2023年06月17日

ちょっと珍しい沖縄食材

354460997_757116509750804_5674628109455131342_n.jpg

季節は移ろいでいますリゾート
#ドラゴンフルーツ の
#つぼみ apani49b1b56ce4475.gif

Instagramより
posted by プチット リュ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄食材

2023年06月14日

自家製ベーコン

354035957_6218337631591413_4989979426389089176_n.jpg

お料理のパーツになりますが、自家製ベーコンが焼き上がりましたdeco4e986553597fe.gif
燻製の香りをお届けできないのが残念ですわーい(嬉しい顔)

#さんぴん茶
#燻製
#スモーク
#自家製ベーコン
#沖縄県産豚

Instagramより
posted by プチット リュ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄食材

2023年06月13日

今日のアカジン

353829003_753675460094909_7595025783808946127_n.jpg

354013348_753675463428242_870928534987936765_n.jpg

【今朝のミーバイ】
今朝は上質な2sオーバーのアカジンミーバイが大漁でし。。見るからに美味しそうですぴかぴか(新しい)
ようやく梅雨空ですね雨
梅雨をイメージしたアミューズブッシュがやっと似合うようになってきました魚座

#梅雨
#アカジンミーバイ

Instagramより
posted by プチット リュ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄食材

2023年06月08日

空梅雨!?

おはようございまするんるん
気温が随分と高くなりましたあせあせ(飛び散る汗)今年は梅雨入りしてから雨はあまり多くなく、那覇の降水量は昨日まで例年の78%、八重山に限っては50%を切ってきているそうです晴れ
ただ、週間天気予報をみていると傘マークが増えてきているので梅雨空が戻ってきそうです小雨

352189268_2480418572110102_4875748841167478821_n.jpg

コース料理のアミューズブッシュは大嶺工房さんのブルーが綺麗なやちむんに羽地産の梅で梅雨をイメージしたお料理をお楽しみ頂いておりまするんるん
 
352693525_181399377917458_5622493386206186180_n.jpg

台風3号は少しそれていきそうですが、海が荒れてきそうなので今朝は大物のアカジンを仕入れきましたダッシュ(走り出すさま)これで週末は一安心です手(チョキ)

おいしい県産食材を是非お楽しみ下さいわーい(嬉しい顔)

ご予約はこちらからどうぞ
https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/

posted by プチット リュ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2023年06月03日

【台風一過】

おはようございます時計

こちらでは時折の強風と交通機関に影響が出ましたが特にお店周りでは被害などは出ませんでしたてれてれ

3158AE59-1662-4A18-8BCF-D48E18E14EC2.jpeg

露地植えしている"新屋菜園"のアップルミントに塩害もなく今日は気持ち良さそうに太陽の光を浴びています四つ葉
明日以降来週始めはお席のご案内が難しそうですが本日&来週・木曜日以降のご予約お待ちしています️exclamation×2
食べログサイトが便利でおすすめですきらきら
https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/
※食べログサイトでは「環境や社会に関する取り組み」項目が最近追加されましたきらきら当店もサスティナブルな取り組みにも力を入れていきたいです力こぶ

#台風一過
#アップルミント

#サスティナブル
#sdgs
#地球環境

Instagramより

posted by プチット リュ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2023年06月01日

指宿市

こんばんは夜

ちょうど本島に台風が最接近する頃となりましたが、なんとか大きな被害もなく過ぎ去っていきそうです台風

お昼以降は自宅に巣篭っていたので、旅行記の最終回もアップできそうですNEW

2泊3日でキャンペーン航空券に全国旅行割にとお得な旅行でしたが、鹿児島が自然豊かで、火山活動や温泉も含めて生きた大地の活動を体感出来ました。そして何より行く先々の食材の豊かさにそれに付随する食文化にとても衝撃を受けましたぴかぴか(新しい)

さて最終日は霧島市から指宿市へ向かいました車(RV)

指宿といえば”砂むし温泉”いい気分(温泉)、1000円で入浴できるので体験してきましたわーい(嬉しい顔)

20230523_044643927_iOS.jpg

天気が良かったので砂浜に埋められ、蒸されてきました。レンタルの浴衣に着替えて、スタッフの方がシャベルで体を埋めてくれます。長くても10分を目安に楽しみます。体の色々な部分がポカポカしてきて不思議な感じですが、体に良さそうでしたいい気分(温泉)

この砂浜は山間部から湧き出る90℃の源泉と海水が地下で混ざって独特の泉質となって地表に出てきているそうで、どうなって湧き出ているのか興味があったので、むし風呂の砂浜から目視できる砂浜を観察しに行ってみました。

20230523_045447492_iOS.jpg

押し寄せた海水が温かいのではなく、なんと砂から温かい温泉が湧き出していました。わかりやすい動画も取れましたのでこちらからどうぞ左斜め下


掘ってみたところ触れないくらいの熱さでしたexclamation×2左斜め下


相当な熱さの温泉が24時間まさに天然かけ流し状態。生きた大地にすごいなあと感心するばかりです。
(ちなみにむし風呂後、大浴場に入れるのですが指宿温泉の泉質は塩化物泉でなめらかで硫黄の香りは無かったです。)

指宿では麻衣子さんが通っている美容室のスタッフの方に、実家近くにある唐船峡のそうめん流しがおすすめですよと旅行前に聞いていたので足を延ばしてみました。

20230523_035152533_iOS.jpg

温泉から車で20分、開聞岳が大きく見える場所に、

20230523_025827217_iOS.jpg

唐船峡があります。この下に名水百選にも選ばれて湧水がこんこんと湧き出る川があります。

20230523_025905651_iOS.jpg

またまた、緑豊かな杉の木の香りをかぎながら、さながら森林セラピーです。

DSC08883.JPG

きれいな空気ときれいな湧水です。

DSC08894.JPG

唐船峡発祥の回転式のそうめん流し器がかなりの数設置されています目

この機械にはもちろん年間を通して13℃を維持する湧水がまさにかけ流しの状態で流れ込んできています。

そうめんはそうめんだろうと思って食べてみるとビックリexclamation



湧水で冷やされたそうめんののど越しがとてもよく、ほんのり甘さを含んだ秘伝のつゆが普段のそうめんの味が何倍にもおいしくなっていました。温度だけでななく水が良いんでしょうね。
ちなみに秘伝のつゆは、
20230528_000241145_iOS.jpg
スーパーのサンエーでも手に入りますわーい(嬉しい顔)

指宿もとても魅力的な場所でしたぴかぴか(新しい)

20230523_031329308_iOS.jpg

あっ、こちらで”鯉のあらい”もおいしく頂きましたわーい(嬉しい顔)

さて空港までの道中に寄った産直では、

20230523_062927733_iOS.jpg

ミーバイが”ごまあら”の名前で、

20230523_062930458_iOS.jpg

赤マチが”チビキ”の名前で売られていました。沖縄とは逆で赤マチの方が高級でした目

20230523_063138855_iOS.jpg

鹿児島名物の”鶏刺し”もなんともバラエテイー豊かな品揃えで、独特の食文化だなあと感心しました。
(農林水産省のガイドラインに則って販売されています)

空港には魅力的なことに無料で誰でも足湯を楽しめるスペースがありましたいい気分(温泉)

20230524_073751712_iOS.jpg

こちらも天然温泉で地下1498mから湧き出た温泉は46.6℃の重層泉。由布院や和歌山の温泉と同じ泉質です。かすかに硫黄の香りがしました。

最後の最後まで温泉があり、温泉好きとしましては大満足でするんるん

20230524_074925348_iOS.jpg

空港のこんなに地酒が並ぶ食堂で、

20230524_075014587_iOS.jpg

鹿児島ハイボールなるものを飲み旅は終了です。(芋の香りがほど良くめちゃくちゃおいしかったですexclamation

お隣の県、鹿児島県の魅力発見の旅となりました。霧島温泉の硫黄の香りが忘れられないのでまた旅行してみたいです飛行機

鹿児島旅行記 終わり

posted by プチット リュ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島2023

臨時休業のお知らせ

2FD85B12-1666-4C0E-B19E-114E63F67D89.jpeg

【本日臨時休業致します台風

おはようございます時計
現在のところバスは走っておりますが、台風が夕方にかけて再接近しそうなので本日は臨時休業致します眠い(睡眠)
皆様におかれましても十分にお気を付けてお過ごし下さいませ
(尚、明日金曜日は通常通りの営業を予定しております️レストラン)
posted by プチット リュ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2023年05月30日

温泉水〜碧き川〜

こんばんは夜

台風2号だんだん近づいてきましたね。どうも金曜日くらいが本島に影響が一番出そうですがあまり大きな被害が出ないことを願います。

旅行記、今晩は霧島市編です。この日も全く土地勘が無い霧島市を訪れる予定をしていて、行動の手掛かりとしたのは愛用、愛飲していたもの、そして老舗旅館でゆっくり温泉に浸かるということでした。

まず向かった先は、”坂元のくろず”

20230522_015302750_iOS.jpg

テレビショッピングで何度も繰り返し流れる映像のようですが実際見てみると圧巻の景色でした。そして行ってみて感じたことはそれは見せかけのものではなくリアルな醗酵の風景だったということです。

20230522_021611707_iOS.jpg

エンジンをかけてポンプで醗酵が終わった酢をここから瓶詰をする工場に運ぶスタッフの方。壺内醗酵というのでしょうか、春夏秋冬、真夏の直射日光の下でも醗酵を続けるお酢には脈々と引き継がれた人間の知恵と努力が込められているのだなあと思いました。

20230522_022809325_iOS.jpg

感心して見ていると今まで上がっていなかった噴煙が。黒酢のスタッフの方に質問すると特に慌てる様子もなく、風向きは海から陸地に向けて吹くことが多いのですよと説明をしてくれるので、びくびくしていた我々ととても温度差を感じました。ローカルニュースを見ていると、”今朝は良いお天気ですね。でもコーハイがねえ〜”と世間話をされていたアナウンサーの言葉が、火山の噴火が日常に溶け込んでいるのだなあと再認識する次第でした。ちなみに降灰はコ―バイではなくコーハイと発音するらしいですね。

坂元のくろずの併設するレストランで昼食を取り、

20230522_020639495_iOS.jpg

お酢にこだわったお料理を楽しめました。

売店では、

20230522_024553638_iOS.jpg

色々なテイストを試食出来ました。中でもオリゴ糖入りのお酢を牛乳で割るとのむヨーグルトの味になったのは驚かされました。

黒酢の伝統的な作り方は機械的なものではなく、マンパワーで作られているということが実際行ってみてわかりました。

続いて、個人的に愛飲していた芋焼酎、”明るい農村”を造っている霧島町蒸留所へ

訪れた日は沖縄と一緒くらい気温が高いも関わらず、駐車場に着くなりスタッフの方が飛び出して迎えてくれるほど熱心な酒蔵でした。

20230522_043212801_iOS.jpg

醸造酢スタッフの立野さんにこだわりを説明してもらいました。石碑の前で今日は天気が良くまさに明るい農村です!っと元気いっぱいに説明が始まったのがとても印象的でした。

20230522_042933140_iOS.jpg

手前が焼酎でも使われる米を栽培している水田で向こうの川が夏になると鮎が釣れるというほどの清流。しかもその川はいつも見る川より碧かったです。立野さんの説明によると温泉水が流れ込んでいるのですよと。この時は軽く聞き流していたのですが後にさらにそれを強く実感することとなりました。
お水に限っては、こちらの蒸留所ではこんなきれいな川の水を使うのではなく、地下水を汲み上げているということで、鹿児島市内の温泉で感じた地中深くからの大地の恵みをここでも感じることが出来ました。

20230522_043512502_iOS.jpg

こちらも甕で安定の醸造。

沖縄の酒販店で何気なく買っていた焼酎がこういう風景で造られていたと分かるとおいしさが増しました。

20230522_041311135_iOS 1.jpg

霧島連山を前方に見ながら峠の茶屋でで飲んだカフェラテ。西郷どんは言うまでもなく、坂本龍馬は新婚旅行で鹿児島を訪れてゆかりがあるそうです。泡の加減でちょっと下膨れしていました。

続いて向かった先は霧島神宮

霧島杉の古木がより厳粛な空気を生み出していました。

IMG_0720.png

おみくじはなんと、大吉!!

大いなる希望に目覚める時。
何にかを始めるに最適。
欲なければ人間関係も丸く、
すべての条件に恵まれる。
心身の充実を図ってよし。

ありがとうございます。特に野望はありませんが、3年くらいは新たにおみくじを引かないようにします。

時間の余裕が出来たので周辺の観光名所”霧島神水峡”を散策。

20230522_061143745_iOS.jpg

DSC08801.JPG

先ほど焼酎の立野さんが説明してくれた、温泉水が川に流れ込んで青色をしているんすよということを再認識しました。沖縄の海の碧さに感動してましたが川の碧さで今回は感動しました。

IMG_0721.jpeg

IMG_0722.jpeg

森林浴、肺の中まで綺麗になりそうです。


動画は霧島神宮入口の湧き出る温泉の風景。

温泉の素でしか入ったことが無かった霧島温泉。近づくにつれて山から

20230522_065908332_iOS.jpg

湯気が出ています。そしてあからさまに硫黄の香り。かなり強めです。

IMG_0646.png

老舗の旅館で部屋食で宴会。麻衣子さんの姿はNGですが、そうこんな旅行がしたかったんです。
次回は、温泉に加えて水の清らかさ、指宿編です。

つづく
posted by プチット リュ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島2023

2023年05月27日

鹿児島市編

おはようございます
営業再開から忙しくさせてもらい、旅行記が遅くなりましたが、今日は鹿児島市編です。
この日のランチは、”鹿児島ラーメン”なるものを食べてみたかったので、大きな定義としましては’スープは豚骨ベースですが鶏ガラや野菜を使用しており、比較的あっさりしているのが特徴’だそうで、

DSC08994.JPG

選んだお店は天文館の”ラーメン小金太”さんへ。20分ほど並びましたが、食事をするのに並んだのは何十年ぶりかなあと思い出せないくらいです。

DSC08996.JPG

選んだ”チャーシューラーメン”、これが鹿児島ラーメンかというスープの優しい味わい、なんとも歯ごたえが心地の良いストレート麺、食べ終わってもすぐに食べたくなる美味しさでした!

心も満たされて向かった先は、向田邦子さんの聖地とでもいうのでしょうか、”かごしま近代文学館へ”

麻衣子さんが昔から好きな作家さんで鹿児島に行ったときには是非訪ねたいと言っていたので、

20230524_020519292_iOS.jpg

聖地巡礼へ。向田さんはお父さんの仕事の都合で小学生の頃に2年ほど鹿児島で暮らしたそうです。文学館では今回は、向田さんの留守番電話の音声や、自宅の南青山のリビングを再現したスペースや衣装など向田さんの息吹を感じられる展示となっていました。
すっかりにわかファンになったので、向田さん一家が愛した”両棒餅”を食べに磯浜へレンタカーを走らせました。向かったのは「平田屋」さん。向田一家が昔訪れていたお店は「桐原家」さんですが、「平田屋」さんは、後年向田さんが鹿児島を訪れた時に、同級生たちと来たお店だということ。

DSC09005.JPG

’ 変わらないものは、磯浜のジャンボ。
 大きいという意味ではない。名物の餅の名前である。リャン棒のなまったもので、つきたてのやわらかい餅に、うす甘い醤油あんをからませたもの。昔、これを母が好んだこともあり、よく出かけたものである。’
(鹿児島感傷旅行より)

そう表現されるようにお餅の甘さは控えめで、焦げたお餅が昔石油ストーブの上で焼いた香ばしさを思い出される個人的にも懐かしい味わいでした。

20230524_033348371_iOS.jpg

お店の店内から見る桜島。まさに向田さんが見た景色と一緒でしょうか。

’ あれも無くなっている、これも無かった ―――無いものねだりのわが鹿児島感傷旅行の中で、結局変らないものは、人。そして生きて火を吐く桜島であった。
 帰りたい気持と、期待を裏切られるのがこわくてためらう気持ちを、何十年もあたためつづけ、高い崖から飛び下りるような気持でたずねた鹿児島は、やはりなつかしいところであった。
 心に残る思い出の地は、訪ねるもよし、遠くにありて思うもよしである。ただ、不思議なことに、帰ってくるとすぐ、この目で見て来たばかりの現在の景色はまたたく間に色あせて、いつの間にか昔の、記憶の中の羊羹色写真が再びとってかわることである。思い出とは何と強情っぱりなものであろうか。’
(同じく鹿児島感傷旅行より)

20230524_034231479_iOS.jpg

鹿児島を”故郷もどき”と呼んでいた向田さんのゆかりの地を訪ねることが出来た有意義な時間でした。

夜は予約をしていた、鹿児島食材にこだわった”Restaurant Nori”さんへ

DSC08924.JPG

食材に留まらず、お店の食器や備品に至るまで細部に鹿児島にこだわったレストラン。

DSC08922.JPG

黒豚の大福 枕崎かつお煎餅 串木野まぐろのきんつば あくまきのベニエ かるかん山川漬け

で始まるアミューズブッシュから鹿児島への情熱を感じざるを得ませんでした。鹿児島食材への想い、大隅半島と津摩半島の食材の違いなど、この日はオーナーシェフの脅威のワンオペでのおもてなし。様々な鹿児島食材に触れることが出来るレストランでした。

天文館近くに宿泊した”中原別荘”

DSC08961.JPG

素泊まりだったので温泉付きを選んだのですが、これがまたすごかったです。こんな市内の温泉なのに、加水・加温なしの源泉かけ流し。しかも説明によると今湧き出ているのは聖徳太子が活躍した1000年以上前に降った雨が長い時間をかけて湧き出た温泉だそうで、52℃の湧き出し温度の温泉水に歴史のロマンを感じることも出来ました。

20230522_091034296_iOS.jpg

テレビからは、

IMG_0700.jpeg

13年前初めてNHKでお料理を紹介した時にご一緒させて頂いた白鳥さんが夕方のニュースを担当されていてそれもまた感慨深いものがありました。画面で再会出来、一気に鹿児島に親近感も湧いてきました。

温泉のすばらしさに加え湧き出るお水のきれいさも行ってみて初めて分かりました。次回は霧島編でその風景をお伝えしたいと思います。

つづく



posted by プチット リュ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島2023

2023年05月24日

鹿児島

こんばんは夜

月曜日から二泊三日で鹿児島へ行って来ました飛行機

ANAキャンで片道7000円とお得な上に予約時点では全国旅行割も利用出来、お得な旅行となりました手(チョキ)

お隣の県なのに近くて遠かった鹿児島、あっという間に到着exclamationの予定がなんと濃霧の為に引き返すかもしれないという条件付きフライトでしたあせあせ(飛び散る汗)

鹿児島上空20分待機と2回目の着陸トライでなんとか鹿児島に到着しましたわーい(嬉しい顔)(我々の前4便は到着出来ずに各空港へ折り返したそうで、ギリギリの着陸でした)

348983485_626839279488770_3727402404052348436_n.jpg

348993123_3494385687515447_7620096884793421247_n.jpg

349113736_537617828584936_4201827957486001814_n.jpg

348711129_553449403396046_8116717900637435538_n.jpg

そんな旅の始まりでしたがそれ以外はバッチリ予定通りで、得ることが多い旅行となりましたぴかぴか(新しい)
本気の保冷バッグにかごしま黒豚鹿児島黒牛に第3の黒、黒さつま鶏を自分用に購入deco4e986553597fe[1].gif

旅行記は行ったエリアに分けて、明日は鹿児島市内編ですsoon

明日木曜日から通常営業再開です。よろしくお願いしますexclamation×2
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/
posted by プチット リュ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島2023

2023年05月17日

配信がスタートしましたので、再度のご案内です!!

こんばんは夜

18時台にNHKが各県で放送しているローカルニュース番組。今週から九州・沖縄地域の番組も”見逃し配信”が始まりましたNEW
順次配信される放送局が拡大して、6月5日からは全国のローカルニュース番組が”見逃し配信”で視聴可能になるそうです。
旅行に行かないと現地の放送が見れないことを考えるとすごい時代になったなあと思いますぴかぴか(新しい)

そんなわけで沖縄でしか今まで見ることが出来なかった"おきなわHOTeye"の料理コーナー”まーさんキッチン”の動画版もこれからは全国の皆さんにもご覧頂けるようになりました手(チョキ)
(blogやSNSでレシピを書き起こしていましたがこれからは動画でご確認をよろしくお願いしますdeco4cb192488ffd45B15D-c7eed-thumbnail2[1].gif)

”まーさんキッチン”は毎週水曜日の放送となっていて、今日早速”見逃し配信”の一回目の放送で”マグロのミキュイ”〜パッションフルーツドレッシングで!〜を紹介して下さいましたdeco4cb80eef86cfc.gif

NHK+に登録されるとご視聴頂けて、沖縄放送局のHPの中ほどに、

20230517_140621000_iOS.jpg

動画のリンク先が表示されています。今回のレシピは”おきなわHOTeye”5月17日放送分の18時44分から登場しています。
リンク先はこちら
https://plus.nhk.jp/watch/st/470_g1_2023051742736?playlist_id=9b8557bd-072a-4554-a91c-b92e8d4fe1be&subfolder=true

ご家庭でも揃えやすい食材を使って、出来るだけ作りやすいようにレシピを工夫していますひらめき

配信期間は放送から1週間となっており、今回の配信は24日の水曜日までとなっていますダッシュ(走り出すさま)

期間内に是非ご覧下さいませわーい(嬉しい顔)
posted by プチット リュ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)

2023年05月16日

Thon mi-cuit,sauce aux fruits de la passion☆

今週から放送終了後に"おきなわHOTeye"の見逃し配信で視聴可能となりましたので県外の方はこちらでチェックをよろしくお願いしますexclamation×2https://www.nhk.jp/p/ts/GQG566LYNJ/episode/te/NLX87W337Q/
※今回の出演は5月17日放送分で18時半以降に登場します

こんにちは晴れ

20230516_024839761_iOS.jpeg

先ほど生放送から帰ってきましたダッシュ(走り出すさま)

今回は今が旬の本マグロexclamation×2と思ってレシピを作っていたのですが、レシピをやり取りしているうちに、今期の本マグロ漁停止のニュースが流れ、焦りましたが県産マグロでも十分においしいので予定通りのレシピとなりましたapp4b1c97650f0af.gif

マグロはミキュイ(半分の火入れ)という意味のフランス語で半生、レアに仕上げる料理法で、ご家庭でも作りやすいレシピを考えましたひらめき
外側のカリッと感と中心が生の状態なので県産マグロの生で水揚げされるもちもちとしたおいしさの両方を楽しめます。メバチやキハダ、ビンチョウなど県産マグロのお刺身用だと、どのマグロでも大丈夫です決定

では、通算80回目となりました今回のレシピのご紹介です左斜め下

Vol.80 "本マグロのミキュイ パンションフルーツのドレッシングを添えて”

(材料) 2名分
本マグロ 柵(お刺身用) 150g
パションフルーツ  小ぶり 1個
サラダ油   30cc
ベビーリーフ  適量
溶き卵  1個分
小麦粉      10g
パン粉(細目)  20g
白ごま       5g 
砂糖   少々
塩、こしょう 少々
サラダ油  適量  (ソテー用)

(作り方)
・ドレッシング作り
パッションフルーツを横半分に切り、果肉と果汁を取り出す。この時にザルとボールを用意して種と果汁部分を分けます。果汁とサラダ油を乳化させますが比率が1対3なので、果汁が10cc取れるとしてサラダ油を30ccゆっくりと果汁と乳化させます。乳化後に砂糖で甘みを調整して、塩、こしょうで味付けを完成させ最後に分けた種を戻して混ぜ合わせてドレッシングの完成です。
パッションフルーツの底の部分を少し切り取りそのままドレッシングを入れる容器とします。

マグロを2切れに切っておき、塩コショウで下味を付けて、小麦粉、溶き卵、パン粉とゴマを混ぜ合わせた衣の順で全体にまぶす。小麦粉と溶き卵は右手だけで、パン粉を左手だけで作業を行うと指先がカエルの手のように膨らんでこないですわーい(嬉しい顔)

小さめのフライパンを用意して1cmほどの深さにサラダ油を入れ、少し強めの火で油の温度を上げ、マグロを入れ出来るだけ短時間に揚げ焼きします。(表裏トータルで1分半ほど)この感じで中心がレアになるミキュイの状態に仕上げます。
クッキングペーパーにマグロを引き上げ、油を取り、もう一度半分に切りレアな状態を見せるようにします。

20230516_024835550_iOS.jpeg

お皿にベビーリーフを盛り付け、パッションフルーツの皮にドレッシングを流し入れ、本マグロを盛り付けて完成ですぴかぴか(新しい)
※加熱時間を短時間で終わらせたいのでパン粉は細目をおすすめします

レシピは以上です。見逃したっexclamation×2という方はご安心下さい目
明日17日・水曜日の夕方のニュース”おきなわHOTeye”で再放送されますので、そちらを是非チェックして下さいTV
県外の方は’見逃し配信’で是非TV

時短で少しエコなレシピとなっていますぴかぴか(新しい)
posted by プチット リュ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)

2023年05月13日

やんばるの梅

345908015_661829282367490_9107353093729571915_n.jpg

【試作】
羽地産の梅をシロップ煮に
初夏のメニューで登場します。もうしばらくお待ち下さいわーい(嬉しい顔)

#やんばる
#梅
#梅仕事

Instagramより
posted by プチット リュ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄食材

2023年05月08日

ピノノワール&次回の出演

こんばんは夜

ゴールデンウィークも過ぎていき、今日はなんとも贅沢なワイン勉強会に参加してきましたapani49780fa6399a7-3f8c6-thumbnail2.gif

今回のテーマはピノノワール、ラインナップだけで胸がいっぱいになりますぴかぴか(新しい)

ヴィンテージは2017年で揃っていて、
1,ドメーヌ タカヒコ・ナナツモリ
2,フランソワ ラマルシェ・ヴォ―ヌ ロマネ
3,クロソン チェイス・サウス クロ(カナダ)
4,アンヌ グロ・エシェゾー グランクリュ
5,クスダ・クスダ ピノノワール
6,ボランジェ・PN/TX17
7,マルキ ダンジェルヴィーユ・ムルソー プルミエクリュ サントノ(シャルドネを挟んで)
8,ドラゴンネット・ブラックラベル(カリフォルニア)
9,モメサン・クロドタール グランクリュ モノポール 2009


20230508_101252535_iOS.jpg

しっかりと自分の舌に刻み込みましたapani49780fa6399a7-3f8c6-thumbnail2.gif

お店でも飲み頃のブルゴーニュのグランクリュ、プルミエとご用意がありますので特別な機会に是非秘蔵のワインをお楽しみ下さいませapani49780fa6399a7-3f8c6-thumbnail2.gif

レストランのご予約はこちらからどうぞ⇒https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/

次回のNHKの出演は来週の火曜日となりましたTV

20230430_213525549_iOS.jpg

今まさに旬の本マグロをこちらも今が旬のトロピカルフルーツと合わせたお料理をご紹介しますsoon

5月16日火曜日 NHK沖縄にて午前11時40分から生放送TV
https://www.nhk.jp/p/ts/LP4V5Z79Y1/schedule/te/88P1VJV5W9/
是非ご覧下さい目
posted by プチット リュ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2023年05月05日

えんどう豆

345223251_1233607417527207_3643016924402469831_n.jpg

実家で収穫された無農薬のえんどう豆deco4dca91141dd67.gif
絶賛仕込み中ですぴかぴか(新しい)
アカジンミーバイの冷製コンソメスープとお楽しみ頂けますわーい(嬉しい顔)
ご予約お待ちしていますexclamation
https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/


#えんどう豆
#petits pois
#泉州産

Instagramより
posted by プチット リュ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2023年04月30日

黒糖

おはようございます時計

343990744_484431973817243_2857567558769778158_n.jpg

生地まで黒糖にこだわった小菓子ができましたぴかぴか(新しい)
クセになる甘さと風味をお楽しみ下さいるんるん

9E4C741D-E284-4257-AA74-CE44B376F956.jpeg

昨日からGW期間中は全国旅行割がお休みとなっています眠い(睡眠)
GWが明けて、5月8日から7月20日までのこちらの"沖縄彩発見NEXT"、コロナワクチンの接種・陰性証明は不要となるそうですわーい(嬉しい顔)
※尚、クーポン券の利用期限はチェックイン日からチェックアウト日の 23:59 までとなります。有効期限にはお気を付けてご利用下さいませ!

レストランの空席情報は食べログサイトからよろしくお願いしますレストラン
https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/

posted by プチット リュ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄食材

2023年04月26日

名もなき砂浜

今日はGW前にお休みを頂いて、リフレッシュを眠い(睡眠)
もう一度行けるかわからない名も無いビーチへリゾート
曇り空でしたが、

F6B35D02-E066-444D-B8A1-C50A13F1CF38.jpeg

パワースポット的な岩場を抜けると

E68696A5-6238-4C88-9033-9E482BCBE9C1.jpeg

アーサがうっすらと残る岩場がありマイナスイオンをいっぱい吸ってきましたわーい(嬉しい顔)

33A0B0CD-2685-48EE-9ED2-303F6289BC97.jpeg

頭サイズより大きい今帰仁のスイカを産地価格で買ってきたり、羽地の山モモも調達してきましたapp500680b5b6193.gif

2467F994-323C-42B7-97CF-D62BB1E8489A.jpeg

最後の写真は、沖縄の豊かな甘み、西表島の黒糖で作ったタルトです
うりずんなメニューを是非お楽しみ下さいレストラン

お席のご予約はこちらからどうぞレストランhttps://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/


#スイカ
#山モモ
#黒糖

9E4C741D-E284-4257-AA74-CE44B376F956.jpeg

#全国旅行支援
#沖縄彩発見NEXT
#ご利用頂けますきらきら

※尚、クーポン券の利用期限はチェックイン日からチェックアウト日の 23:59 までとなります。
有効期限にはお気を付けてご利用下さいませ


Instagramより
posted by プチット リュ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年04月19日

サルヴァトーレ・クオモ さん

9E4C741D-E284-4257-AA74-CE44B376F956.jpeg
全国旅行割”沖縄彩発見NEXT”は紙&電子クーポン、両方ご利用頂けます手(チョキ)

C30182B7-4A27-4F0C-9BB7-47EDC01CEB02.jpeg

今夜はあのサルヴァトーレ・クオモ さんにご来店頂きましたdeco5063284abc53d.gif
プチット リュが存在していない随分前の頃になりますが、東京でクオモ さんのレストランに食事に行った時、テラス席で大勢の人がワインを楽しんでいる風景がオシャレだなあと感心したのを思い出しました。あれからまさか自分達のお店でクオモ さんにお料理を出す日が来るとは夢にも思っていませんでしたdeco4eae50eb81b6f.gif
お料理を満足して頂けたのでそれも嬉しかったでするんるん
https://www.instagram.com/chef_salvatore_cuomo/?igshid=ZjE2NGZiNDQ%3D

さあ、いよいよゴールデンウィークも近づいてきましたねsoon
期間中は休まず営業しておりますレストラン
ご予約はこちらからどうぞ⇒ https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/

#サルヴァトーレクオモ さん
#ご来店

Instagramより
posted by プチット リュ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2023年04月18日

マスタード

06E97734-4546-4C43-A2F8-E51BF5E1B100.jpeg

去年からマスタードの種不足で日本でもスーパーの陳列棚から姿を消していたディジョンのマスタードdeco49f2942480797[1].gif
久しぶりに復活していましたぴかぴか(新しい)
あって当たり前の食材に感謝ですわーい(嬉しい顔)

Instagramより
posted by プチット リュ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年04月12日

今日の夕方再放送です!!

おはようございます時計

昨日は新年度初めての出演で、”ちゅらTV”に新しく加わった大野さんとの生放送も無事終了しましたTV

今年度からは当日の夕方に再放送されていたものが、翌日の水曜日に再放送されることになりましたので見逃された方、本日再放送ですexclamation×2

今回、注目した食材は春ならではの海藻”アーサ”を使ってリゾットに仕上げました手(チョキ)

お米料理はフランス料理でも使われ、リゾットにして前菜やお魚、お肉料理の付け合わせとして登場します。(さらにお米はフランスではトマトに詰めてファルシ・詰め物料理にしたり冷製にしてお米のサラダなど用途は様々です)
イタリアのリゾットとフランスのリゾットの違いは、イタリアはトマトやオリーブオイルベースのものが多く、片やフランス料理では乳製品、バター、生クリーム、チーズを入れたものが多いですdeco49f2942480797[1].gif

では材料と作り方です左斜め下

Vol.79 ”アーサのリゾット”

(材料) 2名分
米 1合 (今回は石垣島産のひとめぼれを使用しました)
アーサー 20g
玉ねぎ 50g
しめじ 50g
粉チーズ 10gとトッピング用少々
スプラウト 適量

水 200ml
牛乳 300ml
サラダ油 少々
塩、こしょう 適量

(作り方)
玉ねぎとしめじはみじん切りにしておく。アーサーを水洗いし水気を絞っておいておく。(3回ほどざるを使って洗い、砂やサンゴを落としておく。)
小鍋を用意して水と牛乳を一緒にして温めておく。
小さなフライパンを用意して、サラダ油を入れ熱し、玉ねぎとしめじを入れて炒める(1分半ほど)。
続けてお米を入れる。お米は洗わないところがポイントです。リゾット特有の滑らかな成分のでんぷん質が過度に流れ出てしまうため。
お米を入れて数十秒の間サラダ油を少し足して再び炒めます。お米を油でコーティングすることによって煮込んでも粒が壊れにくくなります。
その後、温めておいた小鍋の水と牛乳の液体を一気にフライパンに流し入れます。(温めておくことによってお米の加熱時間にムラがなくなり過度にお米の表面が加熱されることなく、中心が程よいアルデンテとなります。)表面がグツグツとするくらいの火加減、中火と弱火の間くらいの火加減で蓋をせず、15分加熱します。
最初の10分かは全く触らず、残り5分の間に2、3回フライパンの底から混ぜる。
牛乳を煮詰めるような感じで凝縮感を出し、生クリームを使わずにご家庭でも作りやすいレシピにアレンジしました。
煮終わったら、アーサー、粉チーズ10gを入れ混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を整える。器にリゾットを盛り付けて、スプラウトを飾り、トッピング用の粉チーズをふりかけて完成です。

20230411_042655670_iOS.jpg

リゾット作りでなめあらかなアルデンテに仕上げるポイントは3つで作り方でも説明しましたが、
1 お米を洗わない
2 お米を炒める時にサラダ油でお米をコーティングする(水分の浸透を抑えて良い感じのアルデンテにする為)
3 水と牛乳の液体を加える時はしっかりと加熱しておく(出来上がり時間のムラをなくします)

固形ブイヨンを使っても便利ですが、いかんせん生のアーサは繊細な味なので今回はキノコと玉ねぎで即席ブイヨンとしました。
乾燥のアーサで作る場合は、乾燥アーサを3gを水に戻して作ってみて下さいぴかぴか(新しい)

フランスではボイルしたアスパラガスをトッピングするのが定番ですが、アーサが入っていますので、ソテーしたホタテやイカ、サーモンなどを加えてもおいしいかと思いますdeco49f2942480797[1].gif

今日の再放送をご覧になってぜひ作ってみて下さい⇒https://www.nhk.jp/p/ts/GQG566LYNJ/episode/te/1M854Y3211/
そう、今年度から”おきなわHOTeye”のメインMCに”きょうの料理”で司会をされていた原さんが加わっていますぴかぴか(新しい)

さて個人的なフランスのお米事情、フランスでの修業時代、お米好きな私はどうしても炊いたご飯が食べたかったので、

20230405_030850408_iOS.jpg

フランスの電圧でも炊ける炊飯ジャーを日本から持参しましたわーい(嬉しい顔)

休みの日にせっせと炊いて食べていたのが、

DSCN1875s5B15D.jpg

イタリア産のジャポニカ米を使って、

dc011802.JPG

マルシェで魚を買ってきては、いわしの蒲焼や、

dc011801.JPG

鯵のフライ、

dc011168.JPG

オレンジ色した瑞々しい味のカボチャも入った天丼に、

dc022775.JPG

ブルターニュの殻付きホタテから身を取り出しで作ったカレーなどを楽しんでいましたわーい(嬉しい顔)

番外編で写真が一緒に出てきましたので、以前ドーブ風で紹介した薄切り肉が無いのでアントルコートを包丁で薄切りにして作ったしゃぶしゃぶ鍋の写真はこちら左斜め下

dc122210.JPG

日本食料品店に行っては食材を集めて日本の味を楽しんでいたのが思い出されますdeco49f2942480797[1].gif

随分と話がそれましたが、リゾットの作り方は今日の夕方18時10分からの”おきなわHOTeye”で再放送されますので是非ご覧下さい目

posted by プチット リュ at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK沖縄に出演(2010年〜)