2012年03月09日

タケダワイナリーごみ処理施設問題 一年で白紙撤回へ

ちょうど一年前から始まった、タケダワイナリーぶどう畑周辺に建設の話が持ち上がった、ごみ処理場建設問題。タケダワイナリーさんの存続も懸念されたこの問題ですが、守る会が発足し、当店でもお客様や取引先の方々ご協力いただいたた署名活動を経て、先月末、計画が白紙になったそうです。

DSCN3705.JPG

昨日、守る会からそのお知らせが届きました。

タケダワイナリー岸平さんの一文です。

DSCN3709.JPG

全文は、お店の外の掲示板に貼っていますので、ご来店の際は、こちらでご確認いただけます。

多くの皆様のご協力、誠にありがとうございました。

沖縄も含めて、全国でいろいろな作物を作り、我々に供給してくれる農家さんを守るために、それぞれが抱える問題をみんなで知恵を出し合って、ひとつづつクリアしていかなければならないと思いました。
posted by プチット リュ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年12月26日

菊鹿ナイト・ハーベスト 小伏野

一年間の営業の中でも、特にスペシャルハードな一週間、元気に乗り越え、ホッとしているところですdeco4b7378be68cef[1].gif

一週間が終わり、クリスマスdeco4ed32354d3d0a[1].gifということで、スペシャルなワインを昨日は開けました。

熊本出身の知り合いの方から、1本だけ購入することができた、

菊鹿(きくか) ナイト・ハーベスト シャルドネ 2009ぴかぴか(新しい)

IMG_7115.JPG

高品質の熊本のシャルドネを糖度が上がる夜間に一気に収穫し、そのまま醸造。自然と、人間の、力が最大限に発揮された、スペシャルキュベ。2009年は、限定1611本。地元熊本でも入手困難で即完売のワインです。

IMG_7117.JPG

ワインの裏の説明を読んで、やってみたかった、カキフライとのマリアージュani47ac79b09b495[1].gif

IMG_7127.JPG

こだわりの岡山の牡蠣を買い、

IMG_7132.JPG

身が大きくておいしそうです。

サクッと揚げて、

IMG_7136.JPG

完成!!

目を閉じて飲むと、ムルソーと間違うくらいの、くらくらする程の新樽の香り。この濃厚クリーム系のパワフルワインにクリーミーな牡蠣を合わせてみたい・・・

貝とワインのマリアージュは生臭さが出ないかと神経を使いますが、心配は無用でした。
思っていたレベルを遥かに超えていく素晴らしいマリアージュるんるん

最初はパワフルな印象ですが、牡蠣を口に含むと、牡蠣のミネラルにぎゅっとワインが寄り添い、それまでのパワフルさが嘘のように、繊細で、余韻には、凛とした、これぞ日本のワインという佇まいを見せてくれますdeco4a24940017e74[1].gif

添えた自家製タルタルマヨネーズも、味に豊かさをもたらしました。

ネットでも入手困難な限定ワイン。見かけられたら、ぜひ、お楽しみいただきたいスペシャルなワインですハートたち(複数ハート)

posted by プチット リュ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年11月20日

大阪の新酒!!

イタリアのノヴェッロに始まり、ボージョレ・ヌーヴォーも残すところフルボトル、あと1本。

新酒の最後を飾るのは大阪・仲村ワイン工房の新酒。

たった今、到着しました!!deco4a9113be716ce[1].gif

IMG_6076.JPG

IMG_4531.JPG

今年収穫前にお会いした時は、

「なかなか厳しい年になりましたわ。」とおっしゃていた、現二さん。

そんな厳しい年にもワインを造り上げてくれました。

新酒も例年の、フィルター、ノンフィルターの2種類ではなく、今年はノンフィルターのみ、限定400本のプレミアワインですapani4e1f00c71c081[1].gif

IMG_6074.JPG

色彩は例年に比べて明るめです。当店には限定6本入荷しましたapani49a24c7fec92f[1].gif

残りあと1本です!!

新酒のチャーミングさはもちろんのこと、味わいの複雑さ、長い余韻は、新酒と思えない味わいです。大阪メルロー、大阪カベルネソーヴィニヨンのセパージュdeco4cc1aafc6f70a[1].gifはボルドーグラスが似合いまするんるん

超プレミアワイン、お早目にどうぞお楽しみくださいapani4a2c3a080da54[1].gif


IMG_4530.JPG

ちなみに夏の終わりに、現二さんのところで入手したワインは、今もプライベートセラーで眠っています眠い(睡眠)
posted by プチット リュ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年03月03日

日本ワイン 新アイテム登場!!

当店の日本ワインのラインナップに新アイテム登場です。

当店の日本ワインは我々の出身、岡山、大阪を中心に、宮崎‥と日本ワインの産地では山梨に比べ少しマイナーなイメージですが、
ご存知の方も多くなってきましたが、本当に

珠玉のワインばかりなんです。

そんな中今回入荷のワインは、なんと

栃木県です。

栃木県の、那須高原にぶどう畑が広がる、

f,a;,f;a,f;,a.JPG

那須ワイン マスカットベリーA 樽熟成です。ラベルは外国人から見た日本のイメージということで桜の花びらが描かれています。

ヴィンテージは2006年と2008年。今までのマスカットベリーAのイメージを覆すワインとなっています。2006年はブルゴーニュタイプ、2008年はボルドーワイプと不思議な魅力となっています。

それもそのはず那須ワインの渡邊葡萄園さんのことを調べてみると、

ー120年もの間、ワイン造りを続けてきた渡邊葡萄園醸造。現当主の渡邊嘉也氏は26歳の時に渡仏し、ボルドー大学へ入学。
卒業後はいくつかのシャトーで経験を重ねました、1997年にはボルドーポイヤック第2級、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの醸造家に大抜擢されました。
その後、2000年にはロバートパーカーJr.が愛して止まないサンテミリオンのシンデレラワイン、シャトー・ヴァランドローの醸造家としても活躍されました。ー

という本場フランスで8年も修行された経歴の持ち主です。生産本数も少ないこの希少なワインを当店でご堪能くださいませ!!

もちろん日本ワインのメッカ山梨のワインも良いですよー。

シャトー酒折ワイン飲み比べワイン会。定員間近です。

詳細はこちらです。

お待ちしています!!

posted by プチット リュ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年02月23日

タケダワイナリー ご署名いただきありがとうございました!!

fla;lf;alf090.JPG

タケダワイナリー周辺のごみ処理場建設反対の署名のご協力ありがとうございました。

80名にのぼる大勢の方の署名が集まりました。

署名にご協力頂いた方、署名を集めていただくのにご尽力していただいた方、

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。



falmflamflm.JPG


2月締め切り分としてまとめ、山形のワイナリーを守る会事務局へ先ほど送付させていただきました。


問題の推移を皆様にご報告すると共に、引き続き皆様のお力をお貸しいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。                                                     

                           プチット リュ
                             
                              新屋 健一
posted by プチット リュ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年02月15日

宮崎 都農ワイン

宮崎の都農ワインのラインナップが充実しました。

fpalfla;,f.JPG

イギリスのワインガイドブックで評価を受けたワインがずらり。

一番左が醸造家の小畑さんがこだわりをもっているぶどう品種、キャンベル・アーリーです。

都農で造られる、生食用のキャンベルアーリー。
地域のぶどうを生かしてこそ本来のワイン造りの信念のもと

f@a;fla;lf011.JPG

この美しいスパークリングワインが造られています。

2009年には同ガイドブックで最もエキサイティングなワイン100にも選ばれたマスカットベリーA
や、糸満のパッションフルーツ100%のスパークリングワインなど魅力的な商品が勢ぞろい。

圧巻のシャルドネ・アンフィルタードは当店の在庫も売り切れていて、次回は4月ごろの入荷となりますが、ブドウ栽培が容易くない地域でフランスのワインを凌ぐほどのワインが造られています。

ラベルには、

A DREAM SHARED BY ALL

’一人の夢を みんなの夢に’

都農のブドウ栽培農家、ワイン造りに携わる都農ワイナリーの夢が、今世界で認められ、夢が現実のものとなってきています。
posted by プチット リュ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年02月05日

キュべ イケガワ 2007

最近試飲した、山梨県はシャトー酒折の限定商品、キュべ・イケガワの2007年。

(同社HPより)
このキュベ・イケガワは栽培家の池川 仁氏がシャトー酒折のベリーA種のワイン造りに共鳴し、2005年より、醸造家 井島正義氏と共に造り上げたワインです。

一般的なベリーAよりも収穫時期を3週間以上遅らせることで、葡萄を完熟させ、さらにその葡萄に適した酵母選択、温度管理、搾汁のタイミングや樽貯蔵の管理を行うことで、ワインに溢れる芳香と濃縮感、そして滑らかさを与え、これまでのベリーAのワインスタイルを一新するワインとなりました。

fla;fa;lfa.JPG

ワイングラスの選択から。ボルドータイプ、ブルゴーニュタイプ・・・・・・・deco4a3745eeae83a[1].gif

チャーミングな香りを引き立て、後味のタンニンの滑らかさを考えるとブルゴーニュグラスが良い感じですグッド(上向き矢印)

ワインだけでも日本ワインのすばらしさに感動するワインですが
和食とのマリアージュ。今回は、お魚料理と。

mfamf.mafm.JPG

じゃこと豆腐のサラダ。乾煎りしたじゃこの香ばしさとマリアージュをおこしていますわーい(嬉しい顔)

famlfamfa.JPG

はたはたの塩焼きにポン酢をかけて。

あとワンポイントでマリアージュが完成しそうです。

・・・・・甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味、甘さと酸味・・・・・



apani49682ebc7b8b7[1].gif

fdlafllka;f,a.JPG

ありましたexclamation×2梅干しです、これは

flaflalfa.JPG

甘さを感じるハチミツ仕上げ。

杏の香り、チャーミングなベリーの香り、柔らかな樽香、はたはたの程よい油と香ばしさ、すべての要素が絡み合い、奥ゆかしさを感じる和のマリアージュでした。

離れの個室がある料亭で。。霜降りのすき焼き。。とキュべ イケガワ。。apani4aede96a2b7ce[1].gif

ワインとのマリアージュの妄想は膨らむのでした。

posted by プチット リュ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年02月03日

ご署名のお願い

山形県はタケダワイナリーの自社ブドウ畑の半径2km以内で、清掃工場が建設されようとしています。

1920年に創業、自然の造り方にこだわり、山形のテロワールを大切に表現されている老舗ワイナリーが、今回、廃業の瀬戸際に立たされています。

先の北海道洞爺湖サミットのランチミーティングでの乾杯で使われた、キュベ ヨシコ 2003、食後酒で提供された、リースリング ヴァンダンジュ・タルディヴ 2005など、本場フランスにも負けないワイン作りを今もこだわりを持って、信念を持って取り組まれています。

清掃工場問題は山形県の問題であり、県外の我々が意見することは慎重にしなければなりませんが、ブドウの樹と、それを代々守ってきた長い年月の積み重ねにより、今日のタケダワイナリーさんがあると思います。

91年の歴史ある場所をこれからも守りつづけておいしいワインを作り続けていただきたい。。

当店でも2月末締め切りの署名を受け付けております。

ご賛同いただける方は、こちら

のフォームをダウンロードしていただき、ご署名後お手数ですがプチット リュまで送付していただければと思います。
当店より責任を持って’タケダワイナリーを守る会’へお送りします。

900−0014
沖縄県那覇市松尾 2−10−20
新屋健一まで

郵送料など皆様のご負担となりますがよろしくお願いいたします。

お店でも本日から用紙を用意していますので、賛同される方はお店での署名のご協力よろしくお願いいたします。
posted by プチット リュ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2011年01月14日

沖縄のスパークリングワイン

葡萄ではなく、沖縄のパッションフルーツやアセロラで造られた果実酒があります。

mflamflakf.JPG

南部の糸満市にある糸満観光農園へ行ってきました。

琉球石灰岩の土壌で育った、パッションフルーツやアセロラを糸満の契約農家から買い、酸化防止剤などは使わずに造られています。

fk;af;allf;al.JPG

こちらはアセロラジュースを搾汁しているところです。この後2週間醗酵させ3ヶ月ステンレスタンクで熟成させ澱を沈めてボトリングして出荷です。

f;af;llf;al.JPG

運営統括責任者の玉城さんと、元気いっぱいの販売スタッフの方です。

fk;afk;alkf;a.JPG

この糸満ワインの中で唯一、スパークリングワインだけは宮崎の都農(つの)ワイナリーで造られています。

糸満市と宮崎県都農町は姉妹都市。最近の口蹄疫問題の時も、糸満市はいろいろな形で支援をされていたそうです。

歴史を遡れば戦争のとき、宮崎は沖縄からの疎開先でもあり今でも多くのつながり、交流が続いています。

この都農ワイナリーは、海外のワインにもまけない秀逸なワインを生み出しています。当店でも以前から取り扱いのあるシャルドネは、フランスのそれを凌駕する味わいに仕上がっています。

キャンベルアーリーから造られるスパークリング・ロゼ 2003は’ワイン・リポート’で

世界で最もエキサイティングなワイン100のひとつにも選ばれたほどです。

そんなノウハウを持ったワイナリーと、沖縄の太陽をいっぱい浴びたパッションフルーツが出会い、生まれたスパークリングワイン。

爽やかな味わいですが、芯がしっかりしているので食前酒から食中酒としてお楽しみいただけます。

018.JPG

当店でも早速ですがお勧め五選にリストアップしました!!

沖縄素材のフランス料理とのマリアージュを多くの方にお楽しみいただけたらうれしいですわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2010年11月30日

大阪ヌーヴォー

ボジョレーヌーヴォーが一段落しましたが、超レアアイテム、大阪の新酒が今日限定入荷しました!!

vkalgfalkf;akwf;akl.JPG

続きを読む
posted by プチット リュ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2010年08月23日

優勝 おめでとう!!

興南高校優勝
 おめでとー!!
vkavl,av,,GGk.JPG
大阪に着いてすぐに甲子園に行きましたが、残念ながらチケットは完売で中には入れませんでした。 ざんねん!!
 人気の試合で球場の外にもすごい大勢の人でした。

mlmvammglma.JPG
興南生を見送り、球場をあとにしました。

vllllGA.JPG
その夜は
大阪の仲村酒店で仲村ワインを堪能。
銘柄にもなっているさちこさんと、
店で居合わせた濱村ファミリーと一緒に。
仲村ワインにつきましてはまた詳しくレポートします。

昨日は京都で後輩のとても素敵な結婚式に参加し、
v;av;aafa.JPG
京都ホテルからの朝の景色です。きれいです。

今からお店用に京野菜をみてきます。では
posted by プチット リュ at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2010年08月16日

都農ワイナリー(ツノワイナリー)

tdsuakgjngagon.JPG
日本は,

宮崎のワイン

です。

左がマスカットベリーAを主体にカベルネソーヴィニヨンがブレンドされた赤のスパークリング、
スパークリングワインレッドN.V.
繊細な口当たりですが、奥ゆかしさがあり余韻もしっかりと味わえるワインです。前菜から、お肉料理まで幅広く合わせられます。
最初の1本にお勧めです。

ボトル 3200円

右は
シャルドネ アンフィルタード 2008
新樽で熟成した厚みのあるスケールの大きなワインです。

ボトル 5800円

010.JPG
変りだねアイテム、都農の梅100%で造られた
スパークリングワイン うめ
疲れた体にクエン酸と甘さがたまりません!!
食前酒にどうぞ。

ボトル 3200円

deco4adc8301b600d[1].gif宮崎のワイン、おいしいですよー
posted by プチット リュ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2009年11月20日

解禁ボージョレ ヌーヴォー&大阪ヌーヴォー!!

いよいよ、新酒ボージョレ ヌーヴォーがこの木曜日に解禁となりましたるんるん
 去年、朝一番百貨店にボージョレ ヌーヴォーを買いに行くとNHKのインタビューを受けて夕方のニュースで紹介して貰ったことを思い出しました。
CIMG3488-thumbnail2[1].jpg
あれから1年と思うとあっという間でした。
今年はすばらしいヴィンテージとなりました。表現するなら・・・「おいしいわーい(嬉しい顔)」です。

解禁日はプチットリュの定休日と重なるため、当店では毎年1日遅れの今日金曜日から解禁となります。今年のラインナップは、
nnbieruo.JPG
 マコンの白のヌーヴォー、65年の古木からのボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー、岡山県出身仲田さんが造るルー デュモンのボージョレ ヌーヴォー、シラー主体の南仏ミネルヴォワの力強いヌーヴォー、ペットボトルに入ったボージョレ ヌーヴォーです。
 さらに珍しい新酒としまして大阪のヌーヴォーも入荷しました。(左から2本目)
大阪では大阪ヌーヴォーを楽しむ会が今年4回目を迎えるほど盛り上がっています。
  ★飛鳥ワイン梶@
  ★カタシモワインフード梶@
  ★渇ヘ内ワイン 
  ★仲村ワイン工房
  ★潟iチュラルファーム・グレープ&ワイン
大阪を代表する5つのワイナリーが地元大阪野菜と新酒を一緒に楽しむ会です。僕もぜひ一度参加してみたいなあと思っています。
 プチット リュでは、その中のひとつ仲村ワイン工房(大阪府羽曳野市で葡萄から丹精込めてつくられた)メルロー100%の新酒をご紹介しています。とてもレアなこのワインもぜひボージョレ ヌーヴォーと一緒にお楽しみください。
 その他では、女性醸造家の神戸ワインはあと1本、イタリアの新酒ノヴェッロはあと2本となりました。
 すべてグラスで500円から800円までで、ボトル売りも承っております。
 お料理はブルゴーニュ料理(ハムのゼリー寄せ、エスカルゴとジロール茸のブルゴーニュ風、コック オー ヴァンなど)を中心に新酒に合うお料理をご用意しています。
 ひらめき尚金曜日のディナーは貸切に、土曜日は遅い時間帯に席が少し出来る予定です。日曜日はあと僅かとなっていますので、ご来店の際はお問い合わせ頂きたく思います。
どんっ(衝撃)日曜日も満席となりました。ありがとうございます。

今年のワインの出来ばえを味わいにぜひご来店くださいませexclamation
 
posted by プチット リュ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のワイン

2009年02月18日

シャトー酒折ワイナリー。

とてもおいしい日本のワインが入荷しました。シャトー酒折(さかおり)ワイナリーの甲州樽発酵とマスカットベリーA樽熟成です。こちらのワイン、ワイン屋さんにも数量限定で入荷される幻のワインです。プチット リュでも数本確保できましたので、是非お早めに!!

早速ティスティングしてみました!立ち上がりは青りんごの酸を感じさせる香りで、ミュスカデのような雰囲気がありました。しばらくすると乳酸の香り、そしてきれいに溶け込んだ樽の香りが上品に登場してきます。フレンチオークの小樽熟成を経て非常にバランスの良い仕上がりとなっています。当店ではボトルは3500円でこちらのワインお楽しみいただけます。日本ワインのおいしさを実感してみてください。
chi-monn.JPG
今年最後になりそうなヴァシュラン モンドールが入荷しました。
こちらのほうもお早めに!!
posted by プチット リュ at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本のワイン