2013年07月04日

しゃぶしゃぶとワイン

大阪の実家から、今日、お中元でお肉が届きましたdeco4a9113be716ce5B15D5B15D-bb29a-thumbnail2[1].gif

高島屋で注文したお肉で、

DSCN3631.JPG

上等むんが届きます手(チョキ)

いつもは、すき焼き肉が届くのですが、今回はしゃぶしゃぶ肉ぴかぴか(新しい)

そういうわけで週の半ばではありますが、真面目にワインとのマリアージュを探求exclamation×2


DSCN3639.JPG

しゃぶしゃぶ 至ってシンプルな料理法ですよね

沸騰したお湯にささっとお肉をくぐらせ、ポン酢またはゴマだれで頂く、

素材の持ち味が活かされる料理です。

シンプルですが、お肉の旨みを活かすワインは?となるとやっぱりワインにもタンニン控えめで旨みが必要とされます。その旨みにも種類はありますが、日本ワインのダシがきいたワインや、ニューワールドにある旨みのあるワイン、甘味がきいたワイン、ブルゴーニュの気品あるワイン、いろいろありますが、今回チョイスしたのは、ドイツの朴訥としたピノノワール

とはいえ、ワインガイドブック、5房の最高峰の造り手、ドイツ南部バーデンのベルンハルト・フーバー醸造所 

合いそうじゃないですか〜

DSCN3638.JPG

今回はゴマだれも二種類、ミツカンと今半を用意しました

さあマリアージュ開始です

DSCN3660.JPG

国産黒毛和牛、程よく脂がのりすこぶる調子が良いですグッド(上向き矢印)
DSCN3662.JPG

フーバーさんのワイン。ドイツ語でシュペートブルグンダ―とは、ピノノワールのことです。

小粒のベリーとミネラル、1時間してエンジン全開ダッシュ(走り出すさま)

マリアージュは、今半のごまだれが少し酸味がきいていたのが功を奏したのか、ワインの酸味と合致

ワインに少し醤油のニュアンスがあったのか、お肉をポン酢で食べた時にこれまた合致

マリアージュを考えてチョイスしたワイン、中盤から、フーバーさんのワイン単独で一人歩きぴかぴか(新しい)

DSCN3656.JPG

フーバーさんがこのワインを造るのに紡いできたストーリー、そして飲み手が飲み始めて紡ぎだすストーリー

奥ゆかしさが支配し始めたワイン

IMG_4555.JPG

IMG_4580.JPG

3年前にそんなスーパースターに会えるかどうか分からずにフランクフルトから左ハンドルのフォルクスワーゲンのレンタカーで向かった、フーバー醸造所

初対面でありながら、とても温かく迎えてくださいました。わーい(嬉しい顔)

結論exclamation×2

ワインはやっぱり奥深いですexclamation×2

ビールに泡盛、芋焼酎、日本酒、みんなおいしいのですが、やっぱり僕はワインが好きです。ぴかぴか(新しい)

posted by プチット リュ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70438957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック