく、体にすーっと染み入る甘さです。”甘口ワインはー・・・・”という方に是非飲んで頂きたいワインです。

DSCN3185.JPG

醗酵途中の上澄みをろ過せず、ボトルに詰めますので、ぶどう成分がこんなに底にたまっていますexclamation×2

ワインでは初めて見ました。フレッシュなうちに、”瓶詰日から4か月以内でお楽しみください”と賞味期限まで表記されています。

グラスに注ぐと、

DSCN3190.JPG

こんなに濁っています。ワインの表現であるのですが”シルクのようななめらかな”を色でも表現してくれているワインです。

このシリーズは、この甘口に始まり徐々に辛口になっていくのですが、まずは酒折(さかおり)地区・甘口バージョンから始まります。なぜ甘いのか同社HPで、

IMG_8196.JPG

井島醸造長が説明してくれています。

”シャトー酒折の地元、甲府市酒折地区は県内でも最も早く収穫が始まる地区です。そのため、皆様にいち早くお届けできるワインでした。今年は11月3日からの発売となります。
酒折地区は南向き斜面に畑が多く、日当たり良好な土地。また、生食用として栽培する農家が多いため、甘みが多く、甲州特有の苦味が少ない、バランスのよい甲州種葡萄が収穫されます。そのため、バランスのとれたとても飲みやすいフルーティーな甲州ワインとなります。”

ふむふむ。

溢れんばかりのピーチdeco47bd593e4886d[1].gifの香り。ぶどうをギューッと搾った果汁を飲んでいるかのようなみずみずしさ。濁りも何の混ぜ物をしていないので、その甘さがとってもナチュラル。

アルコール度数も10度と女子会にもってこいの1本ですぴかぴか(新しい)

大勢の方に楽しんで頂きたく、急遽グラスワインのひとつに大抜擢ですわーい(嬉しい顔)

食後のデザートにも合いそうです。”甲州にごり” おすすめワインですっexclamation×2

年内の営業は⇒http://petiterue.sblo.jp/article/59807784.html
posted by プチット リュ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 謝花きっぱん店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60054846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック