2014年04月11日

5kg!!

ぴかぴか(新しい)原田 治さんデザイン プチット リュオリジナルエコバッグ好評発売中ぴかぴか(新しい)

昨日手に入れた、与那原のひじきは、なんと、

DSCN0684.JPG

5kgexclamation×2 業務用の量ではありますが、

DSCN0468.JPG

お店ではどんどん消費されていきまするんるん

去年は、

DSCN1810-thumbnail2[1].jpg

こういった感じでご紹介したひじきは、

こんな環境で育っています⇒自然の恵み

今回お店ではお魚料理の付け合せで登場します。今年は、ひじきのソテーとちょっと酸味が心地良いお魚のソース、”ブールブランソース”でお楽しみ頂けます。

ブールブランソースはクラシカルなフレンチのソースです。わかりやすく言えばホテルのお魚料理のソースでよく口にする味わいですぴかぴか(新しい)

おいしいソースと一緒に県産ひじきをモリモリとお召し上がり下さいわーい(嬉しい顔)

同じく5kgの、

DSC02606.JPG

ベルギー産のチョコレートぴかぴか(新しい)

DSC02611.JPG

試行錯誤を重ね、ステーキフリットのソース、”ソース・ポワブル・ヴェール”が出来ました。パリで食べたビストロの味に限りなく近づきました手(チョキ)

話は変わりまして、

image-cf5e9-thumbnail2[1].jpg

学生時代の友人が、(2013年12月開化堂にて)

DSC02620.JPG

日本の伝統工芸品を作り、海外でも大活躍しているのですが、

とっても良い感じで紹介されています開化堂の茶筒

京都に行かれる際は是非手にとってその温もりを感じられてみてはいかがでしょうかぴかぴか(新しい)

posted by プチット リュ at 07:45| Comment(2) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
お久しぶりです。なかなか最近は夜は出られなくて・・・。
与那原のヒジキ!私の家は、ヒジキ狩りしている場所のすぐ傍です。
プチットさんではヒジキをどのように調理するのでしょうか?近いうちにお邪魔したいです。
Posted by S&NのN at 2014年04月12日 06:26
Nさん、いつもありがとうございます。ひじきはお魚料理の付け合わせ用なのですが、ベーコンのブロックをサイコロ状に切ったものと、同様にキュウリの酢漬け、ひじきは5センチほどに切りオリーブオイルで一緒に炒めます。少しフレッシュタイムを入れ塩はほとんど打ちません。炒まったら完成です。ヒジキは生ならば圧力鍋で加熱して柔らかくしておく方が良いです。
ひじきが近くで育つ海は、豊かな自然を感じられて良いですね(^_^)
Posted by プチット リュ at 2014年04月12日 06:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92867053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック