2013年10月12日

ソムリエールへの道のり


10月27日(日曜日)から11月11日(月曜日)までフランス旅行の為お休みを頂きますdeco49f2942480797[1].gif

先日発表があったソムリエ試験。今日はどんな資格なのか説明したいと思います。

日本のソムリエ資格は民間の日本ソムリエ協会団体が認定しています。そしてソムリエ資格には3種類あります。

◆ソムリエ
ワインおよびアルコール飲料を提供する飲食サービス業に従事している方の
◆ワインアドバイザー
ワインおよびアルコール飲料の輸入、販売等に従事している方
◆《ワインエキスパート》
ワイン愛好家の方
・ワインの品質判定に的確なる見識をお持ちの20歳以上の方
・職種、経験は不問

特にソムリエの場合、受験資格に5年以上(ソムリエ協会の会員になれば3年でも大丈夫です)の業務経験と受験時にその仕事に従事しているという証明でお店のはんこが必要となってきます。

相方は、プチット リュでソムリエの仕事に従事して6年5ケ月。受験資格はバッチリなのでプチット リュのハンコで受験しました手(チョキ)

試験内容はは一次試験と二次試験があり、一次試験は、筆記 (公衆衛生の知識、ワインを含む飲料の必須知識)で100問から(今年は110問でした)答えをマークシートで選ぶ試験で、合格に必要な正答率は70%くらいです。無事一次試験の関門を突破した人は後日、二次試験に進む事が出来ます。
二次試験はデギュスタシオン(利き酒)とソムリエのみサービス実技も課されます。サービス実技は試験官の前で、お客様がいる想定で、ある銘柄をお客様に説明し、ワインを抜栓し、ガラス製の容器に移し替えるデキャンタージュの一連の動作を行います。

公表されているソムリエ試験のソムリエの合格率は40%となっていて、仕事に従事しながらの合格は対策を行わないと難しいかなと思います。

さて相方、今年に入り、今年はソムリエ試験を受けるぞーと張り切り、一次試験の勉強を開始しました。特にこの夏は休みの日は大好きな沖縄の海の磯遊びも我慢し!?、家にこもって勉強していました。

受験資格は満たしていたものの、今年が初挑戦。どうなるかなあと思っていましたが、一次試験が終わり自己採点をすると合格に必要そうなラインまで届いていたので、”これは合格したんじゃない”と今までの不安が一気に希望に変わりましたグッド(上向き矢印)

そして一次試験の結果は、見事合格ぴかぴか(新しい)

さあ、こうなると今年のうちに決めようってことになりテイスティグ対策の開始です。(一次試験合格者はその年二次試験がだめでも翌年に限り一次試験免除の制度があります)

1231624_233516920132685_489466857_n[1].jpg

営業終了後、その日のグラスワインをテイスティングしたり、輸入元の業者向けの試飲会で、

DSCN9813-thumbnail2[1].jpg

試飲を繰り返す日々。二次試験はワインが3種類、その他のお酒が2種類出題されます。外観、香り、味わいのコメントを行った上で、産地、品種などを当てる必要があります。全てマークシート方式です。

DSCN9378.JPG

DSCN9734.JPG

その他のお酒、ブランデーやウイスキーもいろいろ買い集め再確認。

DSCN9736.JPG

強いお酒のテイスティング、酔っぱらってきて長時間は不可能ですがく〜(落胆した顔)

そしてあっという間に二次試験の日は近づいてきます。僕なりに二次試験に出るかなあと思って相方に最終チェックで選んだワインは、こちら。

DSCN9732.JPG

白がドイツのリースリング、フランスの樽香がきいたシャルドネ、フランスロワールのソーヴィニヨンブラン、赤がイタリアのネッビオーロ、オーストラリアのシラーズにアメリカのカベルネソーヴィニヨン。

相方は回数を重ねるにつれ、品種の特定に迷いが増えるばかりでしたが、最後の方は直感、第一印象を大事にしようと決めていたようです。

さていよいよ二次試験の当日。場所は、

image-0402d-thumbnail2[1].jpg

日航那覇グランドキャッスルぴかぴか(新しい) 相方朝からプレッシャーに押しつぶされそうでした。
がんばれ〜わーい(嬉しい顔)

さて、結果は?

当日出題された、銘柄は、

【ソムリエ】5種類
供出No. 主なぶどう品種   国名     年号
1  シャルドネ   オーストラリア  2010
2  リースリング  ドイツ      2011
3  メルロ     フランス     2009
供出No. 銘柄
4  マデイラ
5  グラッパ

相方の手応えとしましては、苦戦したそうです。二次試験の正答率がはっきりと公表されていないのであとは結果を待つばかりです。
8日にはHPで分かっていたのですが、昨日手元に届きました、

DSCN0049.JPG

合格通知deco4bc59d5f1c203[1].gif

試験対策に限っては、ほぼ一年に及んだ相方の挑戦は一番良い結果で終わりました手(チョキ)

DSCN0054.JPG

相方のバッジが届くまでわたくしのバッジを胸につけて、ソムリエールとしての日々が始まりました。早速お客様から”おめでとうの”言葉も頂き、合格をさらに実感していまするんるん

これでプチット リュスタッフ2名、オールソムリエとなり、さらに強力タッグで皆様のワイン選びのお手伝いが出来ればと思っていますわーい(嬉しい顔)

ワインを囲んで幸せな時間を!!

             ソムリエ・シェフ 新屋健一
             ソムリエール・パティシエ 新屋 麻衣子

これからも、よろしくお願いしま〜すぴかぴか(新しい)


posted by プチット リュ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77967093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック