2013年01月26日

今日から一ヶ月間の輸入元キャンペーン!!

2月17日(日曜日)〜2月21日(木曜日)まで、”東京・山梨研修旅行”のためお休みしますのでよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

rikka_top[1] (2).jpg

次回は、2月5日 火曜日となりましたexclamation×2 沖縄では一足も二足も先に旬を迎えているトマトを使った一品をご紹介したいと思いますapani4a04d6f4cc647[1].gif

さて、本題の、輸入元ファインズのキャンペーンのご紹介ですぴかぴか(新しい)

数多くあるワインから、フランスのものばかり、厳選5種類、選びましたdeco49f2942480797[1].gif

順番に見ていきましょう目

@スパークリングワインは、クレマン・ド・ブルゴーニュ
なんとプチット リュでは、クレマン・ド・ブルゴーニュ自体初登場ですexclamation×2 待ってました!! ブルゴーニュの南、コート シャロネーズのリュリー村に本拠地を置くヴーヴ・アンバルが造る本格クレマンです。リッチな味わいをお楽しみくださいるんるん
通常価格 4500円がなんと3500円exclamation×2

Aシャブリ名門ウィリアム フェーヴルの1級 ヴァイヨンです。シャブリは皆様お馴染みかとは思いますが実はその品質により4つの階級に分類されています。今回は特級に次ぐ、1級・プリミエクリュexclamation×2 プルミエと言えど特級の畑もシャブリの街を挟んですぐ近く。人気の一級畑です。そして、このワインは、ANAのファーストクラスでも採用された実績もありますdeco4df403ca665d3[1].gif
ワンランク上、ファーストクラスのシャブリをお楽しみくださいるんるん
通常価格 7000円のところ 5800円exclamation×2

Bピュリニーモンラッシュの1級
今度は、ピュリニーモンラッシュの一級です。これまた特級のバタール・モンラッシュに隣接する畑、一級畑では大人気のクロ・ド・ラ・ピュセルです。造り手は、ドメーヌ・ジャン・シャルトロン。〜1859年に樽職人だったジャン・エドゥアール・デュパール氏によって設立されました。デュパール氏はピュリニー村の村長を務め、在任中に村名を「ピュリニー」から「ピュリニー モンラッシェ」に変更しました。現在の当主は5代目のジャンさん。〜というくらい、ピュリニーモンラッシュ村の隅々まで知り尽くした一族が造るワインでするんるん
通常価格 12000円のところ9800円exclamation×2

Cロワールの自然派ワイン
赤では、ロワールのドメーヌ デ カール。輸入元資料によりますと、〜2007年にセドリック、ヴェロニク夫妻が取得した新しいドメーヌです。ロワールのアンジュー、ラブレ シュール レイヨンに位置し、約30haの畑を所有しています。畑はレイヨン川に面した場所にあり、レイヨン川より北は片岩質でテロワールの特徴がワインに出やすく、川より南は砂利質で品種の特徴が出やすい土壌です。彼らがこのドメーヌを取得してから、殺虫剤、除草剤を使用せず、この地方では珍しく手摘み収穫を行っています。除草剤の使用を止めた畑には、自然と野生の蘭やスミレなどが咲くようになりました。近隣で他に生産している人がいないグロローという品種を100%使用したワインを、品種に惹かれまた保護するためにも生産しているなど、個性的なワインも生産しています。

プチット リュのオープンと同じ2007年にスタートしたワイナリー。フランス消費されていたこちらの造り手、海外では日本への輸出が今回初となります。純朴な果実香と白こしょうなスパイシーな味わいをお楽しみくださいるんるん
通常価格 3500円のところ2800円exclamation×2

Dボルドーの濃厚エレガント赤ワイン
シャトー・ヴァランタイン。ヴァランタインは、フランス語でヴァレンタインを意味します黒ハート 季節商品では終わりませんよ、こちらのワイン。マルゴー村の味わいが楽しめる本格ワインですぴかぴか(新しい)ヴァランタイの畑は、なんと格付けシャトー、シャトー・ラスコンブ【格付け第2級】とシャトー・マルキ・ダレム・ベケール【格付け第4級】に挟まれた好立地に位置しますexclamation×2黒系果実とオークの深く複雑な味わいを、ぜひお楽しみくださいdeco4b8108b14ee17[1].gif
通常価格 4800円のところ3800円exclamation×2

DSCN8865.JPG

輸入元キャンペーン、どうぞお得なこの期間に気になるワインを是非!!deco4b2560a36771e[1].gif
posted by プチット リュ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61729194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック