2013年03月25日

Hijiki à la Provençale

さあ、今日、月曜日は週に一度の定休日でございまするんるん 
昨日の那覇は朝から雷が激しく、一日中降り続いた雨。
今朝から天気は回復してきそうです晴れ

だいたい日曜日の営業が終わると、「当店のいちおしワインと食事のマリアージュ研究会」と題して、あれやこれやと 話をしながら勉強&一週間の反省会です。昨日飲んだワインは、

DSCN0603.JPG

W・フェーヴルのシャブリ・プルミエ・ヴァイヨンの’10。熟した果実に、伸び続ける酸が、これぞヴァイヨンな味わい。プラス リッチな樽の香りと溢れるミネラル。さすがANAのファーストクラスで採用されただけある深みのある高品質なシャブリでしたぴかぴか(新しい)
手巻き寿司と合わせましたが、海苔に酢飯に大葉に、マヨネーズで和えたカニカマをのせて巻いたのと、このシャブリがぴったり手(チョキ)でした。ミネラル感がグッと前面に出てきて、マヨネーズのクリーミーさともマッチぴかぴか(新しい)

昨日は、そんなおいしいワインを飲みながら、「自分をブドウ品種に例えると何やろ?」ってことなり、
僕は希望も込めて、「ピノノワールかなー?」と言ってみると「そんな気品は無い!!」と一蹴されました。

dc1007147.JPG
ブルゴーニュで収穫作業を経験した時の写真ですカメラ

いろいろ話した結果、フランスでも「太陽をたっぷりと浴びてやや過熟気味の少し大衆的な黒ブドウのグルナッシュ」に落ち着きましたdeco4cc1aafc6f70a[1].gif わーい(嬉しい顔)

ちなみに相方は、「私は日本の甲州だな」と言いましたが、「もっと、クセがあるやろ!!」ということでフランス・ロワールの白ブドウ ソーヴィ二ヨン・ブランとなりましたわーい(嬉しい顔)

自己分析(自分の希望)と他者からの目は違うものですね・・・・たらーっ(汗)

皆さんは、どんなブドウになるのでしょうか? ワインになるブドウ品種は5000種もあるそうで、同じ品種でも国により個性が異なるので、想像するとなかなか楽しいですよるんるん

さて、もうすぐリニューアルした感じで始まる、テレビ出演。新年度一回目の食材は、今が旬の

DSCN0467-thumbnail2[1].jpg

生ひじき

独特な素材のメニュー開発だったので、クリームで煮たり、バターで味付けしたり、いろいろ実験しましたが、一番おいしかったのがオリーブオイルでのソテーでしたぴかぴか(新しい) そこからイメージをふくらまし、出来た一皿はひらめき ブログのタイトルにあります、

DSCN0496.JPG

Hijiki à la Provençale

ひじきのプロヴァンス風ですぴかぴか(新しい)

今回は組み合わせる食材に注目です目

4月10日、水曜日の放送を是非ご覧くださ〜いTV

posted by プチット リュ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64039502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック